ピクシブ百科事典

ヴァンドール帝国

ばんどーるていこく

ゲーム『聖剣伝説2』に登場する架空の帝国。
目次[非表示]

概要

ゲーム『聖剣伝説2』の、ヴァンドール帝国の人々、考察を書いた作品
(特に、ヴァンドール皇帝と、その直属の四天王を描いた作品)に付けられるタグ。
聖剣の勇者に倒された彼らのこと、時々でいいから思い出してください。

また、『聖剣伝説 ファイナルファンタジー外伝』のGBAリメイク作『新約聖剣伝説』でも名前のみの登場。こちらは原作において「バンドール帝国」と呼ばれていたのを改名したものになる。

ヴァンドール帝国ってこんなところ。

かつては平和な国家だったが、15年前、タスマニカ共和国に戦争を挑んで敗北して以来、変わり始める。世界統一を目指し、軍事力を強化し、国民に重税を課し、帝国の地下はモンスターでいっぱいになっている。帝国兵のみの部隊とモンスターのみの部隊がいる(帝国兵にはニンジャ系の兵士もいる)。中には、魔界と契約して人間じゃなくなってっしまった者もいる。
世界中のマナの神殿(8精霊と、8属性の力を秘めたマナの種子が祭られているところ)の種子の封印を解き、マナの要塞を復活させようとしている。
帝国本土の大陸にあるサウスタウン(小さい都市)、ノースタウン(大きい都市)、帝国古代遺跡寺院のほか、金の亡者・マンモンがいる黄金島、ゴールドシティーも帝国の領土である。
とまぁ、要するに、ファンタジー作品におけるコテコテな敵の帝国。

初代・聖剣伝説に登場するバンドール帝国が、2の味方側のパンドーラ王国の元とも、2の敵側のヴァンドール帝国の元とも取れるのはスタッフの意図である可能性が高い。

帝国に抵抗するレジスタンスの元リーダー・サグ(クリスの父親)、タスマニカ共和国のスパイのマリクトの夫、大森林の四季の森から入れる妖精村の妖精たち(ポポイのじっちゃん以外は消息不明)などが、ゲーム中で判明している帝国の犠牲者である。
亀の甲羅島には帝国が怖くて帝国から逃げてきた元王族がいたりする。
帝国領土の黄金島の人々は日々黄金島が金の重みで沈んでいく為少しずつ氷の国に逃げている。

カッカラ砂漠でタスマニカ共和国のサンドシップ(帝国軍が火の神殿に近付かないように巡回していた)が大破し、ランディ達とレジスタンスが帝国の罠にかかって皇帝宮殿の牢屋に入れられ(その際、ランディ達がメタルマンティスの穴に突き落とされるなどの嫌がらせを受けた)、タスマニカ共和国のレムリアン城にシークが忍び込んでスパイ騒動が起こり、帝国の関係者にルサ・ルカが水の神殿の地下牢に閉じ込められるなど、帝国軍のせいで数々の余計な事件が起きている。
また、ゲシュタールが水の神殿のルサ・ルカを、タナトスがマナの神殿のドリアードを襲った様子が確認されている。ジェマさん曰く、パンドーラ王国にも帝国軍が来たが、なんとか退けたとのこと。
ゲームをプレイすれば分かるが、帝国内では内紛も起こっている。

ゲーム本編がPC三人とフラミーの成長、8武器、8精霊を使ったモーションバトルの楽しさに主眼が置かれている為、とにかく影が薄い。

  • 妖精村にアックスビークを放ったのは誰なのか。
  • どうしてノースタウンと比べてサウスタウンは家が少ないのか。
  • マンダーラのびでいおに記録されている「ロリマー王国の首都ウェンデルにミサイル攻撃を受け、報復攻撃をしかけた帝国」とはヴァンドール帝国のことなのか(ロリマー王国の首都ウェンデルはゲーム中には登場しない)。
  • メカだけで戦っているゲシュタールは魔界と契約しているのか。
  • どうして帝国の軍事力が跋扈している世界で、メカよりも魔法のほうが強いのか。
  • 魔界とは何か(ゲーム中では帝国と精霊シェイドの口から存在を聞くことができるのみ)。
が、しばしばファンの間で議論になるとかならないとか。

関連タグ

聖剣伝説2 レトロゲーム
ゲシュタール シーク ファウナッハ タナトス
マシンライダー メガゾーン ラミアンナーガ ダークリッチ
ヴァンドール皇帝 クリス(聖剣伝説2) レジスタンス(聖剣伝説2) マリクト
ケチャ スイカ ┌●┐

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァンドール帝国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2893

コメント