ピクシブ百科事典

エルンスト・フォン・バーベム

えるんすとふぉんばーべむ

エルンスト・フォン・バーベムとは、「ラーゼフォン」のキャラクターである。

概要

CV:家弓家正
世界を裏から牛耳り、TERRAを財政面、技術面で支援するバーベム財団の総裁。登場人物のほとんどからは「バーべム卿」と呼ばれている。
白髪に黒の紳士服、物腰静かな老人といった風体であるが、何代も前から外見が変わっていないため一万年以上も生きていると噂されており、「メトセラ」や「ノスフェラトゥ」などの長寿伝説・不死者伝説に因んだコードネームを持つ。
その正体は、ラーゼフォンシステムの開発者であり、MU世界から人類がまだ知恵を身についてない何万年も前の現実世界にへと追放された生粋のムーリアン(同じ生粋のムーリアンである麻弥や久遠からは「ナーカルの兄弟」と呼ばれている)。自らの魂をクローンに移植する事で生き永らえ、自らを「創造主」とまで誇称し、ラーゼフォンの覚醒、そしてラーゼフォンによる世界の調律にのみ興味があり、奏者候補を生み出すなど長年にわたって準備を整えてきた。
物語後半で自分の肉体を捨て、ヘレナの肉体に魂を移植し、彼の計画が最終段階を迎え、ラーゼフォンシステムが世界を調律する瞬間を目の当たりにし歓喜するが、それが弐神譲二に引導を渡される結果を招き、調律の直前に射殺された。

TVシリーズではあくまで事態の原因の一端を担っただけのキャラだったが、映画版ではストーリーラインを整理するにあたって、かつて調律に失敗してMU世界を破滅させたことに何の反省もなくまた自分勝手な調律を行わせようとし、綾人の父(原作の亘理士郎に相当するキャラクター)が惨殺された事件の首謀者であるなど「諸悪の根源」として物語上の役割を集約されている。
「失われた故郷であるMU世界への調律」を望んでいて(人間の父親と生粋のムーリアンの母親との間に産まれ、ムーリアンの覚醒が近づいた神名綾人の誰にも抗えぬ血の宿命と決めつけている)、終盤に綾人が真の覚醒を果たしラーゼフォンと一体化したのと同時期にヘレナの肉体に魂を移植し、用済みとなった自分の肉体を「新世界へのイニシエーション」と称して射殺し、彼の計画が最終段階を迎えるが、己の意に反する予想外の調律に動揺した所を功刀によって断罪され、射殺された。

PS2のゲーム『ラーゼフォン 蒼穹幻想曲』のある一定の条件を満たす事で分岐する「バーベム傾向編」では、綾人達に真っ向から「調律」を否定されてヘレナにも裏切られ、計画を悉く潰された挙句、最後は自らが造ったヴァーミリオンのベースとなったドーレムの群体であるパイプオルガンがモチーフのデザインの最強・最大のドーレム『ゲネラルパウゼ』を駆りラスボスとして登場し、綾人達を力ずくで従わせようとするが、撃破されてドーレム達にも見限られ、「素晴らしい結末じゃないか‼」と叫びながらドーレム達の分離に伴うゲネラルパウゼの崩壊に巻き込まれるという自らが創り上げたものに滅ぼされる業とも言うべき壮絶な最期を遂げた。

関連タグ

神名綾人 如月久遠 一色真 ヘレナ・バーベム 弐神譲二 功刀仁

  • オズの魔法使い:原作版で一色真がバーべム卿の肉体を射殺したシーンと『蒼穹幻想曲』の「バーベム傾向編」のゲネラルパウゼ戦勝利後のイベントムービーに本作の絵本が登場し、「バーべム卿という存在。あるいは、彼がなりたかったもの」への暗喩意図が示唆されている。
  • マモー:表では世界を裏から牛耳る財団の総裁である謎の大富豪だが、その正体はクローン技術を用いて一万年以上も生き永らえてきた並みの人間ではかないっこねえ人間の皮を被った神の名を語った薄汚い化け物繋がり。
  • タナトス(聖剣伝説2):他人の肉体に自らの魂を移植する事で古の時代より生き永らえてきた諸悪の根源繋がり。
  • ムラクモアドラー:保険を兼ねた大量のクローンを従えている事と他者の肉体に魂を移植する秘法など共通点が多い。特に後者は本名がエルンスト・フォン・アドラー、性格は野心家と非常に似ている。
  • 木原マサキ:保険を兼ねたクローンに魂を移植する事で復活した諸悪の根源繋がり。映画版でのバーべム卿のキャラクター像は彼とマモーを掛け合わせたようなものと言えよう。ちなみに、中の人は一色真の人である。

関連記事

親記事

ラーゼフォン らーぜふぉん

兄弟記事

コメント