ピクシブ百科事典

アレスの天秤

あれすのてんびん

アレスの天秤とは、ゲーム・アニメ『イナズマイレブン』シリーズの第7弾作品にして最新作作品『イナズマイレブン アレスの天秤』のサブタイトル部分、及び本作のキーワード。

イナズマイレブンアレスの天秤

作中における「アレスの天秤」

電機メーカー「月光エレクトロニクス」が開発した新世代教育プログラム。
幼少期から遺伝子レベルを分析することで、スーパーコンピュータ「AR2000」による最適なプログラムを提案してから英才教育を受ける。この教育を修了した者はどんなことも完璧にこなす人間になれると言われている。PV内では「人の運命を変える」「世界を変える力がある」と言われていた。
月光エレクトロニクスは注目を集めている少年サッカーで大々的に宣伝するため、王帝月ノ宮中のスポンサーとなった(或いはスポンサー側が学校を創設したか)。

その宣伝が行われる数年前、宮野茜という少女がこのプログラムに参加した数ヶ月後に感情を失ってしまい、彼女の幼馴染である灰崎凌兵は根深く恨んでおり、「アレスの天秤」の否定を証明するためにサッカーを始めたキッカケとなっている。
しかし彼女は完全に心を失ったわけでは無く、相手もプログラムを受けた者だと意思疎通が出来る。
このプログラムを受けた者のほとんどが家庭の事情、教育支援施設「英才子供センター」へ預けられた身寄りの無い子供で占められている。
野坂悠馬は「高レベルの能力によって余裕を持った生活を送り、家庭にも時間が与えられる」と考えており、自分の様な境遇に置かれた子供たちを救うためにサッカーで使命を全うしている。

別名「アレス更生プログラム」と呼ばれており、実験対象に志願した受刑中の影山零治は刑期が短くなり(およそ1年弱)、帝国学園監督として復帰を果たした。影山の発言から政府も関わっている模様。

一方で「試合を予想通りにしている」「全てを見通す」とのことから教育プログラムとは異なる目的で使われていることが示唆されているが・・・。

pixivに投稿された作品 pixivで「アレスの天秤」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 892159

コメント