ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

文字通りの意味としては、ハイパーな状態になることを指す言葉。
ただし多くの場合、『聖戦士ダンバイン』などに登場する、負の感情により増幅された“オーラ力(ちから)”(生命の持つ生体エネルギー)によるオーラバリアーの巨大化現象を指す。

オーラバトラーはハイパー化する際、オーラバトラーの形を取りながら巨大化するが、別にオーラバトラーそのものが巨大化する訳ではない(※)。
しかし、オーラ力の増大と連動しているため、オーラバトラーの戦闘力はそのサイズに比例して大幅に強化される。
一方、オーラ力の強大化は当然機体やパイロットの負担になる為、最悪の場合は機体の自壊やパイロットの死に繋がる。

(※『聖戦士ダンバイン』とはパラレルの世界を舞台にした『リーンの翼』ではオーラバリアーの設定自体が存在せず、後述のオウカオーは本当に巨大化している

外部作品での扱い

スーパーロボット大戦』シリーズで『聖戦士ダンバイン』が参戦している作品には、中ボス扱いで何度か出現。
サイズ大型化の不利を分身でカバーしたうえで高火力の攻撃をしてくるため非常に危険な存在。
他の敵を排除してから、精神コマンド「必中」による総攻撃で仕留めよう。
…自軍敵軍問わずハイパー化ABよりデカい機体がゴロゴロしている事はツッコミ禁止な。

ここからは余談になるが、原作設定的に大量出現はありえないのだがモノクロ版の『コンパクト1』の最終面では敵増援として数体出現する。また同作では裏技でHP40000前後の超性能ユニットを自軍で使う事もでき、これらの事もハイパー化扱いされたりする(ダンバイン系ではボチューン(ニー機)が該当)。『IMPACT』でも中盤にハイパーレプラカーン、最終面にハイパーガラバが登場するが、前者はオモイカネの戦闘データを基に再現されたプログラムに過ぎず、後者はアインストによって作られた複製品で、性能はオリジナルより高いが内部構造は異なるらしくそのため搭乗時2体のパイロットはすべて雑魚ユニットの「人工知能」扱いになっている。
その後登場した『スパロボOE』でオリジナル機体としてハイパーズワウスが登場(機体名義は『ズワウス(ハイパー化)』)
本機体は前述2機があくまで素の機体の複製機のみだったが、本機体は「NG騎士ラムネ&40」のラスボス「ドン・ハルマゲ(妖神ゴブーリキ)」が持つ 悪意の力をパイロットに浴びせハイパー化を促したという独自設定になっており強敵と化している。
また、スパロボシリーズではお馴染みとなった「ハイパーオーラ斬り」については「ハイパー化相当のオーラ力を制御し、オーラソードに収束させて繰り出す技」である事が『BX』にて示唆されている。

また、富野由悠季監督作品には『聖戦士ダンバイン』以外にも同様のパワーアップ演出が見られることがあり、こうした機体も一部メディアでハイパー化扱いされている。

ハイパー化した機体


関連項目

聖戦士ダンバイン オーラバトラー

関連記事

親記事

オーラバトラー おーらばとらー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハイパー化」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171962

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました