ピクシブ百科事典

テレスターレ

てれすたーれ

テレスターレとは小説「ナイツ&マジック」に登場する幻晶騎士(巨大ロボット)。
目次[非表示]

概要

エルネスティ・エチェバルリアがライヒアラ学園で作り上げた新型幻晶騎士
陸皇事変で大破した機体を改修する形で開発されており、試作一号機はトランドオーケスをベースにするが、ベースとなった機体とのパーツ共有率は二割にも満たない。

結晶筋肉(クリスタルティシュー)を撚り合わせ機体の耐久性・出力を向上させる綱型結晶筋肉(ストラングド・クリスタルティシュー)、火力を増強させる背面武装(バックウェポン)を採用するなど革新的な技術を投入して完成した。
従来型の重量機に匹敵する出力とその倍以上の法撃能力を獲得しており、特に魔導兵装四基による一斉法撃は、大型魔獣を圧倒するだけの威力を持つ。
しかし、結晶筋肉の増量と魔導兵装の多様化は燃費が悪化という新しい欠点も生み出しており、それを補う為に板型結晶筋肉(クリスタルプレート)を装甲の裏に備えた蓄魔力式装甲(キャパシティブルーム)を取り付けている。
これら技術は後に東方様式(イースタン・モード)と呼ばれ、これ以降の機体は多かれ少なかれこの技術を踏襲している。
だが、革新的とは言え学生主導で開発された事もあってこの段階では操作性や継戦能力に難点を残しておりこの問題点は後の機体に丸投げされた。

全五機(アニメ版では三機)が建造され、完成した機体はクヌート・ディクスゴード侯爵の預かりとなったが、国内に潜伏していた銅牙騎士団によって強奪され、一号機がジャロウデクへ持ち出されティラントーなどの開発母体にされた。
また、フレメヴィーラ王国も国立機操開発研究工房(シルエットナイトラボラトリ)がテレスターレの技術を解明し、カルダトア・ダーシュを開発。更にそこから改良型のカルディトーレを作り上げ生産・配備を進めていった。

派生機

カルダトア・ベース機

銀鳳騎士団に配備されたカルダトアをベースとする派生型。
国立機操開発研究工房の開発したカルダトア・ダーシュとの御前模擬試合では背部に可動式追加装甲を装備してエドガー用に調整された機体が登場している。
サロドレアをベースにした元祖テレスターレよりも性能は上だが、操作性の問題は据え置き。

トイボックス

トイボックス


魔導噴流推進器(マギウスジェットスラスタ)の試験機として使用したカルダトアをベースに、エルネスティが思いつきで作った様々な装備の実験台として改修を重ねた機体。
魔導噴流推進器の実験によって大破し、その後修復されながらも実験で酷使された結果、テレスターレ型に改修された。
「エルの思いついた物をとりあえず載せてみる」という役割が自然と定着しており、それを見た銀鳳騎士団の団員達から「エルの玩具箱」のあだ名が付けられ、トイボックスの名称で呼ばれるようになった。
燃費の問題からツェンドルグと同じ複数動力機として改修されるが、魔力の供給は不安定。加えてバランスの悪さもあって、総合的な性能はテレスターレよりも下になっている。

余談だが、Web版ではラーパラドス、文庫版では鋼色のテレスターレが実験に使われていたが、
アニメ化に際してトイボックスのみが魔導噴流推進器の試験機として登場している(後者はトイボックスへ改修される前のもの)。

関連タグ

ナイツ&マジック 幻晶騎士
エルネスティ・エチェバルリア

pixivに投稿された作品 pixivで「テレスターレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3594

コメント