ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:勝杏里
本作のラスボス(デュランアンジェラ主人公の場合)。
紅蓮の魔導師、黒耀の騎士が与する黒幕であり、強大な闇の魔力を持ったドラゴン族の長・竜帝の(おそらく)本来の姿。

12年前、ドラゴンたちを率いて『第二の世界大戦』を引き起こした張本人であり、「古の都ぺダン」を壊滅させるなど世界中に災厄を撒き散らしたが、本拠地であるドラゴンズホールにてフォルセナの王子リチャードと、黄金の騎士ロキと戦った。最期はロキの捨て身の攻撃に不覚を取り、相討ちになって深い谷底へと共に落下していった。

肉体は死んだものの精神はまだ生きており、後にドラゴンズホールを訪れた紅蓮の魔導師と出会う。魔法大国の生まれでありながらまるで魔法が使えないことを悲嘆する彼の弱みに付け入り、強大な闇の魔力を与える代わりに命の半分を譲るように契約を交わし復活を果たす。しかし人間一人の命では全盛期の力を取り戻すには程遠いため、聖域に眠るマナの剣を利用して神獣たちの力を取り込み、一気に完全復活を目論む。そのために、契約により忠実な部下となった紅蓮の魔導師と、自身と共倒れとなったロキを黒耀の騎士として復活させ、世界各地のマナストーンの力を解放し、聖域へのトビラを開かせようと目論む。

デュラン、アンジェラが主人公でない場合は、フェアリーを拉致した別の勢力によって本拠地ドラゴンズホールに送り込まれた刺客に暗殺されてしまい、姿を現す前に物語から退場する。

二人が主人公の場合は、紅蓮の魔導師と黒耀の騎士が聖剣を抜いた主人公たちの隙きを突いてフェアリーを連れ去り、彼女と理の女王を人質に聖剣を奪取。間もなく、力が解放されたマナストーンから8体の神獣が復活し、世界は混沌を極めることとなる。

その後、主人公たちは各地の神獣を討伐することになるが、これにより暗黒剣へと変異させたマナの剣が神獣の力を次々に吸収、ついに8体全てが倒された後に剣を破壊し、蓄積されたエネルギーを取り込んだ。その魔力は絶大で、自らをマナの女神をも超えた存在“超神”と称し、如何なる存在も自分を斃せる者などいないと豪語する。

しかし間もなく、マナの女神による最後の抵抗で苦しみだし、急ぎ女神を倒すために聖域へと入りマナの樹を切り倒す。一足遅れて駆けつけた主人公たちに女神の死を伝えると共に、自らもドラゴンとしての姿を顕にし、最後の決戦に挑む。

人物

一人称は「わし」。
他の黒幕たちと同様に強い野心を持った存在であり、そのためであれば死者の魂すら利用するなど手段は選ばない。黒幕たちの中では比較的これといった悲劇的なバックボーンなどが存在しないため、最も純粋悪と言えるキャラクター。しかし、主人公たちをドラゴンズホールで足止めさせるため自ら殿を申し出た紅蓮の魔導師には「うむ、遅れるな」と言伝を与えるなど一定の信頼を置いていた模様。

普段は人間と大差のない30~40代の男性のような姿をしており、羽を広げた竜の形をした金色の兜と緑色のローブ、赤い襟巻きをまとっている。また、兜の後部からは長い尻尾が伸び、胴体に螺旋状に巻きつけている。

真の姿はオレンジと白の二色の鱗からなる巨大なドラゴンで、甲冑のように段々に重なった大きな鱗や疎らに並んだ鋭い牙など醜悪な外見をしている(本人は神々しいと称しているが)。全身像が画面に収まり切れない程のその体躯]は、3体のラスボスたちの中では最も巨大な体躯であり、生命力(HP)も数値の上では一番高い(無敵化を行うアークデーモンの方が事実上高いだろうが)。そして最も恐ろしいのがその攻撃力の高さであり、属性の影響を受けない頭突き攻撃を一発食らうだけでHPが半分以下になる事もある。

戦闘時はその巨大な体躯を生かした攻撃と画面全体が攻撃範囲のブレス『フレア』や自身の属性を変化させ弱点を変化させるなど、攻守ともに長けた自身の特性を生かして主人公たちと最後の死闘を演じる。

しかし借り物の力では主人公たちの心にある『希望』というマナの剣を折ることはできず、敗北を喫する。肉体も精神も滅び、今度こそこの世界から完全に消滅した。

余談

尚、「ヒュージドラゴン」とはSFCオリジナル版におけるNTT出版の攻略本である『完全攻略編』において表記された名前であり、ゲーム中では変身した際には「巨大な竜」(恐らくこれをそのまま英訳したものと思われる)、ターゲット選択時には「竜帝」と表示される。Switch/PS4リメイク版では「ヒュージドラゴン」が正式名称となっている。
「竜帝」の称号は聖剣伝説レジェンドオブマナのドラゴンキラー編ボス、ティアマットも名乗っている。

かつてサービスが展開されていた「サークルオブマナ」でも、1年4か月(サービスの期間が2年半だったので半分以上の期間がイベントに充てられた)の長きに渡って続いた神獣イベントで最後の敵として登場しただけでなく、後期にあたる並行世界編ではよりパワーアップした形態である神竜へと変貌を遂げた。

なお、2020年リメイク版『TRIALS of MANA』では、人間形態時の外見がプレイヤーの間で何かとネタにされる傾向があり、ついにはPC版向けに彼を題材としたネタ系MODが数多く製作される。

関連項目

聖剣伝説3 ラスボス 黒幕 /ドラゴン
紅蓮の魔導師 黒耀の騎士
デュラン アンジェラ 英雄王 
りゅうおうドラゴンクエスト):ラスボス、竜族の長、人間形態とドラゴン形態を持つなど共通点が多い。

他の黒幕:ダークリッチ アークデーモン

関連記事

親記事

聖剣伝説3 せいけんでんせつすりー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒュージドラゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2329

コメント