ピクシブ百科事典

イナズマイレブンオリオンの刻印

いなずまいれぶんおりおんのこくいん

『イナズマイレブン オリオンの刻印』とは、アニメ「イナズマイレブン」シリーズの第8弾作品。
目次[非表示]

概要

『イナズマイレブン オリオンの刻印』とは、ゲーム会社レベルファイブ原作によるテレビアニメシリーズ『イナズマイレブン』の最新作。
同シリーズでは『イナズマイレブン』旧シリーズ3部作、『イナズマイレブンGO』シリーズ3部作、『イナズマイレブンアレスの天秤』に続く第8作目の作品となる。
現時点での媒体はテレビアニメと小説、アーケードゲームのみ。

2018年8月26日、『イナズマイレブンフェス2018+日本代表発表会』にて主な情報が公開された。

『アレスの天秤』の続編であり、歴代のメンバーから選び抜かれた「イナズマジャパン」が結成。少年サッカー日本代表として、世界大会「フットボールフロンティア・インターナショナル」で世界のチームに挑戦することになる。
日野社長のインタビューによると「宇宙に行ったりはしない」、「日本代表が戦う相手はすべて新キャラクターになる」と明らかにしていた。

テレビアニメは2018年10月5日から2019年9月27日まで放送。全49話。制作アニメスタジオはOLM。引き続きテレビ東京系列にて毎週金曜17時55分~18時25分放送。BSテレビ東京は1週間遅れの木曜17時~17時30分に放送。ただしテレビ東京系列局外では、奈良テレビがネット局から外れてしまった(テレビ和歌山などでは引き続き放送)。
その後、熊本放送は2019年3月31日放送の21話、仙台放送は4月14日放送の23話、テレビ静岡は4月14日放送の22話を最後に放送終了となった。

2019年11月7日からYoutubeのテレビ東京公式チャンネルで期間限定配信を行い、1話~25話が12月8日まで公開された。

2018年12月25日に限定公開された公式見解の動画内で日野社長がゲーム「アレスの天秤」に本作の要素とDLCとして追加すると発言していたが、2020年4月の開発ブログで改題された「英雄たちのグレートロード」のストーリーを完全に新しく作り変えると説明したため、ゲーム作品としては事実上消滅してしまった。

あらすじ

世界に羽ばたけ!最強イレブン始動! 

ついに“世界への門”が開く!

少年サッカー日本代表イナズマジャパンがついに発表! その中には、稲森明日人灰崎凌兵野坂悠馬の名前もあった。各校から選び抜かれた精鋭選手が集結する。さらに、海外のクラブチームでプレイしていた新たな仲間一星充を加え、今まさに少年サッカー日本代表は、世界の荒波へと船出する。

しかし、その先は予想をはるかに超える試練が待っていた。 謎のプレイヤーオリオンの使徒、策略、裏切り、衝突---。

様々な思惑が渦巻く少年サッカー世界大会FFI(フットボールフロンティア・インターナショナル)が今、始まる。

日本よ! 世界へ羽ばたけ!

登場人物

日本代表「イナズマジャパン




監督・コーチ
マネージャー・その他

FFIアジア予選のチーム

韓国代表「レッドバイソン

監督

オーストラリア代表「シャイニングサタンズ
監督・コーチ
  • ディアボ・ロス CV:山岸治雄
  • シモン・アザゼル CV:疋田高志

ウズベキスタン代表「エターナルダンサーズ
監督・コーチ

サウジアラビア代表「アラブの火の鳥軍団
監督・コーチ

中国代表「足球雑技団
監督・コーチ
マネージャー

FFI本戦のチーム

スペイン代表「無敵のジャイアント

監督
ガイド

アメリカ代表スターユニコーン
監督

新アメリカ代表「ネイビー・インベーダー
監督

ロシア代表「パーフェクトスパーク
監督
  • リヴィン・ドリスコ
候補選手

フランス代表
  • ナタン キャプテン CV:布施川一寛
  • パスカル CV:武田太一

ブラジル代表「オーレ・デ・サンバ
監督
  • レオネイラ・カミオン

イタリア代表「ガーディアンズオブクイーン
監督

オリオン財団


シャドウ・オブ・オリオン

監督・コーチ

その他


視聴者によるオリジナルキャラクター
イナズマウォーカー内で行われた企画『第2回「イナズマイレブン オリオンの刻印」キャラクターコンテスト』で、視聴者が応募した多くのキャラクターの中から、選考を経て最優秀賞として2人が選ばれた。2人はガーディアンズオブクイーンの控えメンバーとしてアニメに登場。


関連動画

【TVアニメパイロットフィルム『イナズマイレブン オリオンの刻印』】
(株式会社レベルファイブ公式チャンネル「LEVEL5ch」より)


評価について

新旧シリーズのキャラが総登場する新作ということもあって、かつてのイナズマイレブンのような王道・熱血要素を期待する旧作からのファンも多かった。
しかし本作は「不正・陰謀との戦い」をテーマに、人狼ゲームを要素の一つに取り込んだパニック&サスペンス路線にしたことで、(他のシリーズにもよくあることだが)スポーツマンシップに反したかの様な荒れた試合が多く、殆どの敵キャラがアイテムなどで反則プレーに頼ったり、主人公側も手段を選ばない戦術を時折行うなどの展開も見られたりと、今までと方向性の異なる作風が賛否を呼んだ。
特に展開のサプライズを優先したことによる説明不足が目立っている(アニメ雑誌のQ&Aでは幾分フォローは入れられている)。

各シリーズでも言えることだがキャラの多さに対してとにかく尺が足りず、主人公の稲森明日人すら中盤まで目立った活躍がないという扱いの差、個別ごとの特訓やエピソードも少ない。
ブレイク組旧主人公も脚本と演出が原因で所々旧シリーズと噛み合わない言動に違和感の声が出たり、後者の2人も新キャラクターの活躍を増やすため、出番を減らす言い訳づくりが見え見えだったことで不評を買ってしまっている。
ましてや日本代表に選ばれたが、試合で新必殺技や(良い意味で)目立った活躍すら与えられなかったキャラまで出る始末である。本作の女子マネージャーのエピソードも各シリーズと比べても皆無に等しい。

また海外チームが使う必殺技(特にドリブル技やブロック技)も旧作の世界編と比べて少なく、一部の必殺技が旧作と比べて国柄らしくない、ネタに偏っていると残念がる声も。

それでも超次元サッカー要素は健在で、新必殺技の派手さやいい意味でのバカバカしさ、新キャラクターに関するエピソードや要所での燃えどころは旧シリーズにも劣らず、新たなファンも生まれた。
終盤は二転三転の展開を間髪入れずに詰め込んではいるものの、一気に盛り上げた上で大まかな伏線は回収して完結したため、単体の物語としての完成度は決して低くない。

とは言え当初3部作の予定が2部作目の本作で打ち切りを迎えたことや否定的な意見が多く見られるのは、上述の内容の他に肝心のゲームがアニメ放送内に発売できていないこと、2016年のイナズマイレブン復活にファンからの期待(ハードル)が高すぎた故に、一変した内容が受け入れられなかったという事情が大きい(一方で中には旧シリーズとは違い、日野社長が総監督/シリーズ構成を担当することで過去に賛否両論の評価となった作品があったため不安視するファンもいた)。
アレスの天秤 公式ワールドガイドでの日野社長のインタビューでも「復活作品としてすごくふさわしい内容になっている」「一番面白いと言える自信がある」と発言したことに対し、2度の放送延期の末に復活作第1弾であるアレスの天秤をわざわざ2クールにしてオリオンの刻印へ前倒しする必要性はあったのかという疑問視する声も少なくない。何より作中のちぐはぐな展開や説明不足、尺稼ぎは急な前倒しにより脚本やシリーズ構成が充分まとまらず、その場任せの行き当たりばったりになったと疑う見方も出ている。
またタカラトミーとの玩具展開(イレブンバンド、イレブンライセンス、イレブンプレカ)も事実上打ち切られたことで、未収録チームのキャラクターのプロフィールや出生日が公表されず、メイン以外のキャラクターの誕生日を祝いたいのにそれが出来ないと嘆く声も出ている。
他にも本作のキャラクターコンテストで採用されたキャラクターの全身図やプロフィールも公開されていないというアレスの時と比べ不憫な扱いを受けてしまっている。
こんな有様か充分な設定資料も公開されていないため、ピクシブ上においても旧作の海外チームと比べてキャラクターや集合絵のファンアートが少ない

日野社長はアニメディア2018年12月号のインタビューでスターユニコーン以外の世界のチームを一新したのを「そうしないと新しい気持ちで観られず、過去のリバイバルになってしまうと思ったのです」と語っており、作風の変化や意表を突いた展開はある程度狙ったものであったと思われる(妖怪ウォッチシャドウサイドの様にマンネリ化回避とも考えられるのだが、一星兄弟が脅威の侵略者編の吹雪兄弟オマージュ、目的は違えどオリオンの使徒がGOフィフスセクターのシード同様に試合の勝敗結果を調整させる存在など過去作と似たような展開をやっており、もう一つのテーマとも言える「貧困」の話を中国新アメリカロシアの選手ブラジルで4回も繰り返している)。
アニメージュ2019年11月号ではゲームの発売が遅れ、共に盛り上がることが出来なかったことを詫びつつ、「これまでの作品とは違ったテーマを作れたという手応えは感じており、次回作を作るにあたり良い経験になった」と語っている。

その他の難点としてテレビ放映時の作画崩壊作画ミスも度々発生しているが、こちらは円盤化に伴い一部修正されており、あにてれなどの一部の配信サービスのほとんどが修正済みのものに差し替えられている。

アニメージュ2019年10月号のQ&Aではアニメ終了後もネット配信といった他媒体でプロジェクトを継続していくと表明していたが、ゲームのさらなる延期(サブタイトルの変更、開発体制とゲームシステムの見直し)、エンディングテーマを担当していたalomが年内を以って解散、アニメ版「アレスの天秤」放送時に予告されていたネットムービー「ロッカールーム」が配信されずじまいだった点から、本当にシリーズが続いていくのか不安視する声も多かった。
2020年はグッズ販売とイナズマイレブンSDの配信のみで、5月公演予定だった舞台版「アレスの天秤」はCOVID-19の影響により中止、アーケードゲームは7月を以って稼働終了してしまった。
なおSDについては配信開始直後の期間限定イベントに本作の一部キャラが実装されたため、今後の動向次第では本作のストーリーとキャラ追加の可能性もありえた(スケジュールによると11~12月頃にオリオン編の実装が予定されていた)。しかしそのSDも「運営側の今後のサービスの提供が困難である」という理由で1周年を迎えることなく12月1日0時を以てサービス終了を発表。

上述の通り、ゲーム「英雄たちのグレートロード」についてはストーリーを新しく作り直すため、現時点で本作から登場した(SD未登場・未収録の)キャラクターのプロフィール、必殺技の設定を知ることは出来なくなってしまい、旧作含むアレスとオリオンの全キャラクターの詳細や誕生日、アニメでは描かれなかった分を補完したストーリーを望んでいたファンにとって落胆し、批判の声が噴出した。
またストーリーを別物に変えたこと、2020年9月21日の日野社長のツイートで『「英雄たちのグレートロード」のヒットに繋ぐための仕掛けとお膳立てが必要』とアレスとオリオンはお膳立てにはならなかったとも受け取れる発言をし、本シリーズの「失敗」を認めているのではないかという声も出ている。
しかし、2021年4月2日に配信された開発進捗動画のゲームのサンプル動画で、一星光、オリオン編の小僧丸、クラリオとフロイが登場していることから、開発の状況次第ではあるがオリオンの刻印のキャラクターも収録されるという僅かに希望が見えるものとなった。

関連項目

表記ゆれ:オリオンの刻印
イナズマイレブン レベルファイブ
イナズマイレブンアレスの天秤
イナズマイレブンGOクロノ・ストーンイナズマイレブンGOギャラクシー…アニメ版では一部のBGMがこの2作品から出典されている。

キン肉マンⅡ世究極の超人タッグ編…同じく人気作品の続編かつ新旧キャラが混在するパラレルワールドのストーリー。一定の支持は受けつつも本作の悪役がチートアイテムに頼る、旧作における一部の人気キャラクターの迷走ぶりにファンを失望させる、終わり方も一話分で慌ただしくまとめるなど、本作品との評価で共通する部分がある。

関連記事

親記事

イナズマイレブンアレスの天秤 いなずまいれぶんあれすのてんびん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イナズマイレブンオリオンの刻印」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3763354

コメント