ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

平家物語(アニメ)

へいけものがたり

ここではアスミック・エースとサイエンスSARUによる「平家物語」のアニメ化プロジェクトについて述べる。
目次 [非表示]

800年の時を超える祈りの物語


概要

日本古典文学のひとつである平家物語をテレビアニメで表現しようとするプロジェクト。

京都アニメーション出身だった山田尚子にとっては、退社後で初の監督作品である。


2021年9月15日からフジテレビのネット配信部門であるフジテレビオンデマンドで(先行)配信されている(最終回11話の配信は11月25日から実施)他、2022年1月からフジテレビ系列の基幹局(ただし仙台放送テレビ静岡テレビ新広島を除く)とBSフジ+Ultra枠にて放送された。さらにはNetflixAmazonプライムビデオdアニメストアU-NEXTバンダイチャンネルなどでの配信も行われている。

そして「+Ultra」枠での放送終了後にはテレビ静岡、さくらんぼテレビ高知さんさんテレビ(全てフジテレビ系列局、なおテレビ静岡は基幹局)でも放送された。

全11話。


作風

本作は概ね、本家本筋の平家物語の筋をなぞった作品になっているが、その中でも特に平家側に話の主軸を置いている作品である。

大筋については原作である平家物語の方に詳細が記載されている為割愛するが、平家物語は平家が隆盛する前半と、義経の悲劇を描いた後半に分かれているが、特に後半の主人公である義経を主役に置くことの多い平家物語の作品群の中にあって、本作はあくまでも最初から最後まで平家の人々を主役として描くことに徹している。


その為、単に悪役や傲慢な人間として描かれることの多い平家の人間が、欠点も美点もあり、時に成長し、時に挫折する、多面的な側面を持った人間として描かれている。この点については源氏の人間や、曲者として描かれがちな後白河法皇についても同様で、最初は頼りなかったが、徐々に武家の棟梁として冷酷非情に成長を遂げる頼朝や、平家については敵視しながらも、重盛の血筋の者とは親交を厚くする後白河法皇など、これまで一面的に描かれがちであった登場人物の内面を重点的に描かれている点が特に特徴的と言える。


上述の理由から、本作は軍記物としての物語ではなく、人物描写や人物への感情移入に重きを置いた作品となっており、どのような時代背景や社会構造であっても変わらない人の心の機微や想いを描く事に力を入れている。この為、戦争についても直接的な戦闘、戦術の応酬などの詳細な描写は避け、あくまでも人間社会の悲劇としての一面に絞って描かれている。

ビジュアル面も写実的な描写やCGを取り入れた流行りの路線に乗らず、スタンダードなアニメ表現をベースに、独特な世界観を持った抒情的表現を用いている。


あらすじ

人の末路を見通す能力を持った主人公・びわ。彼女は平家によって父を殺され、天涯孤独の身の上となるも、そんな平家の横暴に一族の将来を案じ、びわ同様に人には見えぬ亡霊を視る眼を持った平重盛によりその能力を見出され、彼に庇護される事になる。

そしてびわは、時代の流れや他人の意図に翻弄される徳子や、重盛の息子たちである、維盛資盛清経などの平家一門の人々と暮らし始める事になる。

そんな彼らの半生を通じて、平家の辿った衰亡の道と、そんな平家の運命に巻き込まれた人々の悲劇が描かれていく。


スタッフ

原作古川日出男訳「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集09 平家物語」河出書房新社刊
監督山田尚子
脚本吉田玲子
キャラクター原案高野文子
キャラクターデザイン小島崇史
美術監督久保友孝(でほぎゃらりー)
動画監督今井翔太郎
色彩設計橋本賢
撮影監督出水田和人
編集廣瀬清志
音楽牛尾憲輔
音響監督木村絵理子
音響効果倉橋裕宗(Otonarium)
音楽制作ポニーキャニオン
歴史監修佐多芳彦
琵琶監修後藤幸浩
アニメーション制作サイエンスSARU
製作著作アスミック・エース / フジテレビジョン / bilibili / ポニーキャニオン / サイエンスSARU / 電通 / BSフジ

配役


音楽

オープニング主題歌「光るとき

羊文学。作詞・作曲は塩塚モエカ、編曲は羊文学、F.C.L.S.


エンディング「unified perspective」

agraph feat.ANI(スチャダラパー)。作詞はANI(スチャダラパー)、作曲・編曲はagraph。


各話一覧

話数サブタイトル
1平家にあらざれば人にあらず
2娑婆の栄華は夢のゆめ
3鹿ケ谷の陰謀
4無文の沙汰
5橋合戦
6都遷り
7清盛、死す
8都落ち
9平家流るる
10壇ノ浦
11諸行無常

関連動画



関連記事

平家物語 / 平安時代 / 源平合戦 / 未来視 / 霊視

2022年冬アニメ


  • 犬王…こちらも平家物語を原作としたサイエンスSARUのアニメ映画。同作で監督を担当した湯浅政明が本作の作品解説を行なっていた。
  • 鎌倉殿の13人…本作と同時期に放送開始された大河ドラマ。本作の平清盛の四男・平知盛を演じる木村昴は、同作にて後白河法皇の第三皇子・以仁王を演じている。
  • 幼女戦記…本作と同じく悠木碧早見沙織玄田哲章が出演したアニメ作品。しかも同時期に同じ曜日で再放送されていたりもした。

+Ultra

マブラヴオルタネイティヴ(第1期)(2021年秋)→本作(2023年冬)→エスタブライフ グレイトエスケープ(2022年春)


外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

平家物語 へいけものがたり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 735000

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました