ピクシブ百科事典

アルケローリクス

あるけろーりくす

アルケローリクスとは、「ナイツ&マジック」に登場するロボット兵器である。
目次[非表示]

概要

・注意
この項目にはナイツ&マジックのネタバレを含みます!
まだ作品を見ておられない方はブラウザバックを推奨致します!












ジャロウデク王国で開発された新世代機ティラントーを王族専用にカスタマイズした幻晶騎士(シルエットナイト)。 
純白に金で飾った優雅な配色が特徴で、黒が基調となっている王国の機体の中でも異彩を放なっている。

ティラントーで問題となっていた稼働時間の短さと機動性の低さを解消する為に、「王族の身体保護の為」を名目に機体構築に使用する部品を「幻晶騎士で使用できる中で最高級」のものに変更している。 またコンセプトの元となったズーディルゴ(下記)のデータも用いられた為、結果としてティラントーの性能を維持したまま従来の機動性と稼働時間を持たせることにも成功した。
ある意味で「本来の次世代機」の姿となった機体である。

だが上記の名目の為に予算をかけた結果、製造コストはティラントーの十倍では効かずとても量産には向かない。
またティラントーの諸問題をあくまで金で捩じ伏せただけであり、根本的には解決させていない。
事実、フレメヴィーラ王国の王族機であるゴルドリーオとの性能差はないとされるが、その燃費と維持費の効率は完全にこちらが下。
それでもこれを王族用機として容認する辺りに、ジャウロデク王国(引いては王族)の本質が垣間見える。

王族分だけ機体が用意されているようで、作中に出てきてない分も含めて四機は製造されているものと思われる。


劇中での活躍

大西域戦争(ウェスタン・グランドストーム)において、ジャウロデク軍総大将クリストバル第二王子が搭乗。
その機体性能と王子の実力で、クシェペルカ王国の国王騎カルトガ・オル・クシェールを圧倒し勝利。そのままクシェペルカを滅ぼす。

だがその後のミシリエの戦いにおいて、旗艦の飛空船(レビテートシップ)上にてフレメヴィーラの青き鬼神と交戦。
完全に児戯扱いされ敗北、そのまま飛空船と運命を共にし墜落・大破した。

その後、 カタリーナ第一王女用の機体が補給物資として前線に送られ、デッドマンズソード(下記)の母体となった。


派生機

ズーディルゴ

コンセプトの前身で、出力・膂力・装甲をそのままに機動性と燃費の問題を解決しようとした実験機。
しかし諸問題をストレートに解決しようとした結果、どれか一つの問題は解決しないどころか悪化・性能低下を招く。
最終的にはティラントーを下回る中途半端な性能となり、完全な失敗作として製造中止になっている。

デッドマンズソード

グゥエラリンデとの戦闘で愛機であるソードマンを失ったジャロウデクの騎操士(ナイトランナー)グスターボ・マルドネスに対し、同国のカタリーナ王女が与えたアルケローリクスをカスタマイズした完全なワンオフ機。

当人の要望でソードマンと同じコンセプトを踏襲し、全身に剣(Web版では棍や槍なども含む)を取り付けている。
その為総じてベース機よりも性能は落ちているが、魔力転換炉を完全に使い捨てにすることによる機体全開状態にしたこと(Web版のみ)と乗り手の卓越した技量により、相対した者から「まるで鬼神(イカルガ)ではないか」と言わしめる程の強さを発揮した。
切り札は装備する剣の切先をハリネズミのように逆立て、動く凶器と化す攻撃形態「目覚めよ我が剣(ウェイクアップデッドマンズ)」(アニメ版では機体全開状態による目にも止まらぬ連続斬撃)。

大西域戦争終盤の四方楯要塞(シルダ・ネリャク)戦に投入され、レーヴァンティア先行隊をたった一人で全滅させ、そのまま新生クシェペルカ王国軍の本陣中枢まで迫る(アニメ版では要塞の入り口を守るために友軍が倒されても孤軍奮闘した)。
そこでゴルドリーオアルディラットカンバーとの激戦を繰り広げている。
尚カラーリングは、ジャロウデク標準の赤と黒を基本とした物に改められている。
またWeb版のみズーディルゴが母体となっている。

関連タグ

ナイツ&マジック
幻晶騎士
ティラントー

pixivに投稿された作品 pixivで「アルケローリクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21

コメント