ピクシブ百科事典

伊東岳彦

いとうたけひこ

伊東岳彦は日本の漫画家・イラストレーター・アニメーション作家である。

説明

北海道北見市出身。本名や生年月日は公表されていないため不明。
代表作に『宇宙英雄物語』、『星方武侠アウトロースター』、『覇王大系リューナイト』など。愛称は「老師」。
BlackPointというペンネームを使用しており、自画像(顔に「BP」と描かれている)や『GoodMorningアルテア』など初期の作品で確認できる。イラスト・アニメ関連の仕事では幡池裕行名義で活動している。

奇妙なデビュー経緯

C-LIVE5より、一部脚色
『出版社を新設したので、200ページのストーリーマンガを描きませんか』
男は少し考えて、『商業マンガの経験がないので、32ページくらいなら…』

___これが漫画家・BlackPointの誕生である。
呼びかけたのは、社員たった二人の"夢幻社"社長。
C-LIVEは当初アンソロジーではなく、伊東ヨイショ本として企画が立ち上がった。

___上記のように、伊東にはまだ荷が重い時代だったので、残るページには
レモンピープルで鳴らしていたBIRTHday
これが生涯たった二冊のコミックスとなる池田一成
そして後の先輩でアシスタント、阿乱霊らが参加している(おおむね1巻)。

~~~二年後。夢幻社は5巻の発売をもって倒産。
所帯を持った副社長に逃げられてしまったからである。

この間、伊東にとって大きな出来事が二つあった。
GoodMorningアルテアのアニメ化。即ち、デビュー作のアニメ化
もう一つは、宇宙英雄物語の第0話がC-LIVE4に収録されたこと。
後者は、自宅の地下から宇宙船を掘り出す話であった。
___件のC-LIVE5には、実質不参加となった。

後に宇宙英雄物語はガレージキット化(1990前後)もされ、
リューナイトのメディアミックス、そしてゼーガペインへと伊東の人生は続く…

だが伊東の凄さは、漫画版"アルテア"で既に見え始めている。
"遠い将来、コンピュータやロボットという名称は残らない"
___現象の形は変わったが、伊東も長年携わったロボットアニメの落ち込みを、
その時代に既に達観している。

pixivに投稿された作品 pixivで「伊東岳彦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13823

コメント