2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

テレビ東京系で1990年4月6日から1991年1月4日まで放送された、猛烈に熱血している全38話のロボットアニメ

監督はねぎしひろし、キャラデザ原案は伊東岳彦、シリーズ構成はぶらざぁのっぽ小山高生が代表を務める脚本家集団)。基本的には、この3者を内包した上で制作会社である葦プロ(プロダクション リード)の名義をもって原作者として扱う。
なお本作において「原作者」扱いされるあかほりさとるは当時、ぶらざぁのっぽの一員(=小山の弟子)として小山の補佐を行い、メディアミックスにおける他メディア版の文芸系を受け持ったことから、本作において単独の名義が出る事になり原作者扱いされるようになったものである。

タイトルの『40』は守護騎士8体、守護歩兵8体、破壊戦士10体、破壊四天王4体、破壊忍者10体の合計数である。

初期案では『アリババと40人の盗賊』モチーフにした「アラビアの鷹丸」というタイトルで忍者の少年が主人公の冒険モノだったがこの時点ではロボットアニメではなかった。その後、タイトルが「SB騎士アコーン」になってからチェスやSDメカニックが付属し、RPGの要素を取り入れた。

頻発する作画崩壊・低視聴率・関連商品の売り上げ不振とアニメ作品やメディアミックスとしては最悪な代物であったが、放送終了後も『アニメV』(学研)や『月刊OUT』(みのり書房)などで連動企画が継続して行われた事や、地方での再放送によって認知幅が拡大して人気が再燃されたことで、OVAやCDドラマおよびそれらを原作に置くライトノベル版が製作された。

なお後年、あかほりさとるはラジオ番組内で「本作品は『ワタル』のパクリ」と冗談交じりながらも明言している(因みに『ワタル』も前述の小山が手掛けた作品である)。

元より『月刊OUT』『アニメV』での外伝小説連載の中で、あかほりが初期のうちから「本作の設定はとてもいいかげん(元より、特に外伝小説ラインは設定ぶん投げ前提のギャグ作品であるため、あかほりはじめスタッフの匙加減ひとつで決まるご都合主義)だ」と開き直って言い放っており(そうすることによってTVシリーズで主人公の大冒険が現実世界では一晩の夢として処理していたものが、後々の作品(ラムネ&40EX、ラムネ&40DX)ではそれが緩和されてドキドキスペースとの時間差が無いに等しいものと化しつつ、最終的に『VS騎士』で元に戻ったりしている事に説明をつけている)案の定一部の話(特に『ラムネ&40EX3 ラスト・ラスト』)がシリーズの黒歴史に葬られかねないレベルのパラレル化を起こすなど(それらの作品を原典として『VS騎士』が組まれたため)さすがに全作品に厳密な一貫性を取られているわけではない。

2009年には、同じく伊東岳彦が関与している覇王大系リューナイト共々スーパーロボット大戦NEOに参戦。
長らくシリーズ展開が途絶えて存在自体が忘れ去られかけていたが、これにより知名度はある程度盛り返したと言えるだろう。

2020年2月21日には、生誕30周年を記念して、Blu-ray BOXが発売。特典として劇中に登場したアクションゲーム『KING SCCASHER』がリアルにソフト化、オーディオドラマ全3巻、ラジオドラマ版『EX2』、画集『NG騎士ラムネ&40 イラストレーションズ』縮刷復刻版、TVシリーズ総集編(全4編)、そして完全新作映像「NG騎士トリロジー」などが収録されたファン必携の豪華アイテムだ。

登場人物

ラムネス一行

勇者「ラムネス」の伝説を受け継ぎ世界の守護を使命とする者たち。ハラハラワールドのアララ王国と、その基礎となった聖地ラムネッカに拠点を置く。


ラムネス一行の支援者たち

  • ヨッコーラⅢ世
  • ミイラ婆さん
  • 大僧正
  • ゴルB
  • テレヤン
  • ウレP
  • チャム
  • シカト
  • ジョン・ウェイ
  • オトト姫


ダ・サイダー一行

元々はゴブーリキ一党の行動隊長(斬り込み役)で勇者ラムネスへの最初の対抗勢力であったが紆余曲折の末に味方になった。


妖神ゴブーリキ一党/闇の意識の根源

  • ドン・ハルマゲ
  • 妖神ゴブーリキ
  • ベッピーン
  • トタンカーメン
  • ナルシー
  • ナルピー
  • ロース
  • 新妖神たる黒き勇者


登場メカ

守護騎士・守護歩兵


破壊戦士

  • ゴールドスケザーン & ゴールドカクザーン
  • コテツーン & ムラマッサン
  • ガラシャーン & カスガーノ
  • ハンゾーン & サイゾーン
  • シンゲーン & ケンシーン
  • 破壊忍者十兄妹


破壊四天王

  • トンデモン
  • シャーベッタ
  • ナンゴック
  • ペーキング


シリーズ一覧

NG騎士ラムネ&40

  • TVシリーズ(無印)
NG騎士ラムネ&40EX
  • OVA「ビクビクトライアングル 愛の嵐大作戦」
  • 小説「外伝 ダ・サイダー伝説」
  • ラジオドラマ「EX2 ユラユラ銀河帝国大混戦」
  • 小説「外伝2 ココアの恋の物語」
  • 小説「EX3 ラスト・ラスト」
  • 小説「外伝3 レスカの愛の物語」
NG騎士ラムネ&40DX
  • OVA「ワクワク時空 炎の大捜査戦」

NG騎士ラムネ&40XX
  • 小説シリーズ(月刊OUT連載のシリアス作品。著者はあかほり…ではなく、あかほりの同期でTVシリーズのサブライターを務めた千葉克彦)

NG騎士ラムネ&40FX
  • 小説シリーズ(先述のBlu-ray BOX発売に合わせ連載。「DX」の続きにあたる。)

VS騎士ラムネ&40炎

主題歌

オープニング

「熱血!!勇者ラムネス」(1〜28話)(作詞:紅玉、作曲:りゅうてつし、編曲:乃沢大二郎、歌:草尾毅)
「めざせ! 1番!!」(29〜38話)(作詞:紅玉、作曲:りゅうてつし、編曲:長内悟、歌:草尾毅、横山智佐、玉川紗己子、松井菜桜子)

エンディング

「男と女はパピプペポ」(1〜28話)(作詞:紅玉、作曲:実川俊晴、編曲:Ryu、歌:横山智佐)
「シアワセになるでんna」(29〜38話)(作詞:紅玉、作曲:りゅうてつし、編曲:りゅうてつし、歌:横山智佐、玉川紗己子、松井菜桜子)

各話リスト

便宜上、第1話~第28話を「ハラハラワールド編」、第29話~第38話(最終話)を「ドキドキスペース編」とする。

話数サブタイトル
ハラハラワールド編
第1話シュパーン!キングスカッシャー復活
第2話正義の力だ!セイントボム
第3話ポッキンシティーは腹ぺこだ!
第4話ガハハ!ゴクロー山の爆笑扇
第5話バンビの頂上になぞなぞの嵐!
第6話熱血!?カンカン村でアッチッチ
第7話パカッ!頭に花さくニャイル河
第8話迷って迷ってホラミッド!
第9話ゼンマイだらけのギアシティ!
第10話アララ?寝ぼけ寝ぼけて海の上
第11話ヒック!本音ジュースにご用心
第12話リューグー村は老人パワー!?
第13話ダブルダブルでイースカー!?
第14話登場!クイーンサイダロン
第15話ハワイイ島のカメカメカ大王
第16話走れラムネス!童話の森のワナ
第17話美人はどっち?レスカ対ココア
第18話ワナワナ!逆襲のダ・サイダー
第19話ガンバレー!ミルクの子守り歌
第20話見つけた!アンナモンコンナ門
第21話輝け!守護騎士コンテスト
第22話最高だミャー!タマQ…その愛
第23話ウソかマコトか?ラムネス伝説
第24話突入ホイホイ城!愛の戦士たち
第25話晴れ姿!三人娘の聖なる力
第26話必死の反撃!ダ・サイダー散る
第27話ホイホイ城崩壊!さらばタマQ
第28話まだ続くの!?破壊戦士現わる
ドキドキスペース編
第29話ヘビメタコ裏切りのバラード
第30話代理戦争!?命をかけたギャグ
第31話必殺!?破壊ニンジャ武芸帖
第32話テントチ塔!海中島の戦い
第33話ほらっホラー!枯れ木の森の怪
第34話リトルロマンス…君の名は!?
第35話交代劇!ひび割れた愛と友情
第36話風に舞う!お花畑は危険地帯
第37話大決戦!燃えろラムネス
第38話40集う!熱血パワーよ永遠に

余談

幻に終わったEXスカッシャー

当初、キングスカッシャークイーンサイダロンは合体攻撃ロイヤルスカッシュを経て、EXキングスカッシャーとEXクイーンサイダロンへパワーアップし、グレート合体してEXスカッシャーが最終形態になる予定だった。
しかし、玩具売上不振で短縮打ち切りが決まり、未登場に終わった。(後年発売されたハイエンドトイでも再現されず無念。) 
その短縮打ち切りを利用して強引に物語を纏め上げたあかほりさとるは天才としか言えない。

関連タグ

あかほりさとる 葦プロ 2文字アルファベットシリーズ
魔神英雄伝ワタル・・・本作同様、小山高生がメインライターを務め、ASATSUが製作に関与したロボットアニメ。共通点が多い他、小山をはじめ共通スタッフもいる。
KO世紀ビースト三獣士・・・当初、本作の後番組として企画されていたOVA作品。

関連記事

親記事

ラムネ&40 らむねすたちのでんせつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「NG騎士ラムネ&40」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「NG騎士ラムネ&40」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1418223

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました