ピクシブ百科事典

ナイツ&マジック

ないつあんどまじっく

「ナイツ&マジック」とは天酒之瓢による小説作品である。
目次[非表示]

概要

天酒之瓢著のファンタジー小説。原題は「Knight’s & Magic」。
小説投稿サイト「小説家になろう」において2010年より連載され、その後大幅な加筆を行った書籍版がヒーロー文庫より2013年に刊行された。イラストは黒銀

ナイツ&マジック まとめ・1
ナイツ&マジック まとめ・2


ヒーロー文庫敢行の小説としては初のメディアミックス作品であり、2016年にはヤングガンガンコミカライズが連載。作画は加藤拓弐
コミカライズ版は、主婦の友社の運営するコミックウェブサイト「コミカワ」(後述の外部リンク参照)でも配信されている。
既刊は2017年9月下旬時点で、原作小説が8巻、コミカライズ版が4巻。

同年秋にはTVアニメ化が決定。2017年夏に放送されている(小説家になろう作品初のロボットアニメでもある)。
アニメはヒーロー文庫の出版元である主婦の友社の100周年記念作品としての側面も持つ。

現代日本で命を落とした主人公が前世の記憶と人格を持ったまま異世界転生し、第二の人生をスタートする、所謂「異世界転生」を題材とした小説だが、主人公が前世で極度のメカオタクだった事に加え、転生した先の異世界に幻晶騎士(シルエットナイト)と呼ばれるロボットがあった事から、主人公はそれに乗る事を目指し幼少から暴走を繰り返す事になる。
そんな前置きはあるものの、世界観を形作る設定(どうして魔法があるのか、どうしてロボが必要なのか、どうやってロボットが動くのか等)が十全に作りこまれており、本文中の説明も相俟って内容を理解しやすくなっている。
また、主人公の持つ知識や戦闘能力は凄まじい物があるものの、それが逆に不利に作用する場面(操縦技術が高すぎて機体が先に使い物にならなくなる、新技術を試したら予想外の事態に見舞われる等)も多く、戦闘や機体開発が完全なワンサイドゲームにならないのも特徴である。

あらすじ

とある一人の日本人が事故でこの世を去った。彼の魂は、異世界において『エルネスティ・エチェバルリア』として転生する。
しかも、前世である日本人としての記憶を受けついだまま。
エルの趣味嗜好も前世に倣ったものだった。彼は前世に続いて極度の『メカオタク』であったのだ。

そんな生まれ変わった世界で、実在する巨大人型兵器である幻晶騎士と出会ったエル。
彼は狂喜乱舞しながら、その操縦者となるべく行動を開始する。
この世界での幼なじみを巻き込みつつ、メカオタクとしての暴走は続いていく。

登場人物

フレメヴィーラ王国

エルネスティ少年


CV:高橋李依/阪口大助
本作の主人公。少女と見紛う程に小柄で容姿の整った少年にして生粋の狂人(メカオタク)。
不慮の事故で命を落とした日本のプログラマー「倉田翼」の生まれ変わりであり、彼の記憶と経験、そしてメカオタクとしての気質を持ち越したまま、幻晶騎士に乗り、そして自身の専用機を開発する為に暴走していく。

こう繋がったらいいなという思いを込めての妄想【若干ネタバレ有】


CV:菅原慎介
愛称はキッド。エルの幼なじみ。アディは双子の妹。
幼少より(幻晶騎士に乗るという目標の為に)魔力と体力を付けるべく鍛錬を行ってきたエルから魔法の手ほどきを受けている為人並みならぬ魔力を持つ。
フレメヴィーラ王国貴族であるヨアキム・セラーティ侯爵の庶子。妾である母とその子供を疎む侯爵の正妻への配慮から父から援助を受けつつライヒアラ学園街で生活を送っている。
そんな境遇もあってか、貴族の子だが言動はガサツで、身体強化魔法による力押しの戦闘が得意。

アディ


CV:大橋彩香
キッドの双子の妹。愛称はアディ。
彼女もエルから鍛錬を受けている為、常人ならざるスペックを誇る。兄のキッドとは異なり繊細な魔法制御の才能を持つ。
可愛いものが好きで隙あらばエルに抱きつこうとする。

ディー先輩


CV:興津和幸
ライヒアラ騎操士学園騎操士学科の騎操士(ナイトランナー)の一人。幻晶騎士グゥエールを操る。愛称はディー。
気分屋でひねくれ者かつ神経質な性格をしており、学園内でも上位の腕を持つにも拘らず、成績が気分によるため安定しない。
生き残るためには裏切りすら辞さない面を持つが、良心の呵責を感じたり後悔の念に駆られたりする為、根っからの悪人という訳ではない。
その後の事件で性格は丸くなり、むしろ(主にエルの影響で)若干戦闘民族化しつつもエドガーと共にライヒアラを代表する騎操士の一人として成長していく事になる。

エドガー先輩とヘルヴィ先輩

(画像左)
CV:内匠靖明
ライヒアラ騎操士学園騎操士学科の騎操士の一人。幻晶騎士アールカンバーに乗る。
質実剛健を地で行く正統派の騎士。歳の割に彫りの深い顔立ちをしており、若いながらもそれなりの貫禄を持つ。
学園でもトップクラスの実力の持ち主であり、正騎士と同等以上の技量を発揮し、旧式の機体を改修したアールカンバーで開発中の最新鋭機と互角に渡り合うなど、その操縦技術と判断能力はベテランの域に達する。

月曜日なので


CV:伊藤静
ライヒアラ騎操士学園騎操士学科の騎操士の一人。幻晶騎士トランドオーケスに乗る。
優れた腕前を持つ女騎士で、負けん気の強い性格からか先陣をきる事もしばしば。
エルが考案した試作型幻晶騎士「テレスターレ」の開発の際にはテストランナーを努めた。

  • ダーヴィド・ヘプケン
CV:伊丸岡篤
ライヒアラ騎操士学園鍛冶学科に在籍するドワーフ族の青年。ドワーフ故に髭を生やしている事と筋骨隆々とした体格、そして荒々しい言動から高齢に見られるが、れっきとした青年である。なお、アニメ及び漫画版では髭を剃っており、髪形もドレッドヘアーに変更されている。
鍛冶師として幻晶騎士の整備に携わっており、鍛冶師のリーダー的存在である事から「親方」と呼ばれる。
腕力が強く、彼の振るうハンマーは直撃さえすれば並みの魔獣であれば一撃で粉砕可能だが、動きは鈍重。
種族柄、根っからの技術屋である為にエルの持ち込む技術に興味を抱くが、それ故に(物語の舞台となる異世界における)常識から外れたエルのアイデアに一番驚かされる人物でもある。

  • バトソン・テルモネン
CV:藤原夏海
エル、キッド、アディの幼馴染のドワーフの少年。
鍛冶屋の息子で、エルの発明の試作を任される事もある。
幼い頃にいじめられていた所を助けられて以来、エル達と行動を共にする事が多い。
後にライヒアラ騎操士学園鍛冶学科を経て銀鳳騎士団に入団。ダヴィードと共に整備や開発にも携わっている。

  • ステファニア・セラーティ

ステファニア・セラーティ


CV:千本木彩花
ライヒアラ騎操士学園の生徒会長を務める女性。フレメヴィーラ王国貴族であるヨアキム・セラーティ侯爵の正妻の娘で、キッドとアディの異母姉でもある。
エルの様な「可愛くて賢い子」がストライクゾーンとの事で、学園に入学する前のエルの事も把握していた程。疲れた時には癒しと称してエルに抱きつく事もあるが、その場にアディが参戦して取り合いになる事も。貴族と庶子という出生の壁があるものの、キッドとアディの事を本当の兄弟・姉妹として見守っている。

  • アンブロシウス・タハヴォ・フレメヴィーラ
CV:菅生隆之/竹内良太(青年期)
フレメヴィーラ王国第10代国王。
一般には「獅子王」の異名を取る名君として知られるが、若い頃はエルにも似た暴走癖で家臣達の肝を冷やさせており、その気質と性格は孫のエムリスにそのまま受け継がれている。
また、その性格は即位後も変わらず、エルの活躍を知り彼の望みと引き換えに新型幻晶騎士の開発をけしかけるなど所々でその鱗片を覗かせる。
後に長男リオタムスに王位を譲り、以降はエルの開発した「ジルバティーガ」を駆る。

  • エムリス・イェイエル・フレメヴィーラ
CV:小野大輔
アンブロシウスの孫。リオタムスの次男。
王族でありながら「脳筋」と呼ばれる程に粗野な言動が目立ち、それを矯正する為に隣国のクシェペルカ王国に三年程留学させられていた(が、効果の程は薄かった)。
帰国に際してエルの開発した新型機に興味を持ち、祖父アンブロシウスに便乗する形で自らの専用機開発を依頼する。
若い頃のアンブロシウスに似ていると言われており、その行動原理も祖父と非常に似通っている。

  • ノーラ・フリュクバリ
CV:加隈亜衣
フレメヴィーラの間者集団「藍鷹騎士団」に属する騎士。
カザドシュ事変後、ライヒアラの新入生という形で銀鳳騎士団に連絡要員として派遣された。
諜報、潜入工作のエキスパートで、幻晶甲冑の特性に目をつけて隠密仕様の「シャドウラート」を発案、運用している。

クシェペルカ王国

  • エレオノーラ・ミランダ・クシェペルカ
エレオノーラ・ミランダ・クシェペルカ


CV:田村ゆかり
クシェペルカ王アウクスティ・ヴァリオ・クシェペルカの一人娘。
アウクスティに甘やかされて育ったため心が弱く、ジャロウデク王国の侵攻で父が死に国が滅びた事で心が折れ、逃亡の末にジャロウデクの手に落ちる。
その後も立ち直る事が出来ずにいたが、銀鳳騎士団によって救出され、キッドと出会った事で次第に王女として成長していく。

  • マルティナ・オルト・クシェペルカ
CV:田中敦子
王弟フェルナンドに嫁いだリオタムスの妹。
イザドラの母親で、エムリスとエレオノーラの叔母にあたる。
亡国の危機に対して気丈に振る舞い、反ジャロウデクを主導する。

  • イサドラ・アダリナ・クシェペルカ
CV:朝井彩加
マルティナの娘。
エレオノーラとは対照的に勝ち気でしっかりとした性格の持ち主。
エレオノーラにとって数少ない同年代の友人で彼女の相談に乗る事もあるが、王女としての自覚を持たないエレオノーラを叱咤する一幕も見せる。

ジャロウデク王国

  • カルリトス・エンデン・ジャロウデク

CV:綿貫竜之介
ジャロウデク王国第一王子。
病に倒れた父バルドメロに代わりジャロウデクの内政を担っており、「世界の父」復活の大義名分の下に西方諸国各国に宣戦布告した。

  • カタリーナ・カミラ・ジャロウデク
CV:櫻井浩美
ジャロウデク第一王女。カルリトスの妹でクリストバルの姉。
戦よりも政治で優れた才能を発揮する。

  • クリストバル・ハスロ・ジャロウデク
CV:千葉進歩
ジャロウデク第二王子。カルリトス、カタリーナの弟。
戦上手で自分から前線に立つ事もあり、騎操士としても優秀だが直情的な性格が目立つ。
ジャロウデク軍の前線指揮官を努め、飛空船艦隊でクシェペルカ王都を強襲しこれを制圧した。
しかし、銀鳳騎士団の参加したクシェペルカ残党軍との戦闘でエルの乗るイカルガと交戦、圧倒的な性能に恐れを抱きエルを懐柔しようとしたものの、その時点で彼が持っていた常識の埒外にある権力の大きさを読みきれず精神的にも敗退、自ら死を選ぶ形で戦死した。

  • ドロテオ・マルドネス
CV:稲田徹
クリストバルの参謀。
元は騎士として名を馳せていたが、高齢に伴いクリストバルの指南役を命ぜられて以降彼の腹心の部下として行動している。
ジャロウデクでも五指に入る実力者の一人で、騎士時代の部下や養子のグスターボを率いて大西域戦争に参戦した。
一度は銀鳳騎士団の前に敗走を喫し謹慎の身となるが、クリストバルの戦死の報を受け、オラシオの開発した飛竜戦艦(ヴィーヴィル)を駆り銀鳳騎士団と激突した。

  • グスターボ・マルドネス
CV:松風雅也
ドロテオの養子。
剣に魅入られ、「剣は強いからたくさん付けた方がもっと強い」という持論を持つ。幻晶騎士は元より着用する衣服にも剣を盛っている変わり者であり戦闘狂。
戦場で相対したディーからも「馬鹿」と言われるその趣味思考は、実力で周囲に認めさせたものであり、騎操士としての力量は高い。
搭乗機はソードマン及びデッドマンズソード。

  • ケルヒルト・ヒエタカンナス
CV:井上喜久子
間者集団「銅牙騎士団」の団長。隻眼の女性。
没落したジャロウデク貴族ヒエタカンナス家の出身。
フレメヴィーラ王国に潜伏し、諜報活動の末にテレスターレを強奪し、最新技術をジャロウデクにもたらした。
自身も凄腕の騎操士で、その操縦技術はライヒアラ最強の騎士であるエドガーも圧倒する。
後に、クシェペルカ侵攻にも参加するが、以前とは逆にエドガーに討たれ、戦死する(なお、アニメ版では戦死の時期が前倒しされている)。

  • オラシオ・コジャーソ
CV:中村悠一
ジャロウデク中央開発工房の工房長。
空に対して強い執着を示し、「空の支配者」を密かに自称する。
エルネスティに負けず劣らずの天才(と同時に変わり者)で、一族の秘術を持ち出して飛空船とその中心となる源素浮揚器を開発した。
エルにとって大西域戦争でのライバルと言える存在で、エルの開発したイカルガや対空装備に敵愾心を燃やし、報告による情報のみでこれらに対応する為の技術を手がける(アニメでは直接最前線に赴いてイカルガ等を目視した上で対策を講じている)。

作中用語

技術関連

本作に登場するロボットの総称。
作中世界における人間の構造を模して作られており、本作の舞台であるフレメヴィーラ王国では主に隣接するボキューズ大森海から現れる魔獣への対抗手段として用いられる。

  • 騎操士(ナイトランナー)
幻晶騎士を操る騎士のこと。

  • 幻晶甲冑(シルエットギア)
エルネスティが作り上げた幻晶騎士を模したパワードスーツ。
騎操士の魔力・体力増強と操縦訓練のために考案したところ、予想外の普及を見せた。

  • 飛空船(レビテートシップ)
オラシオが一族の秘術である純エーテル作用論を応用して作り上げた世界初の本格的な航空戦力。
「源素浮揚器(エーテリックレビテータ)」によって高濃度のエーテルを生成し、そこに発生する浮揚力場(レビテートフィールド)により浮遊する。

  • 魔法
大気中に漂うエーテルを魔力(マナ)に変換し、更に触媒と魔法術式(スクリプト、所謂魔法陣)を使って現象に変換する技術。
魔獣や幻晶騎士もその根幹は魔法によって支えられている。

  • 魔術演算領域(マギウス・サーキット)
魔法術式を構築して処理するための仮想器官。
人間や魔獣をはじめ作中の世界の生物は脳内にこの魔術演算領域を保有している。
エルネスティはこれを脳内に用意された仮想のコンピュータとして、そして魔法はそこで構築されたプログラムとして捉えており、やがて他者とは違う使い方をするようになる。

  • 触媒結晶
魔法を行使する際に使われる結晶体。
人間は体内に触媒結晶を持たないため、魔法を行使する際にはこれを取り付けた杖を使用する事が多い。
幻晶騎士を構成する結晶筋肉はこれを錬金術で加工した物。
主に地下から採掘される以外に討伐した魔獣の体内からも収集可能。

国・組織

  • フレメヴィーラ王国

セッテルンド大陸の中央にそびえるオービニエ山脈の東側を国土にする王国。エルネスティ達の母国。
ボキュース大森海に隣り合うため、大森海から現れる魔獣に対する対策として幻晶騎士の配備と騎操士の育成を進めている。
魔獣に対処する事には長けるものの対人警戒に疎い面もあり他国からは「魔獣番」の蔑称で呼ばれることもある。
それでも魔獣対策の為の教育が徹底されており、ライヒアラなどの教育機関も充実している。

  • ライヒアラ騎操士学園
フレメヴィーラ最大の教育機関。初等部、中等部、高等部に分かれ、それぞれ三年間、最大で合計九年の教育を受ける(高等部は大学に相当する機関のため、通常は中等部卒業で社会に出る)。
騎操士学科や鍛冶学科など幻晶騎士運用に必要な人材の育成以外にも、錬金術師学科や服飾学科といった幅広い学科が存在する。
訓練用に旧式の幻晶騎士を保有し、幻晶騎士を整備運用するだけの設備が一通り揃っており、素材と技術さえあれば学園の設備のみで幻晶騎士を開発する事もできる。

  • 銀鳳騎士団
高度な技術を次々と発案するエルネスティの護衛を兼ねてライヒアラ騎操士学園の騎操士学科、鍛冶学科の卒業メンバーを中心に編成された騎士団。
技術開発を行う開発者集団で、幻晶騎士はエルネスティや鍛冶師たちが作り上げた試作品を装備して戦闘に赴くことも多い。
幻晶騎士部隊は守勢に強い第一中隊、攻勢を担当する第二中隊、新型機のテストを行う第三中隊に分けられる。

  • 国立機操開発研究工房(シルエットナイトラボラトリ)
フレメヴィーラの幻晶騎士開発の中枢。通称は国機研(ラボ)。
銀鳳騎士団とは当初ライバル関係にあったが、後に銀鳳騎士団で開発された技術を調整する役割を担うようになる。

  • 森都(アルフヘイム)
幻晶騎士の最重要部品である魔力転換炉の生産地。
体内に触媒結晶を持ち、魔法の行使する力と人間より遥かに長い寿命を持つ「アルヴの民」が住まう。
森都とフレメヴィーラの間には「法」と呼ばれる厳格な取り決めが存在し、一般にはその存在を秘匿されている最重要地区。
同様の地は他の国にも存在している。

  • 西方諸国(オクシデンツ)
オービニエ山脈の西側に存在する諸国家群。
大陸西側は過去に魔獣が一掃されており、またボキュース大森海からはフレメヴィーラとオービニエ山脈とを挟んでいる事もあって魔獣被害は少ない。

  • クシェペルカ王国
フレメヴィーラ王国とはオービニエ山脈を挟んで隣あう王国。西方諸国の一国。
フレメヴィーラとは友好国という関係にあり、リオタムスの妹マルティナが大公フェルナンドの下に嫁いでいる他、エムリスもこの国に留学していた経験がある。
ジャロウデク王国の侵攻を受け、大西域戦争(ウエスタン・グランドストーム)が引き起こった。

  • ジャロウデク王国
西方諸国内の大国。
クシェペルカとはロカール連合諸国を挟んで向かい合うように位置している。
世界の父の後継を名乗り、西方統一の為に強大な軍事力でクシェペルカに侵攻。大西域戦争を引き起こした。
銅牙騎士団がフレメヴィーラから強奪した技術で幻晶騎士を開発、量産しているが、盗用した技術以外にも源素浮揚器(エーテリックレビテータ)を使用した飛空船(レビテートシップ)、炉の劣化と引き換えに高濃度のエーテルを魔力転換炉へ送り込む源素供給機(エーテルサプライヤ)など独自の技術を持つ。

  • 世界の父(ファダーアバーデン)
西方諸国とフレメヴィーラ王国の大本となった超大国。
西域から魔獣をほぼ駆逐し、更にボキュース大森海への森伐遠征軍を派兵したが、敗退。その際東側に残した占領地がフレメヴィーラ王国の土台となった。
西方諸国の国々もまた、世界の父から分離独立して成立した国家である。

魔獣関連

  • ボキュース大森海

フレメヴィーラ王国の東側に広がる樹海。魔獣の生息地。
ここから魔獣がフレメヴィーラに現れるため、王国は森との境界に砦を建設して幻晶騎士を配備している。

  • 魔獣
体内に触媒結晶を持ち単独で魔法を使える大型生物の総称。
討伐に必要な戦力によって決闘、旅団、師団といった等級が定められており、その姿や生態も様々。
大型のものであれば体内の触媒結晶も大型化し、巨大な魔獣はその魔力リソースを使って身体強化魔法で自重を支えている。

  • 呪餌(カースド・ベイト)
魔獣を呼び寄せる秘薬を混ぜた餌。これを食べた魔獣は同時に極度の興奮状態に陥り凶暴性が増す。
局地的に重大な魔獣災害を引き起こす可能性があるため、魔獣の出現頻度の高いフレメヴィーラでは製造法は厳重に秘匿され、製造、所持、使用の何れかを行った場合極刑レベルの重罪となる。

TVアニメ

2016年秋にアニメ化が発表され、2017年夏に放送された。
放送はTOKYO MXサンテレビKBS京都AT-XBS11
原作のイラストレーターを務める黒銀氏がアニメ版のメカデザインも務める。

第1話に関しては、本放送終了後すぐにオーディオコメンタリー方式の解説実況特番『第1話 大事な事なのでもう一度放送しますスペシャル!』が放送された。
サブタイトルは原作では『○○をしよう』とされているのが『○○&○○』に改められている。

BDは全3巻で、第1巻が2017年10月27日、第2巻が2017年12月22日、第3巻が2018年2月23日発売予定。

制作スタッフ

原作天酒之瓢
原作イラスト・幻晶騎士デザイン黒銀
監督山本裕介
シリーズ構成横手美智子
脚本横手美智子・木村暢
キャラクターデザイン桂憲一郎
総作画監督桂憲一郎・福永智子・山田裕子
エフェクト作画梅田貴嗣
メカニックデザイン天神英貴
コンセプトデザイン宮武一貴・岸田隆宏
プロップデザイン入江篤
美術監督益田健太
美術設定藤井一志
色彩設計藤木由香里
2Dデザイン荒木宏文
CGディレクター井野元英二
3DCGオレンジ
撮影監督佐藤洋
編集内田恵
音響監督明田川仁
音楽甲田雅人
制作スタジオエイトビット
製作ナイツ&マジック製作委員会


主題歌

オープニングテーマ「Hello!My World!!」
作詞 - 林英樹 / 作曲 - 佐藤純一 / 編曲 - fhána、A-bee / 歌 - fhána
エンディングテーマ「ユー&アイ」
作詞 - 中村彼方 / 作曲・編曲 - 秋浦智裕 (onetrap) / 歌 - 大橋彩香

各話リスト

話数サブタイトル話数サブタイトル
第一章Robots&Fantasy第二章Hero&Beast
第三章Scrap&Build第四章Light&Shadow
第五章Hide&Seek第六章Trial&Error
第七章New&Old第八章Secret&Quest
第九章Force&Justice第十章War&Princess
第十一章Hit&Away第十二章Knight&Dragon
第十三章(最終話)Heaven&Earth


関連動画






関連タグ

小説家になろう
ロボット 魔法 異世界転生 ロボットアニメ
2017年夏アニメ
異世界食堂……同時期にアニメ化決定が報じられ、同時期に放送時期が決定された「小説家になろう」発・書籍版がヒーロー文庫から発行・漫画版がヤングガンガンで連載されている・衛星波ではAT-Xで放送される異世界もの繋がり(共通の出演者は伊藤静・田村ゆかり・稲田徹・朝井彩加・井上喜久子・松岡禎丞・千葉進歩 の7人)。

外部リンク

『Knight's & Magic』 - 小説家になろう
『ナイツ&マジック』 - ヒーロー文庫
『ナイツ&マジック』 - コミカワ
アニメ公式サイト
アニメ公式Twitter

pixivに投稿された作品 pixivで「ナイツ&マジック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 833805

コメント