2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1975年10月に開局した、広島県のテレビ局。大株主として、フジメディアホールディングス関西テレビ中国電力日本経済新聞社がある。

開局のいきさつ

本局開局までは、広島テレビがフジテレビ系列と日本テレビ系列のクロスネット局だったが、昭和40年代に入り広島テレビは、日本テレビ系列向けに全国ネットドラマを制作、視聴率の良かった日本テレビ系列番組を編成するなど、日本テレビ寄りになり、フジテレビは新局開局を決意。テレビ新広島開局とともに、広島テレビは日本テレビ系列に一本化された。

番組編成

株主に中国電力が控えているせいか、中国電力がスポンサーを務める番組を制作・放送(中国地方および香川県のフジテレビ系列局2局及びテレビ山口にもネット)しているが、出演者がムダに豪華だったりする。

  • クイズクロス5:初代司会が坂本九
  • エンジェルツアー(→エネルギアの旅)ハッピークイズ:司会は前田五郎、初代アシスタントが坂田利夫
  • ラピュタ伝説シリーズ:セイン・カミュがリポーターとして出演したことがある。
  • 人気もん!:メインリポーターが柳沢慎吾
  • そーだったのかンパニー:司会が八嶋智人

中国電力提供番組放送のため、日曜朝9時半台のアニメはスポンサードネット・遅れネットで日曜朝8時半に放送している。
中国電力絡みの番組としては、ほかに1995年4月から2006年3月まで放送されたミニドラマ「親子笑劇場電太郎一家」や有名人お元気の源は何か?を語ってもらうミニドキュメンタリー番組「ENERGY CHARGE」が存在していた。もちろんいずれも中国地方および香川県のフジテレビ系列局2局及びテレビ山口でも放送されている。

1977年10月から放送されている釣り番組「釣りごろつられごろ」は、中国地方(および香川県)エリアばかりでなく、それ以外のフジテレビ系列局13局に加えてTBS系列であるテレビ山口(ただしかつてはクロスネットのサブながらフジテレビ系列局ではあった)および青森テレビでも放送されている。
また、2019年2月からはバイきんぐの西村瑞樹がパーソナリティを務める、キャンプを題材としたバラエティ番組「西村キャンプ場」が放送されている。元々は不定期番組だったが、2019年10月に定期番組に昇格した。該当番組はフジテレビ系列局の一部でも放送されているほか、フジテレビ及びテレビ山口や青森テレビでも放送されたことがある。

なお、自社制作番組としては他に外国人訪問バラエティの「行きたがリーノ」や、女子大生に広島東洋カープの情報を伝えるミニ番組「カープっ娘TV」などが存在した。

先述の通り日本経済新聞社が大株主のひとつに名を連ねているが、ライバルのひとつ・広島ホームテレビ(HOME)もまた日本経済新聞社が出資している。そのせいか、HOMEと番組のやりとりがたまにあったりする。例えば、「ケロロ軍曹」や「大竹まことのただいま!PCランド」がHOMEから移籍してきたり、逆に元々ここで放送されていた「イナズマイレブン」シリーズの最新作「アレスの天秤」がHOMEに移籍したりしている。また、tssがネット局として発表されたものの諸事情により放送を見送った「らんぽう」の新規ネットや、途中で打ち切ったキャプテン翼J」の再放送を、HOMEが引き受けたことがある。

1990年代半ばあたりは放送開始直後、平日朝5時半前の早朝枠として、「サイレントメビウス」や「セイバーマリオネットJtoX」を放送していたこともあるが、現在はその早朝枠自体が存在しない。
ノイタミナが2011年10月に地方局向けのネットを事実上再開した際、ネット受けに参加し、2021年1月時点でも継続しているが、2007年から2009年9月の間にも断続的に放送している。
UHFアニメも「日常」、「たまゆら~hitotose~」、「狂乱家族日記」、「瓶詰妖精」、「ミッドナイトホラースクール」を放送したことがあるが、「たまゆら~hitotose~」の続編である「たまゆら~もあぐれっしぶ~」はNHK広島放送局で放送された。製作委員会と何かあったのだろうか?また、「ミッドナイトホラースクール」は、神奈川県東京都兵庫県こそ独立局で放送されたためUHFアニメになっているが、実際にはフジテレビ、東海テレビ関西テレビ以外のフジテレビ系列局25局でも放送された。

マスコットキャラクター

開局40年となる2015年、マスコットキャラクターとして「ヒロシマイケル」が登場した。本社のある広島市南区在住の40代で、国籍は不明だがヨーロッパあたりと思われる。目はローマ数字の8(Ⅷ)。
ほかにも平日朝の情報番組「ひろしま満点ママ!!」のマスコット・レレモンも存在している。
また、2000年から2014年まで、テレビの未来を守るために未来からやってきた設定のヒーロー「テレビ新ヒーロー ティエスエス」がマスコットキャラクターを務めた。

外部リンク

関連記事

親記事

首都圏以外のテレビ局及び首都圏のローカル(UHF)局一覧 しゅとけんいがいのてれびきょくおよびしゅとけんのろーかるゆーえいちえふきょくいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました