ピクシブ百科事典

シルフィアーネ

しるふぃあーね

シルフィアーネとは小説「ナイツ&マジック」に登場する幻晶騎士(巨大ロボット)。
目次[非表示]

フレメヴィーラ王国における新たなる幻晶騎士(シルエットナイト)
大西域戦争(ウェスタン・グランドストーム)後に入手した飛空船(レビテートシップ)関連技術を元にエルネスティ・エチェバルリア が提案、飛行可能な機体を目指して開発された。
人魚のような外見をもつ、後の空戦仕様機(ウィンジーネスタイル)の開祖。

開発にはツェンドルグの設計思想が反映されており、下半身部分に魔力転換炉(エーテルリアクター)を二基、源素浮揚器(エーテリックレビテーター)や源素供給器(エーテルサプライヤー)など飛行に必要な技術が詰め込まれている。
魚のような脚部は鰭翼に置き換えられており、ランディングギアとして使用や歩行も可能。
操縦席は背部に設けられており、飛空という仕様上から緊急時の脱出装置の機能も搭載。また同じ理由で搭乗の際は降下甲冑(ディセンドラート)と呼ばれる幻晶甲冑を着用する。

幻晶騎士単体の性能も優秀で、飛空しながらの法撃は勿論ワイヤーを射出しての捕縛・近接も高く、それまで飛空船固定だった対空上魔獣において制空権を確保できるようになった。
後にこの機体をベースに、先行量産型のトゥエディアーネ(下記)が開発されている。
この機体自体は試験騎操士(テストランナー)であったアデルトルート・オルター(アディ)がそのまま使用し、「シーちゃん」と呼んで愛用していたが、ボキューズ大森海での穢れの獣(クレトヴァスティア)との戦いで墜落したイカルガを助けるために機体を地表へのクッションとしたために大破(アディはギリギリまで機体を制御してから脱出)。その残骸はカササギの建造やイカルガの再建に使用された。

因みにこの形態はシルフィアーネ『二世(セカンド)』であり、その前に一世(ファースト)が製作された。
……のだが一世は外見も中身も完全な失敗してしまったことで不評であり(親方が作れというなら団を抜けると冗談を抜かす、アディが試験中に搭乗拒否する等)、黒歴史扱いされて半ば存在を抹消されている。


派生機

トゥエディアーネ

シルフィアーネのデータを元に改修された量産機。
フレメヴィーラ王国における初の空戦仕様となる幻晶騎士。

今までと操縦系統が違うということで「騎操士(ナイトランナー)には幻晶騎士をまだ知らない若人の方が適任」という理由から、国王リオタムスにより新設された「紫燕騎士団」に受領される。
そして銀鳳騎士団中隊長格指導の元に訓練を受け、初の飛空船防衛を見事に果たす。

巨人戦争では穢れの獣との空中戦が多かったため、銀鳳騎士団のほぼ全員がこの機体に乗り換えている。

誕生までの経過からその後にいたるまで、銀鳳騎士団の今後の運命を左右した機体。

主なパイロット

エルネスティ・エチェバルリア
エドガー・C・ブランシュ
ディートリヒ・クーニッツ
ヘルヴィ・オーバーリ他銀鳳騎士団団員
紫燕騎士団団員

カササギ

アディのシルフィアーネの機体パーツが素材に使われた。

イカルガ

本来の心臓部に変わり、再建時にシルフィアーネの魔力転換炉が使用された。

シルフィアーネ・カササギ三世

巨人戦争後、分解されたカササギの機能を継承する形で作られた新型機。名前は不評だったため、普段は二世同様「シルフィアーネ」で呼ばれる。
カササギの腕(可動式追加装甲(フレキシブルコート)になる予定)を追加したシルフィアーネのような外見をしており、操縦席も操鍵盤(キーボード)がついたイカルガに近いものとなっている。


関連タグ

ナイツ&マジック
幻晶騎士
エルネスティ・エチェバルリア
アデルトルート・オルター
ツェンドルグ

pixivに投稿された作品 pixivで「シルフィアーネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 255

コメント