ピクシブ百科事典

機動戦艦ナデシコ

きどうせんかんなでしこ

『機動戦艦ナデシコ』とは、XEBEC制作のSF・ラブコメアニメ作品。
目次[非表示]

概要

1996年10月1日から1997年3月25日まで全26話された。
本作は宇宙及び宇宙戦艦を主要な舞台としてリアルロボットが活躍するSFアニメでありながら、ラブコメディー要素も取り入れた作品である。
また、この作品は細部への偏執的とも言える拘りが特徴で、その最たるものは、劇中劇として度々登場する熱血巨大ロボットアニメ『ゲキ・ガンガー3』である。
専門のチームまで編成され、1970年代のロボットアニメの味を忠実に再現し、本作のテーマ性を横から強く支えるものとなっている。

1998年8月1日に、続編に当たる劇場用アニメ『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』 が公開。
他、ゲームとして『機動戦艦ナデシコ The blank of 3years』 『機動戦艦ナデシコ NADESICO THE MISSION』 が発売されている。

登場キャラクター

主人公


ナデシコ搭乗員
エステバリス隊

ナデシコクルー

連合宇宙軍

木星連合

その他

劇場版

ゲーム版

登場兵器


劇場版


主題歌

オープニングテーマ
「YOU GET TO BURNING」
作詞:有森聡美/作曲・編曲:大森俊之/歌:松澤由実

エンディングテーマ
「私らしく」
作詞:松浦有希/作曲・編曲:松浦有希、吉田 潔/歌:桑島法子

最終回エンディングテーマ
「いつか…信じて」
作詞:SHO AIKAWA/作曲・編曲:中田雅敏/歌:松村香澄

各話リスト

話数サブタイトル
第1話『男らしく』でいこう!
第2話『緑の地球』は任せとけ
第3話早すぎる『さよなら』!
第4話水色宇宙に『ときめき』
第5話ルリちゃん『航海日誌』
第6話『運命の選択』みたいな
第7話いつかお前が『歌う詩』
第8話温めの『冷たい方程式』
第9話奇跡の作戦『キスか?』
第10話『女らしく』がアブナイ
第11話気がつけば『お約束』?
第12話あの『忘れえぬ日々』
第13話『真実』は一つじゃない
第14話『熱血アニメ』でいこう
第15話遠い星からきた『彼氏』
第16話『僕達の戦争』が始まる
第17話それは『遅すぎた再会』
第18話水の音は『私』の音
第19話明日の『艦長』は君だ!
第20話深く静かに『戦闘』せよ
第21話いつか走った『草原』
第22話『来訪者』を守り抜け?
第23話『故郷』と呼べる場所
第24話どこにでもある『正義』
第25話『私らしく』自分らしく
第26話『いつか逢う貴女のために』


その他

  • アニメ版第17話、担当脚本家自身が構成を手がけた他の作品機動新世紀ガンダムXにおける制作現場の混乱ぶりを、まるまる一話使ってパロディ化した。 → 楽屋ネタ
  • キャラクターデザインを行った麻宮騎亜による漫画版も存在する(「遊撃宇宙戦艦ナデシコ」、月刊少年エース連載、単行本全4巻)。もっとも、同作は本作に登場しない設定が多数登場、物語の展開や人間関係もほぼ別物と言っていいレベルで変化しており(例えば、同作では途中でナデシコの艦長がユリカからルリに切り替わる。アニメ版ではルリが艦長になるのは劇場版まで待つことになる)、最終的には機体すらエステバリスから乗り換えられるなど、同じ名前や容姿を持ったキャラクターが似たようなポジションで登場する別作品に近い。
  • 2013年、パチンコメーカーとのタイアップによりパチンコ化。

関連タグ

劇場版ナデシコ 劇ナデ なぜなにナデシコ ゲキガンガー ゲキガンガー3

pixivに投稿された作品 pixivで「機動戦艦ナデシコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5541445

コメント