ピクシブ百科事典

マツコ・デラックス

まつこでらっくす

日本のコラムニスト・タレント。ドラァグクイーンとしても活動している。
目次[非表示]

概要

1972年10月26日生まれ。千葉県千葉市稲毛区出身。男性
身長183㎝、体重140㎏、スリーサイズは全て180㎝。

専門学校卒業後、美容関係の仕事を経てゲイ雑誌「Badi」の記者・編集者に転職する。その後退職し、一時は引きこもり状態となったが、記者時代の記事を読んだ中村うさぎから声をかけられテレビ番組にタレントとして出演するようになる。
非常に大きな体格女装毒舌(後述)という強烈なキャラクターで知られ、2000年代以降のエンタメ業界で人気を博す。

一人っ子。お笑いコンビシンデレラエキスプレス松井成行は従兄にあたる。

人物

中学生頃に同性愛者の自認を持ったという。
編集者時代から新宿2丁目を拠点に女装家として活動し、コラムニストとして執筆業を展開していた。その後、『しゃべり007』等のトークバラエティー番組によって「今話題の女装コラムニスト」として注目されるようになり、徐々にテレビ番組への露出を増やし、現在はタレント活動が主軸となっている。

歯に衣着せぬ発言と同時に、視聴者や一般層に寄った大衆的な感性を保守する「庶民派」でもある。これはマツコ自身「どこまで飾っても自分はただのデブのオカマが本性」という、初志貫徹にも似た諦観(捻くれ根性とも言う)を強く持っているためで、「驕る平家も久しからず」を肝に銘じて仕事と向き合っているという。
むしろ自分が民放各局で引っ張り蛸にされている現状を「異常事態」とすら論じる。

毒舌キャラとして有名ではあるが、2016年2月10日放送の『マツコ有吉の怒り新党』で共演者の有吉弘行共々、「自分達は毒舌を言っているつもりは無い」と発言している。

木村拓哉と同級生だった(木村は二年生になった時に都内の高校に転校。)当時はお互いあまり意識していなかったが、芸能界で再会し、以降は親交を深めている。
知名度が浸透するまでは大柄な体格から伊集院光の女装キャラと勘違いしていた視聴者も多く、声も似ている為か、伊集院の妻がマツコの声を伊集院だと勘違いしたエピソードも存在する。

自身のことを「ミーハー」としており、アイドルなどに関心が高い。
中森明菜の大ファンで、よく自身の出演する番組などで彼女に関する話題を取り上げている。
ハロー!プロジェクトも好きで、Berryz工房を好きなユニットに挙げているが、ラジオ番組で嗣永桃子と共演した際「ベリ(=Berryz工房)のファンって恥ずかしいからモー娘。のファンってことにしといて」と冗談っぽく発言している。
ジャニーズ所属アイドルについては共演の機会が多く、比較的好意的な反応を示している。

ご当地ネタについて話す時、何かと鉄道路線基準で語るため鉄道ファンと思われがち。
だが厳密には鉄道の車両に関心を示している様子はなく、路線周辺の再開発などに言及することが多いことから、単に鉄道路線図を目印に地域を判別している地理マニア、と言ったほうが正しいかもしれない。

基本的にセレブやセレブ気取りな街を嫌う傾向にあり、逆に下町を好む傾向にある。
特に、横浜市やその市民を嫌っており、横須賀総武快速線に乗っていた時に横浜市民から地元を侮辱されたことがきっかけで大の横浜嫌いである。
横浜のロケを全部(横浜中華街だけでも7回)断ったり、車移動の時にわざと横浜を通らない迂回ルートを運転手に依頼するほど。
自身の番組のインタビューでマウントを取る横浜市民を次々とぶった切っていった結果、全国区でマツコの横浜嫌いが知れ渡ってしまい、横浜市民がインタビューを避けるようになってしまった。
特に嫌っているのはみなとみらいを形成する中区・西区と青葉区。ただし、「(中区で)野毛は例外」「『新横浜』は平気なの!」「旭区は大丈夫」「瀬谷(区)はいいんです」などとも発言しており、市町村としての横浜全てを嫌っているわけではない。

その他に嫌いな場所は武蔵小杉中目黒、さらに「二子玉川が世界で一番嫌いかも」とも発言したこともある。嫌ってる場所との共通点としてどれも東急電鉄が通っており、東急の再開発の趣向に拒否反応を催すらしい。特に二子玉川と青葉区両方を通る東急田園都市線についてはボロクソに貶している。

その体格から、若い頃すっぴんにジャージで出歩いていると、(長髪であったこともあり)近隣の住民から相撲部屋の新入りに間違われたことがある。2017年9月27日放送の『かりそめ天国』では大銀杏を結い、実際に力士の扮装を披露した。
伊勢ヶ濱部屋の力士、宝富士大輔はマツコに似ているとよく言われており、師匠の伊勢ヶ濱親方(元横綱の旭富士)からも「似てる」とコメントされている。


逸話

  • TOKYOMXの5時に夢中!に2005年4月29日にゲスト出演ののち、同年7月7日からレギュラーとして出演するようになる。度々番組中で不満を述べているにも関わらず、2020年現在も出演している。
  • 2020年7月27日の放送でジブリの話題が出た際。好きなキャラクターに『ほたるの墓』の叔母を挙げており、彼女の言動を擁護するコメントをしていた。
  • 誕生花がボタンヅルという有毒植物である。
  • かりそめ天国』で『笑っていいとも!』にギリギリ出られたのが嬉しかったと語っており、他の長寿バラエティに自分が出られずに終わり有吉は出られていたことを本気で羨ましそうにしていた。
  • ゲームは普段は遊ばないが、『シーマン』を遊ぶためにドリームキャストを買った。「シーマンは生意気」とコメントしている。
  • 2020年4月2日放送の「徹子の部屋45年目突入SP」では木村拓哉と黒柳徹子で鼎談を行なっている。その際、ジャニー喜多川が存命の内に対面出来たことを嬉しかったと語っている。
  • 鳥取県には好意的であり、自分の出身県である千葉県や県の魅力度ランキングで振るわない茨城県を応援する姿勢を示しており、埼玉県は千葉県民にとってはジェラシーを感じると発言した事もあるが多々気に掛けている。ただし、松戸と柏に関しては「(他の千葉とはほとんど干渉しない)常磐線沿線のくせに態度がでかい」とあまり快く思っていない。
  • 月曜から夜更かし』ではよく名古屋市の夜の街について取り上げており、本人も名古屋を好きな都市に挙げている。
  • 豚や牛の肉を好まない事でも有名で『夜の巷を徘徊する』という番組で食べられる肉と食べられない肉があると発言しており、「肉らしい食感の野性が残ってる物が駄目だ」と発言している。なお、番組で食べたことのある肉物(ハンバーグや餃子など)は、ひき肉になっていて野菜などが入っているため食べられたと発言しており、別の回ではウィンナーやハムも好物と述べている。
    • 鶏肉は好きで、ケンタッキーフライドチキンのパーティーバーレルを一店舗で大量購入することが憚られたため、わざわざハシゴしたことがあるとたびたび発言している。
  • 肉だけでなくタコも好まないが『夜の巷を徘徊する』で若干克服した。
    • ちなみにこのメガサイズボディーは、ほとんど炭水化物で構成されているとの事。自他共に認める大の米飯党であり、『マツコの知らない世界』では、たびたびゲストの用意したおかずをアテに、ガツガツと白米を掻き込む姿を披露している。
  • こんな体形だが、体重と体脂肪率を除けば極めて健康体で、健康診断も毎年通って同じ結果を出せる程度には、健康を維持している。


主な出演番組

放送中


放送終了

  • 怒り新党(出演者・スタッフは『かりそめ天国』に移行)


関連タグ

タレント 女装 ドラァグクイーン

マツコがモデルと思われる、もしくは思わせるキャラ

増子寺楠男武装少女マキャヴェリズム
ミロク(真・女神転生ⅣFINAL
お登勢(幕末Rock
ヘイディ(OZMAFIA!!
小松デトックス(カミワザワンダ
エビフライ・バタフライ(アニメ魔王様、リトライ!

関連記事

親記事

タレント たれんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マツコ・デラックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 819251

コメント