ピクシブ百科事典

DETONATORオーガン

でとねいたーおーがん

1991年に制作されたSFアニメのOVA。
目次[非表示]

概要

SFアニメ『宇宙の騎士テッカマン』をオマージュした作品。
本作を受けて『テッカマン』のリメイク的作品『宇宙の騎士テッカマンブレード』が制作された。
デザインもオーガンが参考にされている。

監督は大張正巳、サウンドトラック担当は平沢進、主演は山寺宏一冬馬由美と、非常に豪華なキャスティング。
OVAというマイナーなメディアで展開されたこともあって、長らく知る人ぞ知る作品であったが、『スーパーロボット大戦W』に出演したことで知名度を上げた。

ストーリー

西暦2292年、高度なテクノロジーが発達した地球では、平和な時が流れていた。

そんな折、宇宙から謎のシグナルが届く。そのシグナルが、どうやら何かの設計図を示しているらしいことを知った防衛軍は、設計図通りに「何か」を作ってみるが、それは人型の機動兵器、しかしどうやって動かすのかもわからない代物であった。

それが完成した直後、またしても宇宙から何者かがやってくる。今度は平穏な存在ではなく、明らかに地球に害意を持った存在であった。
防衛軍の精鋭を次々に撃破し、町を破壊し始める「何者か」。その存在に呼応して、シグナルから作られた「何か」が動き出す。
「何か」は、その場に居合わせていた一般人、真道トモルと合体し、襲撃者と交戦。撃破してみせた。

合体が解けたトモルは、襲撃者が「イバリューダー」と呼ばれる宇宙人であること、設計図から作られた兵器は、イバリューダーの一人「オーガン」が仲間を裏切り、地球を守るために流したものであることを知る。

オーガンの遺志により、いやおうなしにイバリューダーとの戦いに駆り出されることになったトモルは、その戦いを通じ、オーガンの求めていたもの、イバリューダーの正体を知ることになる。

キャラクター

劇中登場する地球人とイバリューダーの大半は二役で声を当てられており、これが次第に明かされるイバリューダーの真実に繋がる伏線となっている。

地球人達

真道トモル/オーガン(声:山寺宏一
神先未知(声:冬馬由美
美剣陽子(声:篠原恵美
久見・ジェファーソン(声:笠原弘子

イバリューダー

オーガン(声:山寺宏一)
リーブ(声:冬馬由美)
ラング(声:若本規夫
ミーク(声:笠原弘子)
ゾア(声:内海賢二

関連タグ

宇宙の騎士テッカマン
宇宙の騎士テッカマンブレード
宇宙の騎士テッカマンブレードⅡ
平沢進
メガCD

pixivに投稿された作品 pixivで「DETONATORオーガン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67032

コメント