ピクシブ百科事典

バイストン・ウェル

ばいすとんうぇる

聖戦士ダンバインの主な舞台であるファンタジーワールド。
目次[非表示]

バイストン・ウェル

バイストン・ウェルの物語を、覚えている者は幸せである。私達はその記憶を記されて、この地上に生まれてきたにも関わらず、思い出すことのできない性を持たされたから。それ故に、ミ・フェラリオの語る次の物語を伝えよう。

概要

チャム・ファウ


バイストン・ウェルとは、『聖戦士ダンバイン』の舞台となる異世界。富野由悠季 によって作られた造語であり、「by stone well」=「異世界に繋がる井戸」もしくは「近くの石の井戸」という意味である。ファンタジー的にしっくり来る語源だが、それ以上に語呂の良さが光るネーミングであると言えよう。
『ダンバイン』の他に、『リーンの翼』、『オーラバトラー戦記』にも登場する。
設定はほぼ共通しているが、同一世界線上の物語というわけではなく、パラレル設定やリファインに近い。

「海と大地の狭間に存在する」と言われ、地上で死を迎えた魂が行きつく場所。一種の死後の世界である。「魂の安息地」、「輪廻の魂の修業の場」とも呼ばれる。
現代人である地上人は普通訪れることの出来ないファンタジー世界だが、バイストン・ウェルの妖精フェラリオの力で召還という形で招かれることがある。これが物語の主人公ショウ・ザマである。

オーラ力(ちから)によって支えられている世界であり、バイストン・ウェルに暮らす様々な生命体は少なからずその影響を受けている。姿形もさることながら、その生命力や身体も地上の生物とは比較にならないほど強い。物語の牽引役であるオーラバトラーはバイストン・ウェルの強靱な生命体の肉体を利用して製造されている。

世界観

富野監督によって作られた本格的なファンタジー世界、それがバイストン・ウェルである。そのバイストン・ウェルも3つの領域に分かれている。

ウォ・ラドン

天空に浮かぶ海。主に上級妖精エ・フェラリオが暮らしている

コモン界

中世ヨーロッパに近い雰囲気の世界。地上人によく似たコモン人が主に暮らしている。

ボッブ・レッス

地下の暗黒世界。超人族ガロウ・ランたちが暮らしている。

住人

コモン人

バイストン・ウェルのコモン界に暮らす地上人によく似た種族。他の種族に比べ数が多い。

フェラリオ

妖精のような種族。未成熟体であるミ・フェラリオと成熟体エ・フェラリオ、そして最上級のチ・フェラリオに分けられる。魔法のような力が使える。

ガロウ・ラン

超人的な身体能力を誇る闇の種族。悪事に手を染めている者も多い。

地上人

バイストン・ウェルにおける現代人の呼称。フェラリオの力によって開かれたオーラロードを通って地上からバイストン・ウェルに召還されてくる。高いオーラ力を持ち、オーラバトラーを操縦できる。

関連イラスト

ボゾン


関連タグ

聖戦士ダンバイン

pixivに投稿された作品 pixivで「バイストン・ウェル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11699

コメント