ピクシブ百科事典

アーキッド・オルター

あーきっどおるたー

小説『ナイツ&マジック』の登場人物。
目次[非表示]

CV:菅原慎介 / 東内マリ子(幼少期)

人物

エルネスティ・エチェバルリア(エル)の幼馴染で、アデルトルート・オルター(アディ)の双子の兄。
通称は「キッド」。
エルから魔法を教わって鍛錬を続けてきた事もあり、アディと同じく人並み以上の魔力と体力を持ち、若くして上級魔法を操り、取り扱いに難のあるエルの発明をそれなりに扱う事が出来る。
エル達の中で一番剣の才能があり、繊細な魔法制御が得意なアディとは逆に身体強化魔法による力押しが得意なパワーファイター。

フレメヴィーラ王国侯爵ヨアキム・セラーティの庶子で、ヨアキムや異母姉のステファニアからは生まれの関係も無く接して貰っているが、異母兄のバルトサールからは目の敵にされ、ライヒアラ騎操士学園入学当初に授業で実力を見せた事で彼の怒りを買い、アディと共に罠に嵌められたこともある。
Web版の短編「旅立ちの合間に」では後に、ステファニアの結婚式に参加した際にバルトサールと再会し、和解している。

銀鳳騎士団結成後は団長補佐としてアディと共にエルの補佐を行う。

大西域戦争(ウエスタン・グランドストーム)で、幽閉されていたクシェペルカ王国王女エレオノーラを救出した際、心が折れ、無気力状態のエレオノーラに対し、「俺が貴方の騎士になって護ろう」と、騎士の誓いを立てて彼女を励ました。それが縁で、エレオノーラに「アーキッド様(アニメ版では「騎士様」と呼んでおり、名前で呼んだのは別れ際のみ)」と呼ばれ慕われるようになり、彼女の近衛騎士のような扱いになる。
キッド本人もエレオノーラに仄かに思いを寄せており、ジャロウデク軍との決戦時には、エレオノーラがいる本陣に特攻しようとした飛竜戦艦(ヴィーヴィル)にツェンドリンブルで突撃し、愛機を失いながらもエレオノーラを守り抜いた。

大西域戦争終了後は後ろ髪を引かれながら帰国したが、「若旦那」こと、フレメヴィーラ王子エムリスの計らいでクシェペルカ王国駐在大使となった彼の補佐として出向することになった(実父のヨアキムは了承済み)。
原作ではエムリスから出向の話を聞いた次のシーンから登場しなくなり、旅立ちの場面が描かれなかったため、具体的にいつ出向したのか(遅くとも、ボキュース大森海への遠征の時点ですでに旅立っている)は明らかになっていない。

浮遊大陸騒乱編では事実上の主役。
出向から数年後、エムリスに巻き込まれる形で発見された浮遊大陸への探検に付き合わされる羽目に。さらに、飛行型の魔獣に騎乗する先住民「ハルピュイア」の一団に襲撃され、囚われの身になってしまう。この時、銀鳳騎士団を名乗っていることから、籍は残していることが判明している。
ハルピュイアと共に過ごすうちに、浮遊大陸が飛空船の燃料である源素晶石(エーテライト)の巨大な鉱床であることを知り、浮遊大陸が様々な国に狙われていることに気付く。
彼らを放っておけず、浮遊大陸に侵攻した都市国家群「孤独なる十一(イレブンフラッグス)」の飛空船団に、ハルピュイアや再会したエムリス達と共に立ち向かう。
なお、キッドが浮遊大陸に行った事をエル達に語ったエレオノーラの様子から、彼女との交際は続いている模様。

主な搭乗機

ツェンドルグ

人馬型の幻晶騎士
アディとテストランナーとして搭乗した。

ツェンドリンブル

ツェンドルグの単座仕様。

カルディトーレ

浮遊大陸探索時、ツェンドリンブルが飛空船(レビテートシップ)の動力代わりに内部に接続されて使えなかったので搭乗。ハルピュイアが使役する魔獣と戦うが、一瞬の隙を突かれて飛空船から落下。機体からは脱出するが‥‥。

余談

エレオノーラの騎士となったキッドだが、これについては「フレメヴィーラ王国の国王直属である銀鳳騎士団の団員が、友好国とはいえ他国の王族に勝手に仕えて問題にならないのか」という考察がある。しかし、上司にあたるエルやエムリス、エレオノーラの後見役のマルティナなど、周囲は反対どころか二人の仲を大なり小なり応援している。
また、「庶子とはいえ侯爵の子供なのだから、エレオノーラの結婚相手には申し分ないのでは?」という考察もある。クシェペルカへの出向をヨアキムが了承したことを考えると、意外と実現しそうではある。

関連タグ

ナイツ&マジック
銀鳳騎士団 エルネスティ・エチェバルリア アデルトルート・オルター
ステファニア・セラーティ
エレオノーラ・ミランダ・クシェペルカ

pixivに投稿された作品 pixivで「アーキッド・オルター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22628

コメント