ピクシブ百科事典

ボビー・オロゴン

こんだぼびー

ボビー・オロゴン(Bobby Ologun)とは、ナイジェリア連邦共和国出身のアフリカ系日本人タレント、元・格闘家。
目次[非表示]

プロフィール

出身地ナイジェリア連邦共和国
生年月日1973年4月8日(本当は1966年生まれ)
身長182cm
ニックネーム(?)自称「21世紀の(オスマン・)サンコン」


現在の本名は「近田ボビー」であり、2007年日本国籍を取得している。
帰化前の名前は「カリム・アルハジ・オロゴン」で、ボビーはR&B歌手ボビー・ブラウンが由来となっている。
彼の父は6人の妻を娶るなど地元ではかなりの富豪で、ボビーは33人兄弟の3番目の子供として誕生。
上にはが一人ずつおり、兄・姉・ボビーはいずれも第1夫人の子供。

素人から格闘家へ

2001年TBSバラエティー番組さんまのスーパーからくりTV」のコーナー「ファニエスト外語学院」で芸能界デビュー。「ボビーと思います」「もす(押忍)!」「さんせい(先生)」などの微妙に間違った日本語と天然ボケのキャラクターで人気を得る。当初は、曲者ぞろいの生徒の中でも、特にふざけていたという印象を持たれていた。
そんな彼が変わったのは2004年に入ってからの事。前年大晦日に見たという「ボブ・サップVS」戦に触発され、柔道に挑戦(ボビーの持ち込み企画である)。古賀稔彦と試合をし、組み合った瞬間に古賀が「物凄い力だ」と驚愕。負けはしたものの秘めたる才能を見せつけた。このVTRを見た番組司会者の明石家さんまが、「K-1出場も夢ではない」と冗談半分で言ったことから、本格的に格闘技に挑む。
同年3月にはホイス・グレイシーと3Rのバトルを行なう。2R目で惜しくも敗れたが、ホイスを出血させるなど、健闘を見せたのであった。

もす!

 ・・・とは、ボビーの口癖とも言えるセリフ
これ以外にも何かと妙な言動が多く、相手を小馬鹿にしたような傍若無人な口調もあり、日本語を(微妙に)間違った言い回しを多用するなど、日本語はかなり怪しい模様。
・・・と言うのは真っ赤なウソで、実際にはそんじょそこらの日本人も色あせるほどの流暢な日本語を操り、その知識量もかなりのものであることがバラエティ番組でのドッキリで発覚。
また子供がテレビに出演した時には必ずと言っていいほど、「お父さんなんでテレビだとそんなに変な言葉なの?」と尋ね、お茶の間には笑いを提供している。

流石は元格闘家

かつてはK-1に参戦するなど、格闘技に関して覚えがあるらしく、その腕っぷしもかなりのもの。
例えばフジテレビ系列で不定期放映中の「TEPPEN」においては、他の力自慢芸能人を寄せ付けない強さで腕相撲大会で優勝している。

また、(どういうワケか)豪血寺一族にもゲスト出演してる。CVももちろんボビー本人・・・というか、何故出した何故出た
おまけにそのゲスト出演したソフトの発売日直前に不祥事を起こして、肝心のソフトの発売日を遅らせている。

関連タグ

ベルナール・アッカ:同じアフリカ系格闘家タレントだが、出身はコートジボワール

pixivに投稿された作品 pixivで「ボビー・オロゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29688

コメント