ピクシブ百科事典

真道トモル

しんどうともる

真道トモルはDETONATORオーガンの主人公である。
目次[非表示]

概要

真道トモルとはDETONATORオーガンの主人公である。23世紀末の地球CITY-5に住む学生で、2292年時点では17歳だった。
イラストでは判らないが、実はDボゥイ阿南スガオ(物語後半)、早乙女アルトと同じ長髪で後ろ髪を束ねている。

プロフィール

出演作品DETONATORオーガン
キャラクターデザイン菊池道隆(現・麻宮騎亜)
声優山寺宏一
性別男性
生涯西暦2275年生~西暦2310年没


人物

地球のCITY-5に住む学生で、卒業を迎え就職等で悩むも、遣りたい事を見つけられずバーチャルリアリティのソフトに夢中になっていた。「20世紀こそ古き良き時代」と20世紀のミリタリーを愛好する懐古趣味の人物で、ダメ人間と誤解されているが、キチンと学業はこなしていた。

経歴

そんな或る日、地球を侵略してきたイバリューダーが地球を襲撃。イバリューダー側のソリッドアーマーオーガントモルのバーチャルリアリティソフトの中に現れ、リンク=合身して共に戦う様頼まれる。
成り行きでオーガンとリンクしたトモルはイバリューダーの第一陣を撃退。
やがてトモルオーガンが宇宙で殺戮に加担していた過去を知り、自身が殺戮マシーンの破壊者になる事に恐怖するが、オレ女の美剣陽子の励ましや、神先未知を守りたいとの願いで克服する。
そして、イバリューダーとの決戦に向かうが…

イバリューダーの真実とトモルのその後(ネタバレ注意!)

イバリューダーの正体は外宇宙探査に向かったシグナライト号の乗組員の成れの果てで、自らの肉体を捨て、ソリッドアーマーと融合する事で生き長らえ地球へ戻ってきた元地球人だった。
トモルもまた、オーガンとのリンクを繰り返せれば完全にオーガンと同化する危険性が出た事が判明(最終話で未知がその事を説明していたのが伏線だったとは)。
トモルは辛うじてイバリューダーの司令官ゾアを倒し、一応オーガンとの同化は回避された。
しかし、最終話のエピローグで断片的に語られたが、トモルオーガンとのリンクの副作用で西暦2310年に35歳の若さで生涯を終えていた事が判明する。(プロフィールに生涯と没年と書いたのはこの為)

その他

  • トモルの個人称はだが、最終話の最後の台詞はになっているのは、心境の変化か?
  • 最終話で博物館のオーガン展示コーナーで遊んでいたマモル少年はトモルの子孫である。

関連イラスト



別名・表記ゆれ

ピクシブ ぴくしぶ

関連人物

Dボゥイ宇宙の騎士テッカマンブレード原作アニメ版とスタジオOX漫画版の主人公で、アニメ史上最も過酷な運命を辿り、スタジオOX版は下手をすれば原作アニメ版よりも悲劇かも知れない。(間違ってもデラボン版に非ず)
神名綾人ラーゼフォンの主人公で、再生した綾人もまた、短い生涯を辿った。

関連タグ

pixiv チョビ

この記事のカテゴリ

DETONATORオーガン

関連記事

親記事

DETONATORオーガン でとねいたーおーがん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「真道トモル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58

コメント