ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マシンライダー

ましんらいだー

ゲーム『聖剣伝説2』のボスキャラクターで、ヴァンドール帝国四天王のゲシュタールの戦闘形態。
目次 [非表示]

もしかしてロボライダー


概要編集

聖剣伝説2ボスキャラクター

ヴァンドール帝国四天王ゲシュタールが変身した姿で、

  • マシンライダー(カッカラ砂漠戦。)
  • マシンライダー2(帝都ノースタウンの皇帝宮殿の最上階戦。半身を機械に変え、サイボーグ化。この闘いで一度死亡した。)
  • マシンライダー3(マナの神殿の最深部。自我を持たない完全な魔法機械生物となり、タナトスに操られている。)

と三つの戦闘形態を持つ。

帝国兵士のアーマーナイト(雑魚敵)の強化版のような容姿をしている。

毎回、搭乗するホバーバイクの色が変わっている(1:銀色→2:鉛色→3:金色)。


ホバーバイクの先端部分には突撃用のランスが付いている。

ホバーバイクの前の空洞からは波動砲、後ろのポケットからはミサイルが飛び出す。

3のみミサイルを使わず、「拡散波動砲」を使う(スピードも前二つよりアップしている)。波動砲及び拡散波動砲の使用条件は「カウンタマジック・クイックの両方がかかっている状態でダメージを受ける」というものである。これが問題で、行動の優先順位がカウンタマジック→クイックで固定の為、クイックを自分でかけたカウンタマジックによってプレイヤー側に反射してしまい、(拡散)波動砲の使用条件がいつまで経っても満たされないのである。その為、使っているところを見るには、プレイヤー側がカウンタマジックを使用し、その後クイックを反射させてマシンライダー3にクイックをかけなければならない。

スマホ版では行動パターンが修正され、バンバン使用するようになっている。

毎回、土の魔法のスピードダウンを連発していれば楽に勝てる。

ゲシュタールがゲシュタルト崩壊していく様子は涙を禁じ得ない。


その他編集

マシンライダーは、このゲームで唯一の完全な人間形態のボスキャラクターである(元人間の人外型ボスは、他四天王と黄金島のゴーゴンタウロスのみ)。他に、マナの種子の影響で一時的に魔物になってしまったサンタクロースなどもいる。

機械のみのボスは、他にスコーピオン団の作ったガーディアンいちろう君とデスマシンジロー君がいる。


マシンライダー&マシンライダー2とマシンライダー3とで、倒される演出が異なっている。マシンライダー&マシンライダー2はゲシュタール本人は傷付かず、バイクだけが爆破される演出になっていて、消失せずに逃げていくだけで、2は城の屋上から墜落してるように見える。マシンライダー3のみ、ゲシュタール(機械人形)とバイクが同時に爆破され、消失する演出になっている。


体が傷付いてどんどんサイボーグになっていったのか機械に執着して機械と同化していったのかは解釈が分かれ、このゲームに登場するユニコーンヘッド(2では切り落とされた馬の生首設定だったが、後のシリーズでは命の宿ったチェスの駒になった)と一緒で原典の毒が抜けてカップ焼きそば現象を起こしていった、というのが妥当であろう(フィクションの元ネタの話はしてもキリがないが)。


リメイク作『聖剣伝説2 SECRET of MANA』版編集

鎧が普段のゲシュタールの鎧と同じになっていて(髪をまとめてヘルメットを被り、マントを取り、バイクにまたがるだけ)、「行くぞ」「ハハハハハ」「よけられるか」「ギブアップだ」と言いながら襲いかかってくる。

また、敗戦時の逃げていく演出が消え、爆発(消失?)するだけになっている。

マシンライダー3の時もボイスはあるが自我を失っているためか人語は発さない。しかし何かを訴えるように、狂人のように叫び続ける演出が付け加えられた(2の時点で、たまに狂人のような声を発する)。


断末魔の台詞は、

1:「ここまでとは…」

2:「私が…まさか…」

3:「ぐぁぁぁ~」

となっている。


関連タグ編集

聖剣伝説2 ヴァンドール帝国 ゲシュタール

ヤムチャ マケボノ みんなのトラウマ

マシンライダー(GBD)

関連記事

親記事

ゲシュタール げしゅたーる

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3985

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました