ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ヴァンドール帝国四天王とも言う。
メイン三国の一つ・タスマニカ共和国に宣戦布告しているヴァンドール皇帝に付き従っている四天王。

人間形態魔物形態詳細
ゲシュタールマシンライダー四天王で最も出番が多い。魔界と契約しているか不明。
シークメガゾーン四天王のリーダー。皇帝の詳細を語る。
ファウナッハラミアンナーガ四天王の紅一点。皇帝を暗殺する。
タナトスダークリッチ四天王の黒幕。魔界と契約した古の魔法騎士。
の4人。
ヴァンドール皇帝共々一見人間に見えるが、魔界と契約して人間ではなくなっている(タナトスに至っては、肉体の中の人が本体である)。ランディプリムポポイを子供扱いするが、おそらく、正式な年齢がない。
ゲシュタールだけはマシンライダー1の頃まで人間で、その後機械と同化し、魔物化していったような演出がある。
新作『聖剣伝説2 SECRET of MANA』(SoM)で焦点を当てられることになり、公式イラストが用意された。
『聖剣伝説 CIRCLE of MANA』でも、シークを除いてカード用の挿絵が描かれた。

ゲーム中での扱い

ルサ・ルカと出会った時に帝国の存在が明らかになり、エリニース城、パンドーラ古代遺跡でタナトスの存在が明らかになり、ヴァンドール皇帝と残り3人は少し後から出てくる。
精霊のいる各神殿の封印が弱まり、精霊を脅かすぱっくんトカゲやファイアギガースなどのモンスターが暴れ出し、マナの種子の持ち逃げ騒動が流行るのを待っていたかのように。

4人とも精霊がいる8大神殿とよく関わっている。
ゲシュタールは水の神殿のルサ・ルカを囮にし、皇帝宮殿ではヴァンドール皇帝&シーク&ファウナッハがゲシュタールを残して各神殿に向かい、タナトスはマナの神殿(シーク&ファウナッハとの戦い、ヴァンドール皇帝の最期が描かれる場所)のドリアードの魔力を封印している。

モンスターを使役することもあり、ゲシュタールは双頭竜のジャバウォックを、タナトスは乙女の生き血を吸うバンパイアを使役していた。

タナトスはパンドーラ王国&ヴァンドール帝国のお化け屋敷風のステージに出現し(BGMがダークリッチの専用BGM「呪術師」と曲調が同じ)、タナトス以外の三人はタスマニカ共和国関連のイベントによく関わっている。ゲシュタールをサンドシップを、シークはレムリアン城を、ファウナッハはタスマニカ共和国&ヴァンドール帝国が調査していたマナの神殿が進化した大神殿をそれぞれ担当している。そして、大神殿のドリアード&残りの三人&皇帝を間接的に始末したのはタナトスであった。

スコーピオン団が聖剣を狙う描写があったのに対して、皇帝&四天王が聖剣を狙う描写はない。また、フラミーを狙っている描写もない。
マナの種子(聖剣で封印ができる)、妖精村、マナの樹マナの要塞、神が遣わす神獣(フラミーに似ている)には狙いを定めていたようだが…。

悪役に類を見ない不遇さ(だが、それがいい)

魔界の力に魅せられた反面教師な大人の集まりであり、各々が「笑ゥせぇ○すまん」のゲストのようなお似合いの末路を迎える。
変身後の姿が鬱陶しく(タナトスに至ってはBGMも鬱陶しい)、裸踊りを見せられてる気分になる(強さよりもそっちがトラウマになっているプレイヤーが多い)。
念の為、彼らはネタキャラ担当ではなく、シリアスな笑い担当である(ギャグ悪役は別にいる)。

美形の悪役集団という設定は3の悪役に、残念な大人の集団という設定はLOMエスカデ組に受け継がれている。

空気なものの…

ゲーム雑誌のリメイク版(SoM)の記事に「主人公との関わりだけでなく、彼ら同士の関係にも注目しよう」と書かれていた。
TGS2017のステージで、公式スタッフが「こういう悪役ほどバックボーンがあっていいキャラが多い」「特に女性の悪役に惹かれる」と、2を悪の視点から考察して欲しいような説明をしていた。
リメイク版のSoMでは、幕間エピソードで「元々魔物のタナトスを除いて、帝国の人達には、根っからの悪役はいない」とランディが発言している。
つまり、彼らは「ダークサイドの主役」「悪堕ちした理由(空欄部分)を妄想で補完できる哀しき悪役なのだ。
ゲーム本編では、4人とも、意味深な台詞を発して襲いかかり、意味深な台詞を残して絶命している。
SoM発売を記念して、4人は「乖離性ミリオンアーサー」にゲストとして登場。隠れファンは歓喜したに違いない。

余談

  1. SFC版の没データで、シークとファウナッハの間にあと一人、白いマントを付けた人物が存在していた。
  2. 近未来風(ゲシュタール)、和風(シーク)、チャイナ風(ファウナッハ)、エスニック風(タナトス)を意識したようなキャラデザになっている。
  3. 魔法の最高レベルがランキングになっている(タナトス=8、シーク=7、ファウナッハ=6、ゲシュタール=5)。
  4. 聖剣2はFF4の初期案とクロノトリガーの初期案がベースになっているが、ヴァンドール四天王はこの二つの敵幹部(ゴルベーザ四天王&三魔騎士)とは異なるキャラ付けがされている。
  5. ゲシュタールを除く三人&皇帝は全員赤い目で、短めのエルフ耳(悪魔耳)をしていて、頭飾りを付けている。魔界と契約した者の証拠かもしれない(ルサ・ルカもこの外見だが、関連性は不明)。ファウナッハはソーシャルゲームで緑目に描かれていたこともある。
  6. SoMの幕間エピソードで、シークがタスマニカ王に成り済ました後、ランディ、プリム、ポポイの間で「一日だけタスマニカ王になれたら何がしたいか(ポポイ談)」「パンドーラ王に頼んでパンドーラ王に成り代わらせてあげようか(プリム談)」という王子と乞食のパロディのような会話が交わされた。他に、「もしも自分たちが(ヴァンドール皇帝&四天王のように)魔界と契約したら何のモンスターに変身したいか」という心に魔が差した議論も交わされた。よせよぅ。ちなみに、プリムは城の中は政治の話ばかりで窮屈だと語っている。
  7. マナの要塞には、ターミネーター(金色の戦闘用ロボット)、マスターニンジャ(ダークストーカーの上位互換)、サタンヘッド(ダークストーカーを召喚し、毒のブレスを吐き、HPが最大の雑魚敵で、まるで…)と、それぞれ、タナトス以外の四天王を彷彿とさせる雑魚敵が出現している。


関連タグ

聖剣伝説2 ヴァンドール帝国 四天王 異形化
悪役  やられ役 幹部(笑) 美形悪役 残念なイケメン
第三勢力たち
エリニース…タナトスに利用されていた、元善人の魔女。
スコーピオン(聖剣伝説2) / スコーピオン団…帝国軍&共和国軍の手口を真似して世界征服を行う。
サンタクロース…帝国と殆ど関わりがないが、マナの力の喪失で悪堕ちした。
マンモン…帝国領土に住む貴族で、金の亡者。マリクトの夫を処刑した。
その他
インペリアルクロス…会社繋がり。皇帝を四人の部下が護衛している構図が似ている。
ぷよぷよ!!クエスト…タナトス除く四天王の中の人が出てるので買ってね。
俺余ってるだろ!…ヴァンドール帝国のお江戸ぶり、皇帝のハブられぶりが似ている。

関連記事

親記事

ヴァンドール帝国 ゔぁんどーるていこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァンドール四天王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9065

コメント