ピクシブ百科事典

レスヴァント

れすゔぁんと

レスヴァントとは小説「ナイツ&マジック」に登場する幻晶騎士(巨大ロボット)。ここではそのシリーズの全てを紹介する。
目次[非表示]

概要


・注意!
この内容には「ナイツ&マジック」本編のネタバレを盛大に含みます!
本編をまだ読んでない方はブラウザバックを推奨致します!








旧クシェペルカ王国の制式量産型である幻晶騎士(シルエットナイト)
魔獣が駆逐された国で生まれた機体で、完全な対幻晶騎士として製作された機体。
旧世代機の中でも優秀であり(と言ってもカルダトアに毛が生えた程度)、旧クシェペルカ王国の機体は国王機を除けば確認されているのはこの機体のみ。
しかし東方様式(イースタン・モード)を導入した新世代機との差は余りに大きく、ジャロウデク軍のティラントーとの戦力比はティラントー単機に対してレスヴァント三機でようやく戦いになる程。

大西域戦争(ウエスタン・グランドストーム)開戦当初、ジャロウデク軍の飛空船(レビテートシップ)とティラントーとの混成戦術によりただ一方的に蹂躙・撃破されるのみであった。
ある意味、エルネスティ・エチェバルリアが発案した東方様式が革新かつ実用的であった事の証明にされた形となってしまっている。
その時の惨敗とその独特のフォルムから、ジャロウデク軍からは「案山子」と揶揄されるに至った。

後にエルネスティの手により、本機をベースとした派生機を生み出してゆく。
なお、当のエル曰く「機体の設計には学ぶべきところも多い」と荒ぶるメカ魂を抑えつつ好評を下している。


派生機

レスヴァント・ヴィード

大西域戦争に介入したエルが急造する形で誕生させた、レスヴァントの簡易改修型幻晶騎士。
その外見から、味方から「塔の騎士」とも呼ばれている。

魔力特化の蓄魔力式装甲(キャパシティフレーム)で作られた追加装甲「ウォールローブ」が搭載されており、既存はおろか新世代機とも比べものにならないほどの魔力搭載量を誇る。
さらに補助腕(サブアーム)を四本も増設し、計六本の魔導兵装(シルエットアームズ)による遠距離法撃が主な攻撃方法で、ウォールローブの持つ防御力も合わせた高い拠点防衛力が特徴。
その反面ローブを主とした追加装備が邪魔となり、移動速度はティラントーよりも低い上に格闘戦能力も従来機に大きく劣る。
ただしウォールローブ自体は着脱が可能であり、移動時や緊急時の問題も解決されている。

これらの出自から、主に固定砲台として運用されている。
ただし魔力の回復速度は以前と変わらない為、一度魔力を使い切ると再度充填されるまでの時間も従来機の比ではない。
その欠点を突かれ一度敵に押し切られてしまったこともあったが、後に交代して砲撃を撃つ二段構えの手法をとることで克服した。

本来は新型機の導入とそれによる戦力再編の為の時間稼ぎとして生まれた機体だったのだが、予想以上の戦果を挙げたことからクシェペルカ残党(後の新世クシェペルカ王国)の主力幻晶騎士の一角となる。
(公式設定でもジャロウデク王国の侵略最大の誤算の一つとなったとも明言されている)

後に法撃戦仕様機(ウィザードスタイル)と呼ばれる幻晶騎士の装備形態の開祖である。

因みにアニメ版では性能が向上しているようで、カルディトーレと同じ位置で戦っていたりティラントーと鍔迫り合っている。
格闘戦が不利とは一体……


レーヴァンティア

新生クシェペルカ王国(元クシェペルカ残党)の制式量産機である新型幻晶騎士
レスヴァントよりもがっちりとした体格をしている。

新型の投入が急務であったクシェペルカ軍のために、エルがカルディトーレの設計を元に(フレメヴィーラ国王リオタムスは了承済み)レスヴァント新生を目的として開発されている。
いうなれば「東方様式型・対幻晶騎士」用幻晶騎士の完全版。
その為カルディトーレよりも対幻晶騎士としての戦闘能力は高く、総合的な面においてティラントーと互角に戦える性能を誇る。
この辺りもカルダトアとレスヴァントの関係に近しいといえる。

宿場町ミシリエの戦いに置いて先行量産機が投入され、ゴルドリーオと共にヴィートの砲撃の援護に回ったのが初戦闘。
その後新生クシェペルカ軍の主力歩兵としてレスヴァントからの逐次転換が行われるようになる。

また選択装備の一環として対空装備の魔導飛愴(ミッシレジャベリン)を背面武装の代わりに装備したバリエーションも存在する。
ツェンドリンブルと違い単発式な上に、機体の近接能力を低下させているものの、歩兵にも対空能力を得たことは非常に大きい。
この仕様は後に投槍戦仕様機(ジャベリニーアスタイル)と呼ばれるようになった。


アンキュローサ

ジャロウデク王国軍が戦争初期に鹵獲したレスヴァントに、レスヴァント・ヴィードと同じ装備を施した機体。

ヴィートによって想像以上の被害を受けたこととミシリエの敗戦により、軍備再建が急務になったジャロウデク軍がヴィートの性能に目を付け製造された。
その為性能はほぼ変わらないが、ウォールローブそのものはヴィート程洗練されていない。

イカルガに対抗する為に製造された飛竜戦艦(ヴィーヴィル)の艤装に12機が用いられ、艦砲や対・対空火器迎撃機銃として、何よりも機体の魔力転換炉(エーテルリアクター)を飛竜戦艦に接続することよる艦の動力源として運用された。そのため、破壊されると飛竜戦艦の迎撃能力だけでなく魔力供給量まで低下してしまう。
尚こちらは下半身は飛竜戦艦内部に埋没しているため、完全な固定砲台である。

Web版……通常の運用をされた機体も存在する。
アニメ版……こちらはティラントーがベース。魔力転換炉自体に差は無いので運用に問題はない。


カルトガ・オル・クシェール(二世)

(新旧)クシェペルカ王国の国王騎。名言こそされていないが、レスヴァントがベースと思われる(アニメ版ではレスヴァントに見た目が似ている)。国王機であるが故に性能が高めに作られており、旧型でありながらティラントーに匹敵する。
ジャロウデク王国の王都デルヴァンクール襲撃時に娘のエレオノーラ・ミランダ・クシェペルカ他数名を逃す為に国王アウクスティが騎乗、ジャロウデク王子クリストバルの乗るアルケローリクスとの一騎打ちの末破壊される。

その後、エレオノーラの女王即位とクシェペルカ復興宣言の際二世(セカンド)が新造された。
幻晶騎士の操縦経験が無いエレオノーラの為に、コックピットを複座式にして他者(ここでは従姉妹のイサドラ)が操縦できるようにしている。イサドラも実戦ができる程の技量がない為完全な御飾りではあるが、国王機かつエルも関わって造られているだけに総合性能はかなり高いと思われる。
事実、アニメ版では補助腕が追加される等の近代化改修が行われている。


余談

・レスヴァントを除く機体の材料には、破壊・鹵獲したティラントーのものも使用されている。
特に初期のレーヴァンティアはティラントーの部品をそのまま流用したものもあった。
乗り手としても「憎き敵の機体など」とかよりも、一機でも戦力が欲しいという気持ちの方が強かったようで問題にはならなかった。
ちなみに、この初期のレーヴァンティアはカルディトーレを基にした急造機という設定もあったため、実態は不明だが「カルディトーレとティラントーのニコイチ」とも言える。
・アニメ版ではレーヴァンティアは、同色のカルディトーレで代用される形で未登場である。
理由は…神々の世界で色々あったからじゃry(要するに大人の事情)
ただこの改変を好意的に受け取る人も少なくない。
いくらベースがあるといっても、数ヶ月で量産機を新造するなど物語としても不合理ではないか。」ということらしい。
※原作の記述を参考にすると、テレスターレの開発には半年ほどを有している。それを基準に考えると、

  • 他の機体を参考として短期間で設計できた。
  • 幻晶甲冑(シルエットギア)という優秀な作業機械がある。
という利点があったとしても、
  • 戦時下で物資や設備が不足している。
  • テレスターレとは違い、試作機数体ではなくかなりの数を量産しなくてはならない上に、テストに回す時間も十分にない。
  • 魔導飛愴等の開発、生産も同時に行わなくてはいけない
という問題が考えられ、確かにテレスターレよりも短期間で作るのは、いくらエル達でも難しそうではある。

関連タグ

ナイツ&マジック
幻晶騎士 
カルディトーレ
ティラントー
エルネスティ・エチェバルリア
ジェガン……同じ優秀さ故に主力に鎮座し、敵の新型に蹂躙撃破されていった機体。
ジャベリン(MS)……同じようにジェガンに変わる新型として、敵の新型に逆襲した機体

pixivに投稿された作品 pixivで「レスヴァント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 245

コメント