ピクシブ百科事典

クラリオ・オーヴァン

くらりおおーゔぁん

『イナズマイレブン Reloaded』及び『イナズマイレブン オリオンの刻印』の登場キャラクター。
目次[非表示]

CV:安元洋貴

プロフィール

「カタルーニャの巨神」。

概要

イナズマイレブン2期パラレルワールド「アレスの天秤」に繋がるストーリー「イナズマイレブンReloaded」より登場したスペイン少年リーグの優勝チーム「バルセロナ・オーブ」のキャプテン。ポジションはMF、背番号10。
出生日は9月11日(イレブンライセンスカードより)。

雷門中との親善試合で一之瀬土門風丸ザ・フェニックスをインターセプト、通常のシュートで大量得点を決めるなど高い身体能力を持つ。円堂マジン・ザ・ハンドもボールを回転させることで竜巻をコーティングし、キャッチしたタイミングで軌道を変えて破った。試合終盤、諦めずに戦い抜く雷門イレブンに、世界の実力を見せつける形で必殺シュート技「ダイヤモンドレイ」を決める。

1年後のアレスの天秤の続編「イナズマイレブンオリオンの刻印」ではFFIスペイン代表「無敵のジャイアント」のキャプテンとして登場。チームメイトのベルガモと共に再来日し、日本代表ベースキャンプの河口湖スポーツセンターでイナズマジャパンと手合わせる(ユニフォームはバルセロナ・オーブのものを使用)。18人相手でも余裕を見せ、GK3人ハンデでもダイヤモンドレイの威力は変わらず、円堂の新必殺技「風神雷神」をも破った。
しかし、前日の夜に偶然見かけた豪炎寺の新必殺技「ラストリゾート」の練習風景から日本のレベルが迫りつつあると感じ、滞在予定を短縮して迎え撃つ特訓に励むと語り、キャンプから去った。
アジア予選後、世界サッカー協会主催の壮行会にチームメイトと共に出席しイナズマジャパンと再会。彼含むスペイン代表もオリオン財団の計画に抵抗の姿勢を示しており、本戦でイナズマジャパンとの対戦には真剣勝負で挑むと伝えた。

本戦第1試合ではダイヤモンドレイで先制点を決め、円堂の新必殺技「ダイヤモンドハンド」もカーブ型「曲がるダイヤモンドレイ」に変えたことでいとも簡単に破ったが、円堂が西蔭の「キャスティングアーム」をヒントにした「ダイヤモンドアーム」で止められ、直後の新技「ダイヤモンドエッジ」も円堂の「ダイヤモンドパンチ」で弾かれてしまう。
そして明日人のドリブルの強さを活かした個人技で自分たちの得意とするフィジカルを破ったことに関心し、サッカーへの楽しさを改めて知り日本のサッカーが成長したと評価した。

特徴

大柄のマッチョ体型で、丸い輪郭とソフトモヒカンの茶髪が特徴。目の周りの彫りが深いためか黒く見える。一人称は「私」。

格下の相手でも尊重する偉丈夫な人物で、円堂の秘めた底力、短時間の中で雷門イレブンに進化の兆しが表れているのを見抜いたりと、洞察力にも長けている。
親善試合後は日本のサッカーに好意を抱き、イナズマジャパンとの手合わせでもレベルが少し上っていることに感心している素振りを見せた。

試合でチームメイトが怪我を治すためにオリオンの使徒となっていた際には、試合にいち早く復帰したかった彼の想いを理解しつつ、ケジメを付けるためにダイヤモンドレイで制裁し退場させ、すぐさまイナズマジャパンに謝罪する誠実さを見せた。

吹雪士郎が足の負傷と引き換えにアツヤとの必殺シュート技「氷結のグングニル」で1点を決められた際に捨て身の作戦には好意的でないと考えている。

見た目からしての大食漢であり、壮行会でのパーティーでは円堂がよそってきたビュッフェを一瞬でペロリと平らげ、開催地カザニでの夕食では円堂(とついでに巻き込まれた西蔭)と大食い対決を繰り広げた。

必殺技

ダイヤモンドレイ(シュート技) ※ストレートとカーブ(曲がるダイヤモンドレイ)の2種類が存在する。
ダイヤモンドエッジ(シュート技)
ザ・シェルター(ブロック技)(パートナーはドメルゴ、フィアノ)

関連タグ

イナズマイレブンReloaded イナズマイレブンオリオンの刻印
バルセロナ・オーブ 無敵のジャイアント

関連記事

親記事

バルセロナ・オーブ ばるせろなおーぶ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クラリオ・オーヴァン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10082

コメント