ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

タナトス(聖剣伝説2)

たなとす

ヴァンドール四天王1人にして、聖剣伝説2で起きた数々の悲劇の原因となった全ての元凶であり、本作の真の黒幕である古の魔法使い。画像最上段の人物。
目次 [非表示]

新しく生まれ変わった体と

マナの要塞によって、真の世界を創り上げるのだ!!

フハハハ!


概要

CV:中田譲治(リメイク作『聖剣伝説2 SECRET of MANA』でのキャスト)

ヴァンドール四天王の1人。髑髏仮面素顔を隠している魔術師であり、魔法騎士の異名を持つ。謎の多い男であり、レジスタンス側でもその全貌は掴めていない。

ランディたちの行く先々で遭遇する為、四天王の中では一番登場回数が多い(四天王で最初に戦うゲシュタールよりも登場が先である)。

ただし、ファウナッハ以外の仲間と行動しているシーンは一度もなく、皇帝と四天王が揃っている場面でもタナトスだけいなかった。


古の文明や知識、魔術などに詳しく、策謀を巡らし裏で暗躍する事を得意とする帝国の優れた軍師であり、

北の魔女・エリニースに魔力の源の薬草を渡したり(その代償として、彼女にパンドーラ王国の人々の生気を抜かせていた)、精霊・ドリアードの力を封じ込めて本来の力を出せないようにするなど、強大な魔力を有している。



本編中の活躍

ヴァンドール皇帝に付き従ってはいるが、その裏ではプリムの想い人のディラック誘拐したり、操ったディラックが連れてきたプリムの生命エネルギーを利用しようとしたり、ファウナッハを唆して皇帝を出し抜いて暗殺するなど、独自の思惑で動いているような節がある。またパンドーラや帝国民から生気を抜き取っており、ジェマには疑問を抱かれていた。この抜き取った生気をどう利用するつもりだったのは不明。更にはディラックから「女の生き血が必要」と語られており、タナトスがプリムの生命力に驚嘆するような描写がある。彼自身が生気や生き血を求めたのか、配下のバンパイアのエサにするつもりだったのか不明。


自身の野望の為には利用できるものは全て利用する非情にして冷酷な野心家でもあり、(おそらく)用済みになったファウナッハをランディたちを使って排除し(ただしファウナッハがランディたちに挑んだのは時間稼ぎと個人的な恨みからである)、更にマナの神殿からの脱出の時間稼ぎの為にゲシュタールを機械人形として蘇らせて利用するなどの行為をみせている(生前のゲシュタールはタナトスから聖剣の勇者達三人の報告を聞いているが、タナトスの目論見には気付かなかった模様)。


その真の目的は古代兵器・マナの要塞を復活させ、それを用いて世界の王へと君臨する事


その為にヴァンドール帝国を利用して要塞復活の為のマナエネルギーを集めさせていた本作の真の黒幕にして全ての元凶であり、その正体は魔界を売り渡し永遠の命を得ようとした古の魔法使い。


が朽ち果てる度に数十年に一人だけ生まれるとされる闇の力を持った他人の体に乗り移り続け生き続けてきたが(それ以外の人間の身体だと彼の力に耐え切れず体が粉々になって爆発してしまう)、永きに渡り生き続けた結果、精神を蝕まれ生への執念と怨念の塊の権化ダークリッチと化してしまっており、ディラックを誘拐し、最後まで手放さなかったのも今の体が限界を迎え朽ち果てようとしていた為、新たな器として彼の肉体を奪う為であった。


マナの要塞を復活させ、もっとも邪魔な存在となるマナの樹(ランディの母親)を破壊した後、世界を救う為、全ての決着を付ける為に乗り込んできたランディたちの前で闇の力を持ったディラックの肉体を奪い取ろうとするが。激昂したプリムの一撃を受け現在の肉体を滅ぼされる。


はうぅっ! …クッ、し、しまった…うぐぐぐ、げぶっ

かっ、体が朽ち果てる! …ううっ

た、たすケふぇ…ぐええ…

お、おのれぇぇ…

うおおおぉぉぉ…


しかしその寸前でディラックの肉体への憑依を成功させ、嘆き叫ぶプリムをあざ笑うかのように「私がディラックだ!」と勝ち誇る。


…クックック…フハハハハ!

乗り移りに成功したぞ!

残念だったな! これで世界は私のものだ!

フハハハ…は、は?

な、なんだ!? 動きが取れん!

うおぉ、やめろぉぉ!

完全に体を奪い取られる前にディラック本人が強靭な精神力でそれを阻み、彼の正体とプリムの事をランディに告げると自害した為、肉体を得る事に失敗し遂にその醜い正体を曝け出す。



『聖剣伝説2 SECRET of MANA』で付け加えられた設定

今現在の体が朽ちかけている為、体の左半身がになっていて、マントでいつも左手を隠しているアシンメトリーになっている)。

3Dだからこそ可能になった表現であろう。



その他

ヴァンドール帝国四天王はタナトス以外の四天王が三馬鹿であり、タナトスがヴァンドール皇帝や四天王リーダーのシークよりも強いという変わった構成になっている。皇帝暗殺を紅一点のファウナッハにやらせ、自滅させてしまった点は、同社キャラクターのケフカFF6)よりも腹黒いかもしれない。


リメイク版の公式ガイドブックに付属されている年表では魔界と契約し、ダークリッチと化したのが、数百年前との記述が書かれている。古代文明時代は年表にすら載らないほど遥か過去であり、タナトス自身は古代文明から生きていた訳ではない模様。

ヴァンドール皇帝達の闇の力を得たのは15年前とも明言されているため、こちらはタナトスが仕掛け人だった可能性が高いと思われる(メンバーの中で最も早い時期に魔界と契約しているため)。


台詞だけ見ると若い印象を受けやすいが、実際のボイスでは老いを感じさせる演技となっている。



まさかの

タナトス実装ありがとう

聖剣伝説エコーズオブマナ(EoM)にてプレイアブル化

武器はロッド。声優はリメイク版と同じく中田譲治が担当。

魔法使い系の例に漏れず接近戦が苦手なため距離を取って逃げながらイビルゲートなど闇属性魔法が主体となる。なお、ダークハンドは雑魚敵をのけぞらせるので距離詰められていても一方的に攻撃できる。

知性面ではアンジェラには及ばないが自身と控えの知性を上昇させることができるため、魔法使い系のキャラと組ませるといい。初期レアリティが星2故にガチャで排出されやすいため、限界突破させやすいのもありがたいところ。



関連タグ

聖剣伝説2 ヴァンドール帝国

四天王 黒幕

関連記事

親記事

ヴァンドール四天王 ゔぁんどーるしてんのう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19237

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました