ピクシブ百科事典

アマノ・ヒカル

あまのひかる

「アマノ・ヒカル」とは、『機動戦艦ナシデコ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:菊池志穂

エステバリス隊の一人で、山吹色エステバリスを駆る。
エステバリス三人娘の中では最初に登場している眼鏡っ子。18歳。身長152㎝と小柄だが本作女性キャラの例に漏れず非常にスタイルが良い(B82・W56・H84)。
一人っ子で、子供の頃に両親を亡くし叔父に育てられていた。
おたくのアニメファンであり、漫画家志望で、BL好きの腐女子。常にハイテンションなしゃべり方をしている。ヒマを見つけては同人誌向けの漫画製作をしている。パイロットをしているのも、熱血漫画のネタ探しの為である。またコスプレイヤーとしても活躍しており、艦長選挙の際には海燕ジョーの衣装を自作し着用して『勝利のVだ! ゲキ・ガンガーV』を熱唱した。

思わせぶりな態度で誤解を受けやすい質だが、恋愛と趣味とは切り離して考えており、過去には同棲していたことがありあまり思い出したくないようである。実は、両親が幼少期に死亡していて苦労人でもある。
ウリバタケ・セイヤとはオタク友達だったが、異性として見られるのを実は嫌がっていた。

空白の三年間 -The blank of 3 years-

ナデシコから降りた後、小さなアパートで漫画家として原稿に打ち込む日々を送っている。(新人賞に向けて作品を製作していて、締め切りまでスパートをかけているらしい)
そのためか不規則な生活になりがちで、身形などあまり手を入れることができず目の下に隈が出来てしまうことがあるらしい。


キミノオモイデニ、サヨナラ

5年後の世界を描いた劇場用作品「The prince of Darkness」では、待望であったプロの漫画家となり活躍中。23世紀にもなって紙と万年筆で漫画を描いて洗濯ばさみで乾かしている(映画封切り当時、デジタル画材なんてのは超大手アニメ会社くらいしか使えなかった)。
アシスタントを何人か雇っているらしいが、急用などで来られなくなってしまって締切間近に迫っていたりと修羅場モード全開だった。
ルリの頼みに『うん! いいよ!』とあっさりとOKサインを出し再びエステバリスのパイロットとして活動していくのだが、ブランクが長かったため対戦ゲームで訓練していってからの参戦となった。

スパロボでは

基本的にエステバリスメンバーとして登場するが、作画コストの影響もあり近年の作品ではイズミ共々リョーコの演出要因NPCになることが多い。
コン・バトラーV西川大作とは漫画家志望繋がりで大の仲良しとなる。
また近年の作品ではナデシコ放送当時はそれほどメジャーではなかった分野に関して理解が深い(本人は普通に異性愛者であるが)。

関連タグ

機動戦艦ナデシコ 腐女子 メガネ 同人誌 エステバリス
マキ・イズミ スバル・リョーコ

関連記事

親記事

エステバリス隊 えすてばりすたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アマノ・ヒカル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アマノ・ヒカル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23488

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました