ピクシブ百科事典

オモイカネ

おもいかね

日本神話に登場する知恵の神。ヤゴコロオモイカネノカミ(八意思兼神)、オモイカネノカミ(思兼神 ・思金神)、常世の神ともいう。
目次[非表示]

概要

思金神、常世思金神(とこよのおもいかね)、思兼神、八意思金神(やごころおもいかね)、八意思兼神などとも表記される。
別天津神の一柱タカミムスビ(高御産巣日神、高皇産霊)の息子で、妹の万幡豊秋津師比売命は天照大御神の息子である天之忍穂耳命に嫁ぎ天孫邇邇芸命を生んでいる。


神話では岩戸隠れした天照大御神を外に引っ張り出すアイデアを出し、これを見事に成功させて天の賢者としての性格を発揮する。
国譲りに際しては天照大御神から使者役の選定を任されたが、天菩卑能命、天若日子、雉鳴女を派遣するものの人選ミスでいずれも失敗する。最後には伊都之尾羽張神を選定し、最終的にはその息子の建御雷神になったものの、この神は今までにない強硬的な姿勢を見せ、大国主神や抵抗した建御名方神を退けて見事に国譲りを成功させる。
その後に天孫降臨する邇邇芸命に補佐役としてつけられ、思金神は邇邇芸命のもとでは天照大御神の言いつけに従い、八咫鏡を彼女に見立てる祭事も担当した。

息子の天表春命、天下春命は中臣氏の祖神である天児屋命の息子ともされ、世代関係や子孫の系譜などからこの両神を同神とする説がある。

常世から訪れて長寿幸福をもたらす「常世の神」とも記されている。常世とは、死者が行く永遠世界不老不死仙境を指す。

関連タグ

日本神話 常世の神

創作

ホシノ・ルリ
八意永琳 オモイカネがモデルとされる。
鳴女(タカマガハラ)
女神転生
μ-12
ペルソナ

関連外部リンク

関連記事

親記事

天津神 あまつかみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オモイカネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85057

コメント