ピクシブ百科事典

バーン・バニングス

ばーんばにんぐす

バーン・バニングスとは、オーラバトラー戦記/聖戦士ダンバインに登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:速水奨
異世界バイストン・ウェルに存在するアの国の国王ドレイク・ルフト配下の騎士。主人公ショウ・ザマのライバル的キャラクターの一人。
ドレイク配下の騎士の中でも一番の腕達者であり、オーラバトラーの操縦技量も非常に高く、コモン(バイストン・ウェル人のこと)としては規格外に高いオーラ力を持っている実力者。
そのため、ドレイクからの信頼は彼の娘リムル・ルフトの婚約者にも選ばれるほど高かった。

自身の実力に絶対の自信を持つプライドの高い性格であり、同時に上昇志向も強い野心家。
自分以上の強大なオーラ力を持つ地上人の戦士たちに対抗心を燃やしており、実力で彼らに勝る戦果を挙げてドレイクの信頼をより確固たるものしようと目論んでいた。
しかし、オーラ力の差でショウとの戦いに連戦連敗を重ねてしまい、ドレイクからの信頼を失って失脚、役立たずとして前線から遠ざけられるという憂き目に遭ってしまう。
しかし、ショット・ウェポンに拾われ、地位も名誉も名すら捨て、仮面を被って『黒騎士』と名乗り、ショットの私兵として前線復帰を果たすことに成功している。

『黒騎士』となった彼の性格はすっかり豹変しており、ただ一つ、ショウへの復讐のために如何なる手段を用いることも厭わない復讐の鬼と化している。
これにより、ただでさえ高かった彼のオーラ力は憎しみと怒りによって更に増大、地上人の聖戦士以外では唯一ハイパー化すら成し遂げてしまうレベルに至っている。
それでもショウには今一歩及ばない点が見受けられたが、後にオーラファイター『ガラバ』に乗り換えてからは、搭載された新型のオーラ力増幅装置により、完全に互角に戦えるようになった。

スーパーロボット大戦シリーズでは

ショウへの復讐のためかドレイク軍が敗れてもドン・ハルマゲジオン族等の他勢力に参加することが多い。
だが、スーパーロボット大戦UXでは1人の騎士としてガラン軍に参加している上に近年では和解もあるなどスパロボ補正が働いて来ている。

関連タグ

聖戦士ダンバイン
ドラムロ ビランビー ライネック ズワァース ガラバ
ラバーン・ザラマンド ズワウス

pixivに投稿された作品 pixivで「バーン・バニングス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24012

コメント