ピクシブ百科事典

高橋良輔

たかはしりょうすけ

日本のアニメ監督・脚本家・演出家・作家・プロデューサー。
目次[非表示]

人物

富野由悠季監督とともにサンライズのリアルロボットアニメを代表するアニメーション監督。

自動車販売会社勤務を経て1964年に虫プロへ入社。虫プロ時代は手塚治虫原作のアニメ作品の脚本、演出を担当した。1969年の『どろろ』を担当した後に虫プロを退社して、CM制作会社グループダートへ移籍。その後、虫プロ出身者がアニメ制作会社サンライズを立ち上げると、『ゼロテスター』以後は同社作品を中心に携わっている。

代表作はリアルロボットアニメの金字塔『装甲騎兵ボトムズ』。
主役メカである『ロボット』をあくまで大量生産の兵器・物語の小道具の一つとして捉えた演出や硬派な作劇を特徴としている。
またローラーダッシュ、土木工事の杭打ち機をモチーフにしたパイルバンカー、片眼鏡(モノクル)・ヘッドマウント式の照準スコープ、蛇腹状に変形する剣、ロボットに搭載される音声ナビゲート式のコンピューターとそれとの対話による戦闘演出など、現在でも用いられている革新的なギミックをロボットアニメに持ち込んだ。

勇者王ガオガイガー』では、紆余曲折の末に初のプロデューサー職を担当。「ロボットアニメ冬の時代」と言われていた当時の時勢に危機感を覚え、勇者のメインターゲットである子供世代・ロボットアニメを愛してきた大人世代双方に訴える作品作りに奔走した。
特に彼が集めたスタッフは、マニアックな方向への暴走傾向が強かったため、子供向けになるよう軌道修正するのが主な仕事であったと発言している(子供向けという制約がなくなった『FINAL』では、口出しをやめ現場スタッフにお任せしたとのこと)。

業界屈指の時代劇マニアであり監督作の『幕末機関説いろはにほへと』の他、『るろうに剣心』や『SAMURAI7』等の時代劇アニメの演出協力も行なっている。
またリアルロボットアニメの他にもギャグ系・ほのぼの系のアニメも手がけており、『ママは小学四年生』『赤ずきんチャチャ』『アニマル横町』といった女児向けアニメにも関わっている。

手がけた作品(リアルロボット作品)


関連タグ

塩山紀生

pixivに投稿された作品 pixivで「高橋良輔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50901

コメント