ピクシブ百科事典

テンカワ・アキト

てんかわあきと

『機動戦艦ナデシコ』のTVシリーズ主人公。
目次[非表示]

概要

天河 明人(てんかわ あきと)
声:上田祐司(現:うえだゆうじ
身長175cm、体重62kg。年齢18歳。

コックエステバリス(ショッキングピンク)のパイロット
火星生まれの火星育ちで、ミスマル・ユリカとは幼馴染。
幼い頃にテロで両親を失ってしまって貧しい生活を強いられてきた(両親はネルガルでボソンジャンプの研究の権威であったが、ボソンジャンプを一般公開しようとした為に、当時のネルガル会長の命令でテロに見せ掛けて暗殺されている。両親の遺産等も多額あったはずだが、劇中語られていない)。

蜥蜴戦争冒頭のユートピアコロニーの惨劇でPTSDを患っており、ナデシコ搭乗当初はコックである事にこだわり、パイロットとして戦うことにあまり積極的ではなかったが、次第に自分が戦う意味を見い出していく。

戦後は紆余曲折を経てユリカと結婚するが、新婚旅行の際に火星の後継者に誘拐され、数々の人体実験を受けて重度の障害(五感の殆どが利かない上、感情が高ぶると顔表面にナノマシンのラインが発光する)を負うが、ネルガルに救助されてラピス・ラズリとの生体リンクで命をつなぐ。火星の後継者への復讐とユリカの救出の為、ブラックサレナを駆り再び戦いに挑んでいく。

原作(コミック版)では

ナデシコに搭乗する経緯が異なり、たまたま出会ったユリカに間違って両親の形見を持っていかれてしまったため追跡したことが鍵となっている。 中盤でエグザバイトに搭乗して活躍するが、採用されていた【リアクト・システム】のリンク障害により一時的に視力を失ってしまい視力補強器を付けて生活をしていた。 アニメ版のように段々と強くなっていくタイプではなく、未熟な部分が多く見られたが 自身の生き方について見つめなおす場面や生存していた母と通信越しであったものの再会・死別をしてしまうが これが鍵となり主人公として大きく進化していく展開が多く用意されている。


関連イラスト

アキトと黒百合
黒百合


ユリカとアキト
【機動戦艦ナデシコ】黒百合の花言葉を


関連タグ

機動戦艦ナデシコ 劇場版ナデシコ 劇ナデ 
テンカワアキト 天河アキト アキト ブラックサレナ

pixivに投稿された作品 pixivで「テンカワ・アキト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99606

コメント