ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:佐藤拓也(フルリメイク作『聖剣伝説2 SECRET of MANA』でのCV)

概要

パンドーラ王国の騎士で、階級は少佐。パンドーラの東にある「キッポ村」出身(主人公のランディが住む「ポトス村」の近くにある)。発売前に出たゲーム雑誌では19歳と紹介されていた(攻略本には載っていない)。
プリムの父親・エルマン(パンドーラ王国の大臣)が彼の一兵士という身分をよく思っていなかった為に、魔女・エリニースの討伐という名目で遠ざけられてしまう。

そのことがきっかけで、プリムはディラックを追って家を飛び出し、彼はプリムの親友・パメラ共々、エリニースに魂を抜かれて抜け殻にされてしまった。ところが術に掛かりにくいことからタナトスに素性を勘付かれ、いずこかへ連れ去られてしまう。
魂を抜かれた彼とパメラを追う際に、プリムはパメラの本音を知ってしまう…。

ラストダンジョン深部にてディラックの素性とタナトスの正体が判明する。タナトスは永遠の命を得るために魔界と契約した魔法使いであり、数百年間、闇の血を持って生まれる人間に憑依し続けていた(常人ではタナトスの力に耐え切れず肉体が爆発してしまう)。今の世にて闇の血を引いているのがディラックであった。
タナトスによれば何者かによって闇の力を封じられ、反動で正義感の強い性格になったという(ランディの父親セリンは、聖剣を求めてポトス村付近にいたのでディラックと遭遇した可能性があるが、飽くまで推測でしかない)。
タナトスの肉体はプリムによって滅ぼされたが乗り移りは阻止できず、ディラックの肉体に憑依されてしまう。しかしディラックは精神力を用いてタナトスの支配に抗い、同化したことでタナトスの正体を暴き、ランディにプリムのことを託して自ら命を絶った。

闇の血を引きながら強い正義感を抱き、善人でありながら悪に操られるなど相反する人生を歩んだ彼だったが、最期の最後に愛する者のために自らの想いを貫き通したのだった。

その他

フルリメイク版『SECRET of MANA』では、タナトスに乗っ取られた際の声が『ドラゴンボール』のフュージョンのようにディラックとタナトス二人の声が重なっていた。
同じくSoMの幕間エピソードのプリムの惚気話で細かい設定が発覚。
博識で花言葉にも詳しく、恋人のプリムには会うたびにお花を渡していたらしい。部下や子供の言う事を聞いてあげるいいお兄さんキャラだったらしい。
また、髪型がモミアゲが隠されたショートボブにデザインされた。デザインラフの中にはモミアゲが強調されているものもある。

余談

  • NPCではあるが、ヒロイン・プリムの恋人という設定、正義感が強い設定、ドット絵の金髪イケメンなデザインからファンの人気は高い。ランディと初対面するのは、パンドーラの兵士と魔女討伐に行こうとしていた時に彼が大砲屋を使って目の前に飛んできた時であった。


  • ランディとは「隣村の出身同士」「特異な存在だが真の力を封じられている(ランディは聖剣の力が失われている)」「名前の語感が似ている」など共通点がある。SoMではキャラクターデザインのHACCAN氏にハッキリと「同じ文化圏に住んでいるため、服のデザインを似せた」と明言された。

  • クリスとも「金髪ショート」「若くしてグループのリーダー」「仲間を気遣う優しい性格」という共通点があり、クリスはプリムと対になる要素も持つ。

  • 2にランディ&ディラックが出た後から3のデュラン、4のエルディと、ナンバー付きの聖剣伝説の主人公に「LAND」を意識したような名前を付ける伝統が続いた。


  • 同じく闇の要素を持つ闇の精霊・シェイド(元・魔界の王)、闇の騎士・シーク、試練の回廊の闇堕ちしたPC三人との関係性は不明である。

  • 新約聖剣伝説に「デュラック」という彼の類似品(ディラックが元ネタなのか、デュランが元ネタなのか)が登場し、『本名・パメラのマリーという名前の女性と恋中だったが、長年氷漬けになっていて、封印が解けた頃にはマリーが既に老婆だったので結ばれなかった』というエピソードが出て来るが、スタッフの意図は不明。「聖剣2本編でディラックは氷漬けになっただけで死亡していない」「聖剣2本編でパメラはプリムからディラックを寝取っていない。」という遠回しなメッセージなのかもしれないが、新約聖剣伝説の脚本家はジェマを知らなかったらしいので信用ならない。

関連タグ

聖剣伝説2 プリム パメラ(聖剣伝説2)
三角関係 男子力(ヒロイン)

関連記事

親記事

パンドーラ王国 ぱんどーらおうこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ディラック」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ディラック」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40404

コメント