ピクシブ百科事典

別天津神

ことあまつかみ

別天津神(ことあまつかみ)とは天地開闢においてはじめに出現した神々である。

別天津神を構成するのは
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神(たかみむすひのかみ)
神産巣日神(かみむすひのかみ)
宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)
天之常立神(あめのとこたちのかみ)
の五柱である。このうち天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神は造化の三神と呼ばれる。
性別もしくは配偶神や神系譜を持たない独神(ひとりがみ)で身を隠した、とあるが、カミムスビとタカミムスビには子供がおり、天地創造の場面以降でも少しだけ顔を出している。
あとの三柱は天地開闢以外の場面にはまったく登場しない。
神話では彼らに続き神世七代の神々が登場する。

pixivに投稿された作品 pixivで「別天津神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2032

コメント