ピクシブ百科事典

エレ・ハンム

えれはんむ

エレ・ハンムとは、「聖戦士ダンバイン」の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:佐々木るん

ミの国の王女。
ピネガン王の娘で、ラウの国王フォイゾン・ゴウの孫娘にあたる。
世間知らずで好奇心旺盛、マイペースな少女であったが、戦いに巻き込まれて成長せざるを得ない状況へと陥っていく。「霊力」と呼ばれる独特のオーラ力によって、予言や邪悪なオーラを感知することができる。その為、ジェリルハイパー化する際にはそれを事前に感知して危惧していた。

ミの国がドレイクに攻めこまれて父が戦死したため、ラウの国に身を寄せることになる。フォイゾン王の死後は、ラウの女王として反ドレイク側の旗頭として戦う。地上に出た際、使者としてゴラオンを訪れたソ連の青年将校トルストールに想いを寄せるが、その直後、トルストールは戦死。

その衝撃から一時落胆し、責任を放棄して泣き暮らすが、マーベルキーンの叱咤で立ち直り、女王としての務めを果たすようになる。

最終決戦の際、ハイパー化しかけた黒騎士のガラバをそのオーラ力で抑え込むが、結果全てのオーラ力を使い果たして命を落とした。(トルストールを戦死させたのは黒騎士なので、ある意味命を賭けた意趣返しである)

同じく反ドレイクの旗頭たるシーラが(本人が意識的にそうあろうとしているのもあるが)その佇まいや言動から如何にも「女王」然としていて、やや近づき難い印象なのに対し、前述のトルストールとの淡い恋の話やもとはマイペースで好奇心旺盛な性格だったということもあり、どこか庶民的で親しみやすい印象の女王様である。

関連イラスト

姫(プリ)キュア 其の弐
エレ・ハンム


えれさま



関連タグ

聖戦士ダンバイン スーパーロボット大戦シリーズ トルストール ゴラオン フォイゾン・ゴウ

関連記事

親記事

聖戦士ダンバイン せいせんしだんばいん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エレ・ハンム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37036

コメント