ピクシブ百科事典

ヴァンドール四天王

ゔぁんどーるしてんのう

ARPG「聖剣伝説2」に登場する悪役。世界征服を狙うヴァンドール皇帝直属の部下。
目次[非表示]

概要

ヴァンドール帝国四天王とも言う。三大国の一つヴァンドール帝国の最精鋭戦力。
同じくの三大国に数えられるタスマニカ共和国パンドーラ王国に宣戦布告しているヴァンドール皇帝に付き従っている四天王。

人間形態魔物形態詳細
ゲシュタールマシンライダー♂。四天王で最も出番が多い。魔界と契約しているか不明。
シークメガゾーン♂。四天王のリーダー。皇帝の詳細を語る。
ファウナッハラミアンナーガ♀。四天王の紅一点。皇帝を暗殺する。
タナトスダークリッチ♂。四天王の黒幕。魔界と契約した古の魔法騎士。
の4人。
ヴァンドール皇帝共々一見人間に見えるが、魔界と契約して人間ではなくなっている(タナトスに至っては、肉体の中の人が本体である)。ランディプリムポポイを子供扱いするが、おそらく、正式な年齢がない。
ゲシュタールだけはマシンライダー1の頃まで人間で、その後機械と同化し、魔物化していったような演出がある。
新作『聖剣伝説2 SECRET of MANA』(SoM)で焦点を当てられることになり、公式イラストが用意された。
『聖剣伝説 CIRCLE of MANA』でも、シークを除いてカード用の挿絵が描かれた。

ゲーム中での扱い

ルサ・ルカと出会った時に帝国の存在が明らかになり、エリニース城、パンドーラ古代遺跡でタナトスの存在が明らかになり、ヴァンドール皇帝と残り3人は少し後から出てくる。
精霊のいる各神殿の封印が弱まり、精霊を脅かすぱっくんトカゲやファイアギガースなどのモンスターが暴れ出し、マナの種子の持ち逃げ騒動が流行るのを待っていたかのように。

4人とも精霊がいる8大神殿とよく関わっている。
ゲシュタールは水の神殿のルサ・ルカを囮にし、皇帝宮殿ではヴァンドール皇帝&シーク&ファウナッハが体の半分を機械化したゲシュタールを残して各神殿に向かい、タナトスはマナの神殿(シーク&ファウナッハとの戦い、ヴァンドール皇帝の最期が描かれる場所)のドリアードの魔力を封印している。

モンスターを使役することもあり、ゲシュタールは双頭竜のジャバウォックを、タナトスは乙女の生き血を吸うバンパイアを使役していた(ゲシュタールは普段はモンスターのみの部隊も率いている様子)。

タナトスはパンドーラ王国&ヴァンドール帝国のお化け屋敷風のステージに出現し(BGMがダークリッチの専用BGM「呪術師」と曲調が同じ)、タナトス以外の三人はタスマニカ共和国関連のイベントによく関わっている。ゲシュタールはサンドシップを、シークはレムリアン城を、ファウナッハはマナの神殿が進化した大神殿(タスマニカ共和国&ヴァンドール帝国が調査していた)をそれぞれ担当している。そして、大神殿のドリアード&タナトス以外の四天王3人&皇帝を間接的に始末したのはタナトスであった(タスマニカ共和国出身のマリクトはそのことを意外がっていた)。

スコーピオン団が聖剣を狙う描写があったのに対して、皇帝&四天王が聖剣を狙う描写はない。フラミーを狙っている描写もない。
マナの種子(聖剣で封印ができる)、妖精村、マナの樹マナの要塞、神が遣わす神獣(フラミーに似ている)には狙いを定めていたようだが…。

聖剣に関しては、終盤で人海戦術を用いて種子の封印を一斉に解いてしまったので、そこまで重視していなかったと思われる。

悪役に類を見ない不遇さ(だが、それがいい)

魔界の力に魅せられた反面教師な大人の集まりであり、各々が「笑ゥせぇ○すまん」のゲストのようなお似合いの末路を迎える。
変身後の姿が鬱陶しく(タナトスに至ってはBGMも鬱陶しい)、裸踊りを見せられてる気分になる(強さよりもそっちがトラウマになっているプレイヤーが多い)。

が、彼らはギャグキャラ担当ではなく、シリアスな笑い担当であり、ギャグ担当の悪役はスコーピオン団だけである。

彼らはダークサイドの主役である。

発売当時、あまりの影の薄さゆえに、得をした面もあれば、損をした面もあった。

リメイク版のSoMを特集していたゲーム雑誌には「主人公との関わりだけでなく、彼ら同士の関係にも注目しよう」との記述があり、TGS2017のステージで、公式スタッフが「こういう悪役ほどバックボーンがあっていいキャラが多い」「特に女性の悪役に惹かれる」と、2を悪の視点から考察して欲しいような説明をしていた。バックボーンは敢えてゲーム中では説明せず、プレイヤーに妄想させようというコンセプトなのだろう。

ヴァンドール四天王のバックボーンは残念ながらゲーム内では説明されていないが、その代わりにランディ「天涯孤独の身で、聖剣を引き抜いた為に、ポトス村の人々から迫害される」というトラウマを描写されている(「幼い頃に母親を亡くし、父親に好きでもない相手と政略結婚させられそうになったプリム」や、「妖精村から洪水で流されて記憶を失い、幼いながらにガイアのヘソの見世物小屋で生計を立て、故郷に帰ってきたら故郷が荒らされていたポポイ」も似たような境遇である)。
ランディたちは仲間たちの助けと成長のお陰で悪の道に走らずに済んだが、ヴァンドール四天王たちは、ランディ以上に辛い目に遭った「元人間」だった可能性が高い。

リメイク版のSoMの幕間エピソードでは「元々魔物のタナトスを除いて、帝国の人達には根っからの悪役はいない」とランディが発言している。

ゲーム本編では、4人とも意味深な台詞を発して襲いかかり、意味深な台詞を残して絶命している(オリジナル版のSFC版から変わっていない)。

2より後の聖剣シリーズにも影響を与えており、美形の悪役集団という設定は3の悪役に、残念な大人の集団という設定はLOMエスカデ組に受け継がれている。

SoM発売を記念して、4人は「乖離性ミリオンアーサー」にゲストとして登場した。隠れファンは歓喜したに違いない。

関連タグ

聖剣伝説2 ヴァンドール帝国 四天王 異形化
悪役  やられ役 幹部(笑)
哀しき悪役 美形悪役 残念なイケメン シリアスな笑い
第三勢力たち
エリニース…タナトスに利用されていた、元善人の魔女。
スコーピオン / スコーピオン団…帝国軍&共和国軍の手口を真似して世界征服を行う。
サンタクロース…帝国と殆ど関わりがないが、マナの力の喪失で悪堕ちした。
マンモン…帝国領土に住む貴族で、金の亡者。マリクトの夫を処刑した。
グレートボア…マタンゴ王国の先代王・マツケタン、フラミーの親を食らった恐ろしい魔物。
その他
インペリアルクロス…会社繋がり。皇帝を四人の部下が護衛している構図が似ている。
ぷよぷよ!!クエスト…タナトス除く四天王の中の人が出ている。
俺余ってるだろ!…ヴァンドール帝国のお江戸ぶり、皇帝のハブられぶりが通じるものが…

関連記事

親記事

ヴァンドール帝国 ゔぁんどーるていこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヴァンドール四天王」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヴァンドール四天王」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29865

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました