ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:岡本麻弥

ナデシコクルーの一人で操舵士。ナデシコに乗る前は会社の社長秘書をしていた。
容姿も格好も雰囲気も色気があり派手な性格に見えるが、その実は何事にも真面目に考えるきちんとした女性。
でも仕事は何かと理由を付けて適度にサボっている。

一時期はゴート・ホーリーと恋人関係だったが破局。
その後はナデシコに捕虜として捕まっていた白鳥九十九に好意を持ち、お互いに惹かれあう。

彼が凶弾に倒れたあとは、最初は反目しあっていたが九十九の死の後はげましてくれた彼の妹である白鳥ユキナを引き取って一緒に暮らす道を歩いて行く。

ちなみにホシノ・ルリを最初にルリルリと呼び始めたのは、ミナトが始まり。

空白の三年間 -Blanko of 3years-


ユキナから『ミナトお姉ちゃん』と呼ばれており、親しい仲になっている。地球と木星の和平交渉の時に発生した事件を解決するために行動していくが、その最中で想い人だった男性と同じ制服を身に纏っていた誰かと出会う。


キミノオモイデニ、サヨナラ


三年後の世界を描いた劇場用作品「The prince of Darkness」では、教員免許を持っている関係でサセボにて数学教師として活躍しながら、かつての想い人、九十九の妹ユキナを引き取り、共同生活を送っていた。
プロスペクターの招聘を受けてルリ達に会いに行こうとしていたが、その道すがら飛び出したハーリーとたまたま対面、成熟した女性らしいアドバイスを送る。
終盤ではシャトルをアクロバティックに操縦して見せ、初代ナデシコの操舵士としての技術力を遺憾なく発揮していた。

コミック版では


名前-苗字の順で表記する本作でも「ハルカ・ミナト」である(つまり苗字と名前が入れ替わっており、「ミナト」ではなく「ハルカ」が名前になっている。作中でも「ハルカさん」と呼ばれている)。
同じくナデシコの操舵士としてヘッドハントを受けたが、その後ナデシコ(ヤマト・ナデシコ)が軍に編入される際に解雇されている。
その後成り行きにて、木星へ飛び立ったナデシコに再度搭乗、臨時クルーとして活動することになった。

物語中盤から後半に至り、一緒に解雇されたアキトと肉体関係を持つに至っている。
テレビアニメ版と違いナデシコクルーとのつながりがきわめて薄いアキトにとっては貴重な"味方"であるが、それ故最後には袂を分かち、彼をユリカの元へ送り返す重要な役割を果たす。
一方でゴートや白鳥との恋愛関係については描写がない(そもそも白鳥は登場自体しないのだが)。
経緯は描写されていないが、最終決戦終了後、再度スポンサーが変わったナデシコのクルーとして復権した模様。

関連タグ

ナデシコクルー ナデシコ 白鳥九十九 白鳥ユキナ ゴート・ホーリー ルリルリ

関連記事

親記事

機動戦艦ナデシコ きどうせんかんなでしこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハルカ・ミナト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5886

コメント