ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ダークリッチ

だーくりっち

ゲーム『聖剣伝説』シリーズに登場するリッチの上位系モンスターの名称である。メイン画は聖剣伝説2のダークリッチ。
目次 [非表示]

概要

聖剣伝説シリーズに登場するリッチの上位系モンスター。

聖剣伝説2及び同3に登場し作品ごとに設定が異なるが、いずれも物語において重要な役割を担う大ボス(『2』ではラスボス前、『3』ではラスボス)として登場しているという共通点を持っている。


作品ごとに対する解説は下記を参照されたし。



聖剣伝説2

呪術師

グググ、許せん! せっかく手に入れた体をぉ…

このままでは消滅してしまうぅ

こうなったら、いちかばちかだぁ!お前らの体をよこせぇぇ!ぐはあぁぁ…


概要

CV:中田譲治(リメイク版での配役)

ヴァンドール帝国四天王の1人にして聖剣伝説2で起きた数々の事件の真の黒幕であるタナトスの正体にして、魔界を売り渡し永遠の命を得ようとした古の魔法使いが永きに渡り生き続けた結果、精神を蝕まれ生への執念と怨念の塊の権化と化した成れの果ての姿。


本編中の活躍

物語終盤では肉体が既に限界に達しており、朽ち果てる寸前であるため「闇の血」を引いた者であるディラックに乗り移る事を目論み、成功させるがディラックの精神力によって自害されてしまい肉体を失う。

本来は闇の血を引いた者以外に乗り移ると肉体が力に耐えられず爆発してしまうらしく、条件を満たせる肉体がなくなったためヤケクソになってランディたちの肉体を狙い始めた。


しかし、大幅な成長を遂げたランディ、プリムポポイの三人に勝てる筈も無く返り討ちにされ、消滅。その醜い野望と共に完全にこの世から滅ぼされた…。


他人に頼らなければ生きられない身でありながら、他人を利用し、切り捨てる生き方はランディたちとは対照的と言えなくもない。


死に際には「私は…私は…ぐわあああっ!」と叫んでおり、最期に何かを言い残したかったようだが叶うことなく消え去った。


これで全ての悲劇に終止符が打たれたかと思われたのだが


戦闘

太古から生き続けて来た魔法使いだけあり、『ダークフォースLv8』『イビルゲートLv8』『フリーズLv8』といった高Lvの魔法や『フリーズビーム』 『石化ビーム』といった様々な状態異常攻撃を駆使してランディ達の肉体を奪おうと襲い掛かってくる。また、ワープして姿を消し両腕のみを表出して気絶効果を持った攻撃を仕掛けることも可能。

ただしアンデッドである為、属性に弱い。


余談

また、このダークリッチ戦専用のBGM「呪術師」がケチャを取り込んだ一度聞けば忘れられない楽曲になっており、「危機」⇒YouTube、「子午線の祀り」⇒YouTubeに並ぶ名曲となっている


オリジナル(SFC)


リメイク



聖剣伝説3

聖剣伝説3

見よ…これがワシの本当の姿だ!ワシは自らの体に

「転生の秘法」を使う事により、死を超えた存在ダークリッチ

となり、今また神を超える力を手に入れた!

さあ、お前達もラクにしてやろう。死ぬがいい!


概要

CV:武虎(リメイク版での配役)

仮面の道士が自らに『転生の秘法』を用いる事で生まれ変わった真の姿で、ケヴィンシャルロット編のラスボス。「息子を洗脳して操り人形にする」「自分を追放した者たちへの復讐が目的」など獣人王や獣人たちとよく似た境遇を持つ。


自身を“死を越えた存在”と称し、“不死”という特性まで得た存在で、その姿は頭部が(何となく人間の顔をしたゼノモーフがアンデッド化したような感じの)髑髏のような禍々しい怪物のものとなっており、巨大な両腕に胴体には魔術師のようなローブを纏っているという異形。


本編中の活躍

全編共通

本名はベルガー。聖都ウェンデルの光の司祭と共に闇の司祭としてウェンデルを守ってきた崇高な人物だった。ウェンデルを訪れた不治の病に冒されたある1人の少女を救うために禁呪である“転生の秘法”の解読を試みる。その呪法の解読に成功したものの時既に遅く、その少女を救う事は叶わなかった。彼女を救えなかった事に落胆するベルガーに追い討ちをかけるように、聖都ウェンデルは呪法に手を伸ばしたベルガーを追放(ペダンの住民の発言から転生の秘法の件は表沙汰にはされておらず、闇の司祭ベルガーが反乱を起こしたためと情報改竄されている)、さらにその呪法にかけられた闇の呪いの為にばかりか心までもが醜く歪み、自らに転生の秘法を掛け続けて闇の怪物「ダークリッチ」に変貌。世界の全てを死の世界に変えるという歪んだ思想に取り憑かれてしまった。死を喰らう男によって連れ去らわれたヒースを自身に忠実な下僕となるよう洗脳、アンデッドへと変貌させる。

ケヴィン・シャルロット以外が主人公の場合

フェアリーを拉致した別の勢力によって殺されたことが死を喰らう男によって語られ、本拠地のミラージュパレスも滅亡。姿を現す前に物語から退場する。

ケヴィン・シャルロットが主人公の場合

ミラージュパレスまでやってきた主人公たちの前にて、仮面の道士はマナの剣を破壊。剣に集まった神獣たちの力を吸収し、マナの女神を超える“神”となったと告げる。しかし、マナの女神の抵抗を受け、仮面の道士は女神を完全に始末し、女神の持つマナも奪うため聖域へ向かう。主人公たちはマナの樹のもとへ辿りつくも一足遅く、マナの樹は枯れ、女神が死んだと語る。自分を追放した人間への憎悪を抑えるために着けていた仮面を外し、真の姿を現す。自身を“死を超えた存在”と称し、不死の存在にまで上り詰めた自身を倒せるのは“マナの剣”しかないとし、全ての人間に死の裁きを下すべく、主人公たちと最後の決戦を演じる。しかし、借り物の力では主人公たちの心にある『希望』というマナの剣を折ることはできず、敗北を喫する。不死となったはずの自分の敗北が信じられず、本当の死が訪れることとなった。


戦闘

他のラスボス2と違い自身の属性が変化すると体の体色ではなく背景の色が変化するという特徴を持つ。リメイク版では四角形のステージで戦うこととなり、東西南北のいずれかに移動しつつ攻撃してくる。



番外

かつて配信されていたGREEゲーム「聖剣伝説 サークルオブマナ」の最終イベント『Circle Of Mana』では、奇跡的に復活を遂げた仮面の道士が別世界のダークリッチであるタナトスと邂逅し、タナトスの方が吸収されるという展開が存在した(その結果ディラックは死ぬ事無く助かった)。



関連項目

聖剣伝説 聖剣伝説シリーズのモンスター一覧

聖剣伝説2 タナトス(聖剣伝説2) ケチャ

聖剣伝説3 闇の神官ベルガー リッチ 死を喰らう男 堕ちた聖者


他の黒幕たち

ヒュージドラゴン アークデーモン(聖剣伝説3)

関連記事

親記事

聖剣伝説シリーズのモンスター一覧 せいけんでんせつしりーずのもんすたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14430

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました