ピクシブ百科事典

常世の神

とこよのかみ

1.日本において常世から来たと考えられた神。芋虫 
目次[非表示]

神魔精妖名辞典より


常世神
とこよのかみ
 日本において常世(不老不死の理想郷、あるいは死後の魂が向かう国)から来たと考えられた神。

(芋虫の姿をした神などではなく)芋虫である。

皇極天皇の時代(642~645)に富士川の周辺で採取できる特定の芋虫を祀れば、

貧しいものは金持ちとなり、病は快癒し、老人は若返り、不老不死になれるという現世利益を目的とした民間宗教の神。

中国神仙道のいわゆる「蠱術」や陰陽道、呪禁道などの影響から発生した信仰だと思われる。
結局は邪教として滅ぼされた。

常世の神A CULT]より


・・・さて、その反乱のなかに、ずいぶんとエキセントリックなものがあったので紹介する。
日本書紀にも記述のある「常世の神(とこよのかみ)」という宗教的集団である。

この宗教が祀ったのは、
長さ4寸余りの蚕に似た親指大の芋虫に緑の斑(まだら)がある虫である。

東国は駿河の国、富士川のあたりで
大生部多(おおふべのおほ)という男が扇動者=教祖であった。

常世の神は絹織物(富)をもたらすとはいえ、
芋虫的なものが信仰対象になるのがいかにもカルト的エキセントリックさを感じさせる。

これを討伐したのは聖徳太子のブレーンとも言われる、
渡来人秦造河勝(はだのみやつこかわかつ)であった。

その報告書によると大生部多らの信仰は虫を戴いた祭壇を囲んで男女が宴をし、

富を得るために自らの富や家を寄進、廃棄するという過激なポトラッチ行為に走るものもあったという。

これは1400年余り前の事例であるが、現在カルトと呼ばれる宗教が多くあるなか
例えばスキャンダラスに語られたオウム真理教の内部状況と実に共通点も多い。

歴史という物語人類の経験から学びつつ、現在にむけて歴史を読み進めている。

常世の神関連

オモイカネ 日本神話に登場する神。知恵を司る神 異名に『常世の神

pixivに投稿された作品 pixivで「常世の神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 849

コメント