ピクシブ百科事典

ポケモンショック

ぽけもんしょっく

「ポケモンショック」とは、1997年12月16日に、アニメ「ポケットモンスター」放送中に発生した事件の俗名である。「ポリゴンショック」「ポケモン(ポリゴン)パニック」「ポケモン(ポリゴン)事件」などとも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

1997年12月16日テレビ東京系アニメ『ポケットモンスター』第38話「でんのうせんしポリゴン」の放送によって起こった事件(放送事故)。
ビデオリサーチの調べによると、この回の視聴率は関東地区で16.5%、関西地区で10.4%であった。テレビ東京が配布した「アニメ『ポケットモンスター』問題における記録」では、TXN6局の同時ネットで、4歳から12歳までの児童345万人が視聴していたと推定している。

この回はサトシたちがコンピューターで起きている事件を解決するために電脳世界に入り込むという内容だった。
作中、「パカパカ」と呼ばれる赤と青の点滅の演出が多用されたため、放送後、一部の視聴者が頭痛や吐き気などの症状を起こし、病院に搬送された。負傷者は750人にのぼり、うち135人が入院した。原因は上記の光の点滅を見たことにより、光過敏性発作が引き起こされたためとされる。
この事件により、アニメ『ポケットモンスター』の放送は4ヶ月休止し、同枠は『学級王ヤマザキ』に差し替えられた。

再開後はオープニングの一部やピカチュウの電気技など、光の強いシーンは光量を抑えるなどの修正がなされ、過去回もビデオ・DVD版販売の際に点滅箇所の修正がなされている。
しかし「でんのうせんしポリゴン」は修正不可能と判断され、公式サイトの放送リストから削除された上、ビデオ・DVDにも収録されなくなり、欠番扱いとなっている。
欠番の埋め合わせとして、代わりに「ピカチュウのもり」が制作された。

影響

事件後はマスコミにおいても大きく報じられ、その後のアニメ業界に大きな影響を与えた。
当時はマスコミによって「ポケモンが子供を襲う」「ピカチュウの目を見たら気分が悪くなった」などと報道され、ポケモンそのものに対してのバッシングが頻繁に行われた。ゲームボーイライトゲームボーイカラーの発売延期もされるなどゲーム業界にも大きな影響を与えた。
しかし各放送局の調査により、以前からも他アニメや実写映像などで同様の事件が小規模で発生していた事や、記者会見などのフラッシュの映像でも同じ症状が起こることが判明したため、ポケモンへのバッシングは次第に終息していった。

事件翌日の『少女革命ウテナ』では、前日のポケモンの録画視聴を控えるよう呼びかけるテロップが流れた。
テレビ東京は原因が判明し再発防止策をとるまで、特番を含むポケモンの放送自粛、調査結果がわかるまで『おはスタ』でポケモン関連情報を扱わないことを発表し、ポケモン関連の番組やコーナーの放送自粛、レンタルビデオ店へのアニメの撤去の要請を行ったほか、系列外遅れネットのテレビ局にポケモンのすべての回の放送を自粛するよう求めた。

1998年4月8日、NHKと日本民間放送連盟が共同で「アニメーション等の映像手法に関するガイドライン」を作成し、アニメの演出方法では光の点滅、コントラストの強い画面の反転や急激な場面転換、規則的なパターン模様(縞模様、渦巻き、同心円模様)の使用の3つに細心の注意を払うよう定めた(2006年4月1日一部改訂)。例えば当時の『ポケモン』のOP「めざせポケモンマスター」なら様々なポケモンの立ち絵が目まぐるしく変化するシーンが画面四分割で表示されるようになり変化頻度を1/4に抑えていた。さらにテレビ東京は調査団派遣先の1つであるイギリスの独立テレビジョン協会のガイドラインをもとに、他局よりさらに厳しいガイドラインを定めた(テレビ東京公式サイト内「アニメ番組等の映像効果に関する製作ガイドライン」)。

4月11日、この事件を検証する番組『アニメ ポケットモンスター問題検証報告』がテレビ東京系列6局で13:00-13:55に放送され、16日にも再放送された。そして4月16日、『ポケモン』の放送を木曜19:00-19:30に移動した上で再開した。TXN系列外で放送していた局でも再開時の本編である「ピカチュウのもり」放送前に流れた「主な視聴者である子供達への事の経緯の説明」が放送されている。

この事件を機に、テレビ東京、フジテレビテレビ朝日朝日放送読売テレビ毎日放送CBCを中心に、子供向け番組(特にアニメ)では最初に「テレビを見るときは部屋を明るくしてテレビから離れて見てくださいね」と注意を促すテロップを表示するかキャラクターによる注意喚起を行うようになった。
ただし、放送局によって、深夜アニメにも表示したり(なお、例えば頭文字Dドリフト族を題材としたアニメで、インベタのさらにイン(いろは坂でのジャンプ)を真似ようとした読者もいたことから「交通ルールを守るように」というテロップが表示される等、自転車やバイクなど交通を題材にしたアニメなどでルールを守る旨が表示されることが多い)、どの時間帯でも一切表示しなかったりと、それぞれ対応が異なっている。
1990年代末から2000年代中頃までは、例えば『こちら葛飾区亀有公園前派出所』でレギュラーキャラ一同の合唱による「テ、テ、テレビを見るときは~、部屋を明るくして離れて見てね♪」に代表されるように、冒頭でキャラクターを使用した短いアニメーションで、より視聴者が注意喚起に注目するようにしていた番組も多い。
また、ニュース番組でも記者会見の映像でカメラのフラッシュが激しい場合、注意を呼び掛けるテロップが表示されるようになった。

また、この事件により、劇場版『ミュウツーの逆襲』公開に先立って行われる予定だった、TV版と映画本編のリンク演出(映画公開に先だってミュウツーがTVに登場し、映画本編の予告的なストーリーが展開される予定だった)が実現できなくなるという影響が及んでいる。
なお、劇場版ポケモンについてはテレビとは違う制作方法で制作されたためこの注意書きがピカチュウプロジェクト名義で行われた。

その後は同様の事件が発生する事はほぼ無くなったが、2007年には実写のアメリカ映画『バベル』を映画館で鑑賞していた観客15名ほどが体調不良を訴え病院に搬送されている。この映画にも1分ほど照明が早い点滅をするシーンがあった。

備考

その能力によってサトシたちを電脳世界に導いたポリゴンだが、点滅の原因となる行動を直接行ったわけではない。
ポケモン転送システムが異常を起こしていたので、それを解決するために電脳世界に突入する。
中でロケット団を見つけ、原因となっているバリケードを取り除くことで解決するはずだったが、そこに、事情を知らないポケモンセンター側の技術者が電脳世界にワクチンソフトを送り込む。
テレビ東京が配布した「アニメ『ポケットモンスター』問題における記録」によると、問題のパカパカをはじめとするストロボやフラッシングなどの激しい点滅は、ワクチンソフトによるミサイルやビーム砲撃、バグの穴を修復する場面、迫りくるミサイルをピカチュウが10まんボルトで迎撃した場面など、ワクチンソフトの行動にかかわる場面において、25か所にわたり1秒間以上連続で使用され、特に後半で多く使用された(顕著なのはピカチュウの10まんボルト)。

結局のところ、本質的な問題は「制作側の過剰演出」その一点であり、キャラクターそのものに何の罪も落ち度もない。
にも拘らずポリゴンとその進化系に本事件の全ての責任が覆いかぶさる形になってしまったことはあまりにも不本意であるといわざるを得ないだろう。

また、1997年3月29日にNHKで放送されたアニメ『YAT安心!宇宙旅行』第1期の第25話「まぼろしのオヤジ!」でも同様の事件が起こっている。この時はNHK側も原因がわからず、負傷者が25人と少なかったため、あまり騒ぎにならなかった。
ポケモンショック後、NHKは「アニメーション問題等検討プロジェクト」立ち上げの際にこのことを明らかにし、「この時原因を突き止めていれば、ポケモンショックは防げたかもしれない」と陳謝した。

海外の反応

この事件は海外でも広く知られ、「最も多くの視聴者に発作を起こさせたテレビ番組」として、ギネス世界記録に認定された。
また、『サウスパーク』や『ザ・シンプソンズ』といった北米のアニメでは、ポケモンショックのパロディと思わしき描写が見受けられる。

関係者による言及

アニメ製作関係者がポケモンショック後に、本事件について言及することが何度かあった。

ラジオ番組「ポケモンアワー」

1998年、当時ニッポン放送で放送されていたラジオ番組、「ポケモンアワー」において、アニメ関係者が「ポリゴンの名誉回復になるような話を作りたい」とのコメントを発したことがある。
残念ながら、現在に至るまで、ポリゴン(及びその進化系)の名誉回復に繋がる話は製作されておらず、今となっては、本発言がリップサービスであった可能性も否定できないが、公式側、少なくともアニメの製作者側には、ポリゴンを救いたいという意思があったからこそ、
この発言が出たと考えられる。

…名誉回復も何も、ポリゴンというキャラクターにそもそも罪はないのだが…

首藤剛志氏のコラム

アニメ初期シリーズのシリーズ構成を担当していた故・首藤剛志氏は、Webコラム上において、本事件に関して改めて記しており、その記事中において、

「パカパカそのものはアニメ隆盛期の頃から極普通に使われてきた手法に過ぎず、作り手側もその扱い方に関して注意を払ってきていた。
刺激の強い効果であることは始めからちゃんと認識しており、長時間使いすぎないようにすることは当然だった。
より派手で刺激的な視覚効果を追い求める作り手側の安易な思考がこのような結果をもたらし、当たり前のように使われてきた伝統的な手法を途絶させる原因となってしまったのだ

・・・という趣旨の発言をしている。

また、同コラムではアニメのみならず、ゲーム版を含む『ポケットモンスター』そのものに対して相次いでバッシングが行われた事に対しては多くが騒動に便乗した、根拠の全く無い無責任なものに感じたと述べている。
ただし後にこの事件の原因が判明したことで、バッシングは次第に収まったとのこと。

ちなみに、彼がポケモンショックの発生を知る1時間前、夜10時頃に仕事場の電話が鳴って首藤氏が応対すると男の声で「ざまあみろ。あはは」っとそれだけ言って電話は切れたらしい、この一時間後首藤は妻からの電話でポケモンショック発生を知ったと言う。この怪電話の主が誰なのかは今も不明。

富野由悠季氏の批判

ガンダムシリーズの富野由悠季氏は、劇中で使われたパカパカ効果の中に「青とピンク」という補色同士の組み合わせ(補色の組み合わせは彩度・明度次第では目に非常に負担をかける)が含まれていたことが事件発生の大きな原因だと述べており、その点を触れなかったマスコミを批判している。その他、その影響で注意喚起のテロップが流されるようになったことに対しても無神経な対応だと批判している。

また、「光による演出効果はセル枚数削減が可能になるため、安易に用いられすぎている傾向がある」と述べ、首藤氏同様、制作側の姿勢に対しても苦言を呈している。

その後のポリゴンの扱い

この事件以降、ポリゴンはおろか、進化系のポリゴン2ポリゴンZもアニメ本編に登場していない。
確認できるのは劇場版の『水の都の護神』のアバンでポリゴンが1カットだけ出演している。

なお、ポケモンショックの2週間前、1997年12月1日にはポケモンえほんでポリゴンを主役とした『またあそぼうね ポリゴン』が発売されていた。
今となっては、あまりにも皮肉なそのタイトルは、多くのファンの涙を誘った。

サン&ムーン』では校長のポケモンギャグの中で超絶久々に名前が登場し、多くの大人のファンを歓喜させた。

心がけておきたいこと

自分の好きな物をけなされることは、誰であってもイヤなものだ。
トラブルを避けるためにも、ポリゴンやその進化系、あるいはピカチュウを貶すような発言は慎もう。
本質的な問題の原因はキャラクターそのものにあるわけではないので、キャラクターに対して執拗に責任を追求するような言動や糾弾行為も妥当なものではない。
純粋にキャラクターを愛する人の気持ちを、十分に汲んであげて欲しい。

また、本事件は『ポリゴンショック』と呼ばれることもあるが、ポリゴンのファンの心情をや事件発生の原因からも、あくまでキャラクターそのものが原因というを印象を与えかねないこの呼称は不適当であることを念頭に置いた方がよいだろう。

放送休止になったアニポケシリーズ

アニポケはポケモンショック以外でも何らかの理由で放送中止・延期回が発生している。

時期中止延期理由(期間)
1期無印ポケモンショックによる長期休止。(1997年12月23日放送回~1998年4月16日)
2期AG2004年10月23日に発生した新潟県中越地震により『ゆれる島の戦い!ドジョッチVSナマズン』放送中止。以降アニポケではじしん系の技使用全面禁止。
4期BW2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により『ロケット団VSプラズマ団!』放送中止および放送順序の変更。BW37話(バスラオ&釣りデント回)は当初BW26話の予定だったが一部あらすじ変更放送。この影響で22話では物語の最後にアララギ博士とサトシ達が同行する展開だったが海外版ではその下りが削除され、休止の影響でアーティとのジム戦回の翌週の回(アイリスのエモンガ初登場回)で本編冒頭、ベルがサトシ達一向にいきなり合流した形で始まった。
5期XY韓国船事故により『海底の城!クズモーとドラミドロ!!』に沈没船がでる為、TV局スポンサー韓国への配慮で放送延期。後に2014年11月20日放送。今度はあらすじが変更されず、ヒノヤコマヤヤコマである事など時系列にズレが発生した。ザクロジム戦で見せた岩石封じ封じのヒント回でもあった。劇中のカッスラー号はタイタニックのパロディ。
7期新無印新型コロナウイルスの感染拡大の影響で新作エピソードの制作を休止。第23話以降の放送が延期され、2020年4月26日放送回からは過去の話の再放送を実施した。その後6月7日より放送を再開した。

他作品に与えた影響

事件後はアニメだけでなくゲームにおいても対策がなされるようになった。
バーチャルコンソールでの配信時において、点滅のシーンがある場合は点滅を無くすほか、スピードを遅らせるなどの修正が施されている作品もある。

  • リンクの冒険 - ディスクシステム版は1ミス時に画面が激しく点滅していたが、移植版は赤一色に染まるように変更された。
  • トランスフォーマー コンボイの謎 - ファミコン版はゲーム開始時とステージクリア時に点滅するが、例によって水色、赤、白の点滅だった。バーチャルコンソールでは赤を黒に変更し、点滅のスピードを遅くした。
  • ロックマン - ファミコンでリリースされていた作品はバーチャルコンソールで配信される際、点滅表現を抑えたりスピードを遅らせるなどの修正がなされている。
  • 星のカービィ スーパーデラックス - ボス敵を倒した瞬間に激しく赤色に点滅したが、リメイク版、バーチャルコンソールでは修正された。
  • 星のカービィ3 - 点滅ではないが、ぼすぶっちにおけるゼロとの戦闘における背景が「真っ黄色の下地に赤と青の楕円状の雲が飛び交う」というもので、加えてゼロの攻撃の多くは赤色であった。こちらもVC版以降では雲が赤→オレンジ、青→黄緑に変更されている。海外版はポケモンショックが発生する前に発売されている。
  • スターフォックス64 - 防衛衛星ボルスが大爆発するシーンや、プラネットキャノン発射シーンで激しい点滅が見られるが、これらは3DS版では修正されている。
  • ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウバージョンポケットモンスター金・銀・クリスタル - 「はかいこうせん」等一部の技のエフェクトが赤・緑で点滅が激しかったが、同作のVC及びピカチュウバージョン以降は点滅が少なくなっている。ゲームボーイ(カラー)では光を発しない反射型液晶だったが、スーパーゲームボーイを使用した際の事を考慮して変更したとみられる。

また、任天堂の配信するうごくメモ帳3Dワールドギャラリーでは通報の項目に「過剰な点滅」を設けてポケモンショック作品を牽制している。

うごイラ作品にも注意!

2014年6月25日からpixivのうごイラの実装に伴い「パカパカ」のような激しい点滅を繰り返す作品が結果的に投稿されている。ポケモンショックなどのタグのついているうごイラ作品を閲覧する際は注意してほしい。
また、「パカパカ」のような色の点滅が激しい作品を見つけた際は検索避けの意味合いもこめてこのタグなどを付けて置くのも1つの手段だ。

※うごイラ作品は投稿する際にフレーム速度を変更することができるので、激しい色の点滅になってしまう作品は一括で表示速度を遅くするなどの配慮は可能。
プレビューの際に点滅が激しいと思ったら画像をすべて選択→フレーム速度の変更で200fms以上にすればある程度は緩和される。

なお、「関係者の言及」の中でも述べられているように、目に負担をかける色の組み合わせも存在するため、点滅の頻度と併せて、配色に関しても十分、留意する必要がある。

関連動画

これは放送再開の際に放送されたお詫び


関連タグ

放送事故
ポケモン アニポケ ポケットモンスター(アニポケ)
ポリゴン ナツミショック

スリル(布袋寅泰):ポケモンショック以前にPVでパカパカを使用していた楽曲。以前から指摘があったものの、つい最近になってその事が公に公表されることとなった。

終物語:第2話の後半でパカパカを使用したため、一部の放送局にて注意喚起のテロップが表示された。ポケモンショックから数十年経っており深夜アニメなので騒動にはならなかったが、BPOに「ポケモンショックのような症状を起こした」という意見を出した人がいた。

懐中電灯:1部の民生モデルでは軍用フラッシュライトに搭載されたストロボ機能を不必要なのに搭載しており、使用の際には注意が必要。

テレビパワー:テレビの映像に連動して動く玩具の総称。仮面ライダーBLACKの玩具に搭載されたものが有名で、変身や必殺技時に激しい点滅を伴っていた。後のVHS、再放送及びネット配信では修正済み。

表記ゆれ

ポケモンフラッシュ ポケモンパニック ポケモン事件

外部リンク

ポケモンショック - wikipedia
ポケモン騒動を検証する

関連記事

親記事

○○ショック まるまるしょっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ポケモンショック」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ポケモンショック」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1414618

コメント