ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2019年からYouTube originalsとして無料ネット配信されているwebアニメ。
原作は『魔法少女まどか☆マギカ』『仮面ライダー鎧武』等で知られる虚淵玄。アニメーション制作は武右ェ門が担当する。

昨今のロボットのガンプラなどに代表されるプラモデルなどは膝を曲げたりなどするとその造形美が失われてしまうことから、膝を曲げない体勢でもその良さが保てるようなプラモデルを作りたいという企画から始められ、虚淵氏が少年時代に観た『太陽の牙ダグラム』や『装甲騎兵ボトムズ』における壊れたロボットに強い衝撃を受けたとしつつ、近年のロボットアニメは「壊れる」ことが少ないため、『ダグラム』や『ボトムズ』のような「道具としての魅力」が失われたことを指摘し、従来のようなロボットに美学を見出だしつつも「壊れて、使い捨てられていくロボット」を描きたかったと述べている。タイトルにとって代わられるを意味する「オブソリート」を擁するのもその理由からきている。

1話あたり12分程度の短編で、オムニバス形式で配信される。

エグゾフレーム

 本作に出てくるメカ。
 突如として現れた異星人が石灰岩約一トンを所定の方法で置いた箇所に、石灰岩と交換でい一台置いていく異星人のテクノロジー。エリア51などの研究機関でも全く構造などが理解できず、ナノレベルをはるかに超えるごく小規模の技術が使われていると推測されている。
 一体一体の基本性能はさほど高くなく、単純に破壊するだけなら7,62mm弾でも破壊することが可能。最高自走速度や馬力も決して大概のロボットアニメのようなハイスペックではなく、一機当たりの戦闘能力はインタビューによると「戦い方次第でM1エイブラムスに勝つことも可能」止まり。
 ただし思考で操作し人型であることから、スキーやパルクールなどといった人間ができるあまねく技術を再現することが可能。くわえて搭乗者が活動可能な装備さえしていれば素体のままエベレストや海底でも問題なく動作する。とどめに間接の箇所が若干違うことになれる程度で十全な動作を行うことができる操作性の高さもあり、既存科学とは全く異なる点にアドバンテージが存在。これにより川底からの奇襲で米軍に大敗を味合わせ、また公式の正規軍採用はインドの山岳部隊などで行われている。
 そして最大のアドバンテージは安さ。本編において「100ドルちょっと」程度の価値の石灰岩1トンを調達さえできれば入手できるその調達コストは、自動小銃一丁すら下回る。そこに上述の操縦性の高さも相まって、圧倒的な数の暴力と、現行技術での打倒では費用対効果が見合わないという点こそが最大の脅威となる。

登場人物

ボウマン(CV:田中正彦)
ミヤジマ(CV:森川智之)
レブナー(CV:山野井仁)
フェルナンド(CV:高木渉)
ザーヒル(CV:大友龍三郎)
ジャマル(CV:本城雄太郎)
カイラ(CV:杉本ゆう)
レシャップ(CV:手塚秀彰)

関連タグ

高橋良輔 - 企画プロデュースを担当。上述の通り、高橋作品のオマージュ要素が多い。
装甲騎兵ボトムズ - 公式コラボをしており、OPパロディ映像を制作・公開した。

ガンダム・フレーム―現行技術では開発不可能かつ、様々な機種はあるがフレームは共通という点が似通っている。ただし、エグゾフレームは異星人由来かつ性能はさほど高くなく大量に入手できるオーバーテクノロジーで、こちらは純地球産で性能は非常に高いが数はごくわずかなロストテクノロジー。
メダロット―多種多様な種類はあるが基本フレームはほぼ共通(厳密には二種類)で、異星技術が深くかかわっていることが似通っている。ただしこちらは中枢となるメダルのみが宇宙からの物で、フレームそのものは人類が生産している。

関連記事

親記事

虚淵玄 うろぶちげん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「OBSOLETE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3163

コメント