ピクシブ百科事典

神名綾人

かみなあやと

神名綾人とは、「ラーゼフォン」のキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:下野紘宮本充(調律後)

ラーゼフォンのパイロット「奏者(オリン)」。絵画が趣味の17歳の高校生。
東京で平穏な日々を送っていたが、美嶋玲香との出会いを機にラーゼフォンへと導かれる。神名麻弥の子として育てられていたが、遺伝子上の親は亘理士郎如月久遠であり、如月樹の双子の兄となる。当初は少し内向的で他人と距離を置く性格であったが、数々の苦難や悲劇を乗り越えて大きく成長していく。

名前は「神の名を綾なす人」「神の名は綾人」のダブルミーニングになっている。

性格

養母の麻弥が家を空けがちであるため若干ぎくしゃくした関係ではあるものの、親しい人間相手には屈託のない笑顔を見せ、社交性もある。反面年相応に感情の起伏が激しく、トラブルも起こしがちだが基本的には素直で、思い悩むことはあまりない。

紫東遙紫東恵朝比奈浩子といった女性たちから好意を寄せられたが、本人は「年上には興味がない」と語っているうえに鈍感かつ天然で彼女たちの気持ちに中々気づくことができなかった。中でも浩子の告白がトラックにかき消されたことで聞こえず、それがきっかけでのちに大きな悲劇を生むこととなった。
遙の事も当初は保護者や姉のような存在として見ていたが次第に異性として意識するようになり、後に中学時代の事を打ち明けられた際には当時を思い出せこそしなかったが「今の君が好きだから」と遙に告白し、改めて結ばれた。

TOKYOJUPITERから外界に出た際、連合軍から人類の敵とされる青い血の人間「ムーリアン」の疑いをかけられ功刀仁の命令の元に監禁され、解放された後も心を閉ざすが、遥の家である六道家に身を寄せ、翔梧や恵と触れ合っていく中で心を開いていく。

ヴァーミリオンが投入された際に自分がもう必要ないと感じたりと、何度もラーゼフォンに乗るという意思が揺らぎついには脱走しもう一度TOKYOJUPITERに戻り、そこにいた浩子と共に逃亡生活を送り彼女との悲惨な別れを経験した後は、(劇場版はムーリアンである自分を遥が受け入れてくれたため)みんなを守るという強い意思を持ち、MUと戦う決意を固める。

年齢は17歳だが、TOKYOJUPITER内では時間の流れが違うため実際は遥と同い年ぐらい。

結末

テレビ版と劇場版ではそれぞれ異なる結末を迎える。

  • テレビ版
バーベム卿の思惑であるMUの世界の調律を行わず、最終的にはベルゼフォンを倒し人間の世界の調律を選択。異世界で久遠との対話を果たし、遥と本当の意味で再会。
調律後の世界では綾人と樹双方の特徴を持った顔に樹の声を持つ青年となり、考古学者となった。久遠に似た女の子を授かり、久遠と名付けた。

  • 劇場版
TOKYOJUPITER形成後も遥のことを忘れなかったため、遥の生きる世界を守るためにラーゼフォンに乗って戦い、血の変化によって記憶を失う前に世界の調律を図り、遙には彼女の望みでもある「一緒に同じ時を過ごし結婚した過去」を与えようとするが、時間そのものではなく「一緒にいた記憶」として手渡し、自身は時の観測者となって消滅した。
60年後、老人となった遥の前に17歳の姿となって現れ、遥とともにどこかへ消えていった。

関連タグ

ラーゼフォン

関連記事

親記事

ラーゼフォン らーぜふぉん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「神名綾人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27097

コメント