ピクシブ百科事典

マケボノ

まけぼの

マケボノとは敗者の姿のことである。
目次[非表示]

概要

2003年12月31日、ナゴヤドームでの「K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!」にて、元横綱・曙太郎VSボブ・サップの試合が行われた。K-1ファイターに転向した曙のデビュー戦、しかも相手は人気絶頂のボブ・サップとあって世間の話題を集め、高視聴率を記録した。

だが結果は惨憺たるものであった。体格差を利してサップをコーナーに追い込む場面はあったものの、慣れないグローブをつけての試合に曙は次第に劣勢になっていき、1ラウンド2分58秒、サップの右ストレートがクリーンヒットした曙は失神KO負けしてしまったのである。

そしてリングに倒れ伏す曙の姿がリング上空に設置されたカメラに映し出されるが、さながら車に轢かれた蛙のようであった。
その時の巨体が横たわったまま動かない姿が視聴者のシリアスな笑いを誘い、ネット上にはコラージュやパロディイラストが溢れ、いつしかこの倒れたアングルのことを「マケボノ」と呼ぶようになった。

その後

デビュー戦ばかり有名であるが、その後の経歴も惨憺たるもの。
2006年にリングを降りるまでの間、K-1ルールでは1勝8敗、総合格闘技ルールでは0勝4敗。
唯一の勝利も、とうに全盛期を過ぎた角田信朗に対する判定勝ちであり、あまり誇れた勝利ではない。

嗚呼、第64代横綱・曙よ……どうしてこうなった……

本当の話……

と、言う事で曙の弱さが目立つK-1参戦ではあったが、実の所この結果は当たり前である

そもそも、曙は両膝の怪我が悪化し、これ以上の回復が見込めない、と言う理由で引退しており、引退会見で「横綱として足を引きずった惨めな姿で土俵に上がりたくない」とまで発言している。
それほどの負傷で引退した上に、それからK-1参戦までに2年間も経過している。当然、引退後に現役並のトレーニングをしているとは思えず、衰えているのは間違いない。
また、曙が日本相撲協会を退職したのは11月5日。それ以前は親方だった訳で、流石に大々的にK-1の練習は出来なかった筈である。そしてデビューが12月31日。K-1ルールでの初戦まで、トレーニング期間はたった2ヶ月弱しかない。

つまり、いかに現役時代の曙が強かろうと、怪我で引退し、2年のブランクで衰えた上に、付け焼き刃のトレーニングでリングに上がって、まともに闘える訳がなかったのである。

結局、このK-1デビューは「横綱もK-1では弱い」と言う演出に使われた出来レースであった、と言うのが本当の所だろう。

また、対戦相手のボブ・サップは2013年に出版した暴露本「野獣の怒り」にて「(完全にダウンしているのに動かないレフェリーは)何をしているんだ!と思った」「(曙が)本当に死んでしまうと思った」と語っており、この時の曙は実はかなり危険な状態であり、そんな状況で見世物としての都合で放置されていたというのが真相だった。(前述のように関係者の目論見通りマケボノは最高視聴率を叩き出した。)

余談

また、すでに廃止になっているブルートレインあけぼの」が吹雪などの悪天候で運休することも「マケボノ」と呼ばれたこともあった。特に2004年の突風よる脱線事故を機に自然災害にナーバスになったことが主因であるが、さらに平坦線向けで大した空転対策もないEF81を、無理矢理勾配と豪雪のある上越線使うからこんなことに……。

関連イラスト

クエスト失敗
ipod風 マケボノ


動画


関連タグ

ヤムチャ orz シリアスな笑い
DEATHNOTE - 作中で夜神月リュークが観戦していた。
相撲艦隊 - 艦これの曙をネタにした作品はこちら。

pixivに投稿された作品 pixivで「マケボノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 248394

コメント