ピクシブ百科事典

デボネア(レイアース)

でぼねあ

ここでは、アニメ『魔法騎士レイアース』に登場するオリジナルキャラクターのデボネアについて解説する。

「セフィーロの柱は消滅した。この世界は、暗黒と化そうとしている」
「もうすぐもうすぐだ。すべてが死に絶える。すべてがきえてなくなる」
「セフィーロだけではない。すべてが、世界が私のものとなる」
CV/高畑淳子
アニメ版『魔法騎士レイアース』の第二期より登場するオリジナルキャラクターにして、本作のラスボス。全ての世界を闇に沈めて破壊しようと目論む正体不明の謎の存在。

長い首に真っ白な素肌に紫色をした鋭く長い爪、透けたマントを羽織り、夜よりも暗い色をしたドレスの裾は下にいくにつれて霧のように宇宙空間へと溶け込んでいるという不気味な容姿をしており、その姿は夜の女王といった雰囲気を醸し出している。

最終回で明かされたその正体は、柱であったエメロード姫を失った事でセフィーロ全土の人間たちが抱いた恐怖などの負の感場が具現化した存在であり、“セフィーロの民”の心そのもの
ぶっちゃけいえばセフィーロの民が生みだした強大な魔王(そもそもセフィーロは人の思いが具現化する世界である為、人々が抱いた負の感情で魔物が生まれるといった特性があり、その法則で誕生した魔物の一種とも捉える事が出来る)。

ノヴァアルシオーネを己の目的のための道具として利用する冷酷にして残忍、狡猾な性格をしており、セフィーロの民の恐怖心が大きければ大きい程に無限に力を得る事できるという厄介な性質を持つ。
また、自身の姿を影のようにしてどんな場所にも神出鬼没に出現する事もできる上に、強大な魔力で遠く離れた相手を呪殺する事や、人々の心の闇を利用して魔物等を生み出す能力なども持つ。

生まれた直後のノヴァを唆して利用するだけ利用した挙句の果てに切捨てると、自身の居城たるセフィーロの裏へとやって来た魔法騎士たちと対峙。
先の戦いで半壊した魔神レガリアと同化し、魔神デボネア(仮称)となって魔法騎士たちと最後の戦いを展開する。

その強大な力を持ってたちを圧倒し、彼女たちの最強の『閃光の螺旋』さえも凌ぎ切り魔法騎士たちを戦慄させるが、最後はデボネアの正体は自分たちの心そのものだと知ったセフィーロの民たちの生きる願いによって出現した新たなセフィーロの柱の証である剣を手に取った光の前に敗れ去り、呪詛の言葉と共に爆散消滅した。

関連項目

魔法騎士レイアース

コメント