ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

杉浦博英・高橋哲哉・本根康之など、「スクウェア」に所属していたゲームクリエイター
ゼノギアス』の続編制作の有無などの経営方針の違いから退社し、1999年10月1日にナムコからの出資を受けて設立したゲーム会社である。
デベロッパーとして外部からの仕事を請け負う場合もある。

その後、2007年にバンダイナムコが持ち株の80%を約三億円で任天堂に売却。
ブラウニーブラウンレトロスタジオ等と同じく任天堂の子会社の一つとなった。
2011年には残りの株も任天堂に売却されている。これで完全子会社となったと思われがちだが、設立時に杉浦・高橋・本根が合計3%強と僅かながら出資していてこれが維持されているので、実は完全子会社とはなっていないことに注意。
任天堂傘下となったあともバンナムの「プロジェクトクロスゾーン」「プロジェクトクロスゾーン2」の開発を手掛けているが、これらを最後にサードパーティーのタイトル作品の開発は行っていない模様。

主な作品

ゼノサーガ』シリーズ(ナムコ
バテン・カイトス』シリーズ(ナムコ・任天堂
namco×CAPCOM』(ナムコ)
無限のフロンティア』シリーズ(バンダイナムコゲームス バンプレストレーベル)
ソーマブリンガー』(任天堂)
DISASTER DAY OF CRISIS』(任天堂)
ゼノブレイドシリーズ』とゼノブレイドクロス(任天堂)
プロジェクトクロスゾーンシリーズ(バンダイナムコゲームス バンプレストレーベル)

外部受注

ダージュ オブ ケルベロス ファイナルファンタジーVII』(スクウェア・エニックス):背景グラフィック
大乱闘スマッシュブラザーズX』(任天堂):開発協力
とびだせどうぶつの森』『あつまれどうぶつの森』(任天堂) :開発協力
スマブラ3DS/WiiU』『スマブラSP』(任天堂):モノリスソフト代表としてゼノブレイドのシュルクが参戦している。『SP』ではゼノブレイド2からホムラ/ヒカリが参戦し、その参戦ムービー製作に全面協力している。

余談

  • 元々サードパーティ側にあった故か、スタッフ求人の注意書きに「モノリスソフトは任天堂の子会社です」と、わざわざ強調した事があった。普通に考えても求人で強調する意味はあまりないはずだが、これに関しては様々な憶測が流れたが真相は不明。
  • 2017年2月にモノリスソフトの社名を騙り、宝くじが当たったといった事で個人情報を聞き出そうとする不審電話が掛かってくるという事例があり、モノリスソフトでは重要なお知らせとして注意喚起している。無論、モノリスソフトは宝くじ関連の事業は一切行っていない。
  • 社名の由来とコーポレートロゴのモデルは2001年宇宙の旅に登場するモノリスと呼ばれる謎のモニュメント

関連タグ

森住惣一郎:元所属者。2017年3月31日に退社。4月11日に社名は明らかになっていない※が他社に移籍している

※ のちにスーパーロボット大戦X-Ωでの無限のフロンティアスーパーロボット大戦OGのコラボイベント『ここが無限の開拓地』(森住氏がシナリオを担当)に関してスパロボ公式ブログにて書かれた記事内に所属会社がトライクレッシェンドであることが表記された。⇒そのブログ記事

外部リンク

公式サイト
Wikipedia

関連記事

親記事

ゲームメーカー げーむめーかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「モノリスソフト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「モノリスソフト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 276899

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました