ピクシブ百科事典

おかえりポリゴン

きみはなにもわるくない

おかえりポリゴンとは、ポケモンショックの事後処理によって名誉を不当に傷つけられ、アニメへの出演が叶わなくなったポリゴン一族に救いの手を差し伸べたい、早く帰ってきて欲しい、君は何も悪くない、などといった想いが込められた画像群に付けられたタグ、およびそれに関連した生㌔P氏を中心に製作されたVOCALOIDソングとその動画、並びにその企画の名称でもある。
目次[非表示]

事の発端

1997年12月16日に、アニメ「ポケットモンスター」放送中に発生した事件。
ポケモンショック(別名「12,16事件」)」。

これは当時は比較的ポピュラー(実は現在でもそれに準ずるエフェクトが偶然使用されることがある)二色の色の高速点滅による演出技法「パカパカ」によって運悪く多人数の「光過敏性発作」発症者を生み出してしまった事件なのだが、この時たまたまポリゴンを取り扱ったストーリーだったのだが、あろうことか「電脳ポケモン」というだけでポリゴンに実質的に全ての罪がかぶせられ、同話は欠番扱いになり公式からも半ば抹消扱いされ、後のアニメにもポリゴン一族が出演できなくなってしまったというとんでもない冤罪事件でもある。

ポケモンショックについての詳しい説明に関しては該当ページの方が詳しいのでここでは割愛するが、この「パカパカ」はアニメ内のストーリーで事件がほぼ解決した段階でポケモンセンター側が事情を知らないまま使用したワクチンソフトの動作の演出で使用されたのであり、ポリゴンはただそこにいただけなのである。

もっとつっこんで言えば、全ての責任はパカパカを過剰に使いすぎた制作側にあり、非を咎められるべきは彼らである。
機動戦士ガンダムで有名な富野監督は光を利用した効果エフェクトの使用によってセル枚数の削減が可能なために安易に使われ過ぎていると指摘し、制作側の姿勢に批判を寄せている。
また、このシーンでのパカパカに使われた色の組み合わせが、運悪く補色関係(補色同士の色の組み合わせ方次第では目に大きな負担がかかる)だったことも原因であると述べ、その点を触れなかったマスコミのことも批判している。


それから早15年以上、ポリゴン一族の名誉は回復されないまま、製作からも何一つ説明も何も無いままである。

15年



もういい加減いいんじゃないのか?

当時ポリゴンのファンだった子供達や、今ポリゴンたちのファンである様々な人たち、そして、不当に名誉を傷つけられたポリゴンたちを可哀想と思った人々は願った。
「またアニメの世界で会いたい」「早く帰ってきて」「おかえりと迎えたい」
そして、その想いをある人は絵に込めて、ある人は文字に込めて、ある人は歌に込めてそれぞれ願った。
そして、それらはやがて一つの企画となった。それが・・・

「おかえりポリゴン」

そして、ポリゴンショックの丁度15年後、2012年12月の15日と16日にある動画がアップされた。



ニコニコ動画版



それから更に2年たった現在も未だに彼らの名誉は回復されていない。
だが皆は待っている。

【企画】おかえりポリゴン



皆で「おかえりポリゴン」と迎えられる日を。

僕たちはずっと待ってるよ!

【おかえりポリゴン】やさしい電脳世界


おかえり
ポリゴンとかくれんぼ

pixivに投稿された作品 pixivで「おかえりポリゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5429

コメント