ピクシブ百科事典

シーク(聖剣伝説2)

しーく

ゲーム『聖剣伝説2』の、ヴァンドール帝国四天王のリーダー。球形の魔界植物・メガゾーンに変身する。
目次[非表示]

概要

聖剣伝説2の登場人物。ヴァンドール帝国四天王の一人で、リーダー格で、闇の騎士。
紫色の髪、紫色のマントの男(ゲーム中にこの服装が出るのは二回のみ)。
一人称は「私」。

暗黒剣を扱うダークストーカーとなり、タスマニカ共和国に潜入し、国王になりすまして帝国に全面降伏し、国王を暗殺しようとしていたが、偽物の国王に影がなかった為にジェマに正体を見破られてしまう。
某ゲームのバシルーラのような魔法を使って、城の人間を遠くに飛ばし、ダークストーカーの姿でランディ達を抹殺しようと試みるも、撃退される。

この時の恨みを晴らすべく、マナの神殿でヴァンドール皇帝に自らランディ達と戦う役割を志願。
自分より先にヴァンドール皇帝とファウナッハを祭壇に向かわせて、マナの神殿の最深部に向かうランディ達を妨害すべく、木の魔法を操るメガゾーンに変身する。
戦う前に、ヴァンドール帝国の力が、魔界から授かった力であることを語る。

帝都ノースタウンのイベントでも顔だけを見せていて、ランディ達がゲシュタールと戦う前に、皇帝、ファウナッハと共に、姿を消す魔法を使って各神殿に向かった。

夏の風物詩


変身後の姿が足の生えたスイカにしか見えず、プレイヤーの笑いを誘った。
闇の騎士なのに、変身後に剣をまったく使わないのはどうなのか…。
メガゾーンは、聖剣伝説1に雑魚敵の姿で登場している。
メガゾーンの英訳「Aegagropilon」はまりもの意味。

聖剣伝説 CIRCLE of MANAではヴァンドール皇帝や他の四天王がカード化され、イベントにも登場したが、彼だけはイベントの登場が一切無く、一枚もカードが描き下ろされずにサービスが終了した。聖剣伝説LOMの主人公に自動に付く名前(過去の聖剣シリーズに登場したキャラの名前が出てくる)で、四天王で彼の名前だけ出なかったこともある。電撃スーパーファミコンの付録の冊子で、彼以外の四天王はそこそこドット絵に忠実に描かれていたのに、彼だけドワーフのような髭面に描かれていたこともある。FFRKの聖剣コラボでも四天王で一人だけ登場しなかった。このように、ただでさえ不遇な四天王の中でも、特に酷い扱いを受けている。ゲーム中では前と左しか向いてないが、プログラムには彼の後姿も内蔵されている(SFC版)。

マジカルバケーションに、彼の初台詞(タスケテクレー)、聖剣伝説LOMに、彼の台詞に似た台詞(コロがしてやる!)が出てくる。

二次創作(マイナーもいい所だが…)で見かける解釈

  • エリート真面目冷静沈着
  • 影が薄い
  • タスマニカ共和国で見せた高い魔力はメガゾーンになって得たものではなく、元々持っていたものである。
  • プライベートではゲーム中の口調ではなくなる。
  • 東洋風の国出身か、その関係者である(ゲーム中に手裏剣、忍者の小手が登場する為)。
  • ラスダンのマナの要塞にいる「マスターニンジャ(ダークストーカーの上位変換)」の強化版を目指していたが、強さを求め過ぎて、道を誤ってしまった。
  • ファウナッハ共々、魔界と契約した時点で人間ではなくなっている。
  • ファウナッハと結託してヴァンドール皇帝を裏切ろうとしていた。ゲシュタールだけは下っ端なので、皇帝に逆らえなかった。
  • まるで四季の森花見野点でもしていそうな着物を私服にしている(桜餅に似たラビリオンと並んだら絵になりそうである)。


関連項目

聖剣伝説2 ヴァンドール帝国
四天王 ダークナイト ┌●┐

pixivに投稿された作品 pixivで「シーク(聖剣伝説2)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 605

コメント