ピクシブ百科事典

驕る平家は久しからず

おごるへいけはひさしからず

平安の後半部で勢力を付け・・・すぎた一族が滅びた際の言葉とされる
目次[非表示]

驕る概要久しからず

平安の世、その平安という言葉も崩れかけていた時伊勢にある一族が根付いた。のちの平家である。そもそも平家とは貴族と同じ立場となった平清盛とその一族を指すため
清盛以前は平氏(伊勢平氏)と言われていた。
ちなみに伊勢に来たのは清盛の祖父・因幡守正盛の時である。
かつて従兄弟の平将門を討った平貞盛の子孫の一つで盛の字も貞盛からと思われる。

当初は河内源氏に後れを取ったあげく同族が服従していった。
しかし、その服従を拒否し伊勢へといった一族とされる。
正盛は出雲で反乱を起こした源義親討伐(ただし、当初から討伐したか疑われていたという)
また、伊賀国の領地を国に返したことで北面の武士(武家のエリート)の栄誉を得る。
そのため、源氏と同じ軍事貴族の道を歩み始める。
子の忠盛は盗賊成敗などで活躍しさらに上へと行く。
清盛もライバルの源義朝源氏を倒して平氏独裁の世を築き上げた。
しかし、驕りに驕りまくり平時忠は「平家にあらずんば人にあらず」といったといい、
反平氏をさらに増幅させることとなった。
そして、清盛がなくなるとあっというまに風の前の塵のごとく崩れ去っていった・・・

ちなみに平家とは元々、時忠の家系である高棟流(公家平氏)を指す言葉であったという。

驕るものは平家のみならず、いずれも悲劇的な最期なり・・・

平家は驕るの驕りまくって平家物語の通りになったが日本、そして世界でも
慢心したものは悲劇的な末路が待っている。ほとんどが殺されているのだから・・・

日本
蘇我氏
恐らく日本史上で初めて慢心した一族ではないだろうか。
天皇家に取り入り勢力を伸ばすが最終的に入鹿は殺害、父の蝦夷は自害したという。
道鏡
奈良時代僧侶女帝によって勢力を伸ばし、天皇になろうとするが失脚した。
平将門
関東を独立させ、新皇を称したが藤原秀郷や平貞盛に討伐された。
藤原北家・・・藤原基経
摂政関白の独占、領地の自領化、道長の力により逆らえる者がいなかったが
だんだん天皇家との血が薄れると領地削減などで最終的に家が分かれた(九条、近衛、一条など)
足利義満
室町幕府3代目将軍。日本を統一したのもこの時で子の義嗣を天皇にしようと目論むも死去。
義嗣は兄で4代目将軍・義持に殺されてしまった。
また、前代未聞の大上天皇号を与えることに関しては義持が拒否している。
足利義教
室町幕府6代目将軍。恐怖政治による統一をしたがそれが仇となって殺されてしまった。
豊臣家
農民から貴族のトップに立った人物。朝鮮出兵の強行、秀吉の死去後の不穏な動き
秀頼が幼かったためのちに家康が台頭する隙を与え滅されてしまった。
大日本帝国軍
いきなり力をつけすぎたため過信し戦争へと歩んでしまった。

世界
カエサル
徐々にと傲慢になっていき最終的に殺されてしまった。
ナポレオン
こちらも徐々に傲慢さが目立ったため追放されてしまった。
マリー・アントワネット
国民をかえりみない態度によりギロチンで処刑されたという。
(あの言葉については実際に言ったかは疑問視されている)

・・・数えて書けばきりがないため省くが共通点は過信傲慢慢心である。
自分の許容範囲外に出たものは必ず滅ぶという事である。(追記お願いします)

また、当初は良かったのに徐々に危険度が増した例が多い。(カエサルやナポレオンなど)
人間、腹八分目がちょうどいいのである。食べすぎは良くないのだ。

最後に・・・

慢心をとがめるお言葉を持って締めとする(現実幻想問わず)

・相手が勝ち誇った時、そいつはすでに敗北している by(ジョセフ・ジョースター

・相手がすっかりいい気になったトコロでいっきに突き落とす by(クルル曹長

・帰ろう、帰ればまた来られるから by(木村昌福少将

・お前はもう・・・死んでいる by(ケンシロウ

・一歩悪い歩みをすれば3年の努力が無駄になる by(バヒド・ハリルホジッチ監督)

・強い言葉を使うな、弱く見えるぞ by(藍染惣右介

・慢心は人間の最大の敵だ。 by(シェイクスピア

・術者に伝えておけ!! 禁術をむやみに使うでないとな!! by(うちはマダラ

・ディオ!勝ったと思うな!お前は今ミスを犯している! by(ジョナサン・ジョースター

・図に乗るんじゃないぞ by(ビルス

そして・・・おごれるものは久しからず

追記お願いします・・・

関連項目


慢心 慢心、ダメ絶対 死亡フラグ 平家 傲慢 暴走

コメント