ピクシブ百科事典

ゼーブルファー

ぜーぶるふぁー

RPG『聖剣伝説3』にボスの一体として登場する、闇の神獣。
目次[非表示]

概要

聖剣伝説3』に登場する神獣の一体で闇の神獣。フォルセナの図書館で唯一名前が記されていない存在。

実は過去に一度復活を果たしている。
世界大戦の後、人々が「古代魔法」と呼ばれる呪法でマナストーンのエネルギーを奪い合うようになり、そこへ闇の魔物たちがつけ込んだことで二度目の大戦が勃発。闇の力が高まったことで闇のマナストーンの封印が解けてしまう。しかし、マナの女神によって闇の魔物たち諸共「魔界」へと追放された。その後、再びマナストーンの姿となった。

上気の事実は世間的には知られておらず、精霊のシェイドであっても「いつの間にか闇の神獣が姿を消した」という認識だった。

劇中では黒の貴公子がその命と引き換えに現世へと召喚し、後に闇のマナストーンが解放されたことで二度目の復活を果たすこととなる。

主人公によって出現場所が違うが、神獣との闘いではいずれも最後に立ちはだかる強敵となる。具体的にはラストダンジョンの手前のダンジョンで戦うこととなる。

中央に本体である女性の顔、左右には男性の顔の三体の生首が配置された、三位一体のボス。左右の首をいくら倒してもダメージにはならず、本体である女性を倒さなければ勝利できない。

戦闘BGMはかなり静かだが、遊んだ人によっては闇のなかで不気味に浮かび上がる生首や、敵としての凶悪さ、中央の顔のヘルサザンクロス発動時の顔等でトラウマ になるだろう。

『闇の神獣ゼーブルファー』



リメイク版でもこの演出があるが、ヘルサザンクロス発動=即死なので見たい人は注意。適正レベルで挑むとまず耐えられない
ちなみにオリジナル版より凶悪な強さになっているので、回復を怠るとあっという間に全滅する。はっきり言ってラスボスより強い。

その後、『聖剣伝説LOM』にも奈落のボスとして神獣の中からただ一人登場。LOMのゼーブルファーは紫色のウィル・オ・ウィスプのような本体がマップの四隅に男女の顔の彫刻に憑依して攻撃してくるというもので『3』時のような凶悪さはさほど見られない。
しかし、それでも外伝作品でただ1人(一匹?)だけ出演したその反動なのか『聖剣伝説HOM』では他の7体の神獣が登場する中、ストーリー本編はおろか、番外編のフリーバトルですら出番がもらえなかった。

余談

人の顔が中央に向かって奥、左右に並んでいる状態の構図のイラストにもタグが付いている場合がある。

ゼーブルでっていう



また、某クソアニメにゼーブルファー戦を模したシーンが登場した。

関連タグ

聖剣伝説 聖剣3 生首 神獣
みんなのトラウマ

関連記事

親記事

聖剣伝説3 せいけんでんせつすりー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼーブルファー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 642025

コメント