ピクシブ百科事典

天之御中主神

あめのみなかぬしのかみ

日本神話の始源神。

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)は、天地創造に関わった五柱の別天津神(ことあまつかみ)の一柱。性別のない独り神である。古事記によると、天地創造の際に高天原に最初に出現した神で、続いて高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、神産巣日神(かみむすびのかみ)が現れ、すぐに姿を隠した。この三柱は「造化三神」といわれ、日本の国土が形成される前に現れた宇宙の始源神である。

のちに妙見菩薩と習合し、妙見神として信仰を集めるようになった。宇宙そのものの根源神として中世の神道教学や近世の復古神道において重要視され、北極星北斗七星によって象徴される存在である。

表記ゆれ・関連タグ

アメノミナカヌシ 天之御中主

カオスギリシャ神話の根源神)

pixivに投稿された作品 pixivで「天之御中主神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7862

コメント