ピクシブ百科事典

やぶのてんや

やぶのてんや

日本の漫画家。東京都出身。
目次[非表示]

概要

1990年下期、「情熱のクリッパー」で第40回手塚賞手塚賞準入選を受賞。漫画家デビューを果たす。
愛称は「やぶてん」。初期の頃は「藪野てんや」名義で活動していた。

基本的に原作付き・コミカライズを中心に活動。
しばしば敵を分かりやすい悪役や嫌味なキャラに持っていく点に関して賛否の分かれることがあるが、それ以上に独自の熱い展開へと持っていく点が高く評価されている。

主にジャンプ系列の雑誌で連載をしていたが、現在はそこから離れてコロコロコミックで活動中。
ただし、作者ツイッターでのやり取りから完全に集英社と切れたわけではないことが覗える。

作画に関しては少年~男児向けな絵柄に反して頭身は割と高めというなかなかのギャップ持ちであり、直立シーンでキャラクターたちが予想外の長身であることに驚かされたという人も。
コロコロ系列へ移行してからもその特色は健在であり、同系統の絵柄をした他作と比べるとよく分かる。

ポケットモンスターサン・ムーン』の発売を記念とした漫画で月間コロコロコミック10月号にて「ポケットモンスターHORIZON」を連載された。

DIGIMON-FIX
燃えたー!



連載作品

ウルトラ★イレブン

週刊少年ジャンプ掲載。全1巻。
初連載作品であり、渡辺達也原作のオリジナルサッカー漫画。
1巻かけた1試合で連載終了だが、打ち切りではなく最初から短期集中連載だったらしい。

デジモンアドベンチャーVテイマー01

Vジャンプ掲載。全9巻。
デジモンアドベンチャー」アニメ放映に先駆けて連載が開始された作品。
主人公が八神太一であることは共通だが、彼を取り巻く人間やデジモンは大きく異なる。
元々はアニメと相互性を持たせる予定だったが、紆余曲折の末パラレルワールドという形に落ち着いた。
アニメとはまた違ったベクトルで評価の高い作品であり、今なおファンは多い。

バトローラーX

Vジャンプ掲載。全3巻。
GBAソフト「球闘士バトローラーエックス」を元とした作品。
登場人物勢も大きく異なり、位置づけとしてはゲーム版の前身として扱われている。
ゲーム版のキャラクターデザインも担当した。

イナズマイレブン

月刊コロコロコミック掲載。全10巻+外伝集1巻。
NDSソフト「イナズマイレブン」のコミカライズ作品。
コロコロ系列へ移行してからの初の連載であり、かつてはコロコロにおける看板級作品のひとつだった。連載終了後は看板級作品を妖怪ウォッチを譲り、コロコロアニキにて、イナズマイレブンReloadedを掲載を経て、サンデーえぶりでぃにてイナズマイレブンアレスの天秤を連載中(主人公は灰崎)。
レベルファイブの方針により大筋はゲームと同じ物話となっているが、その中で行われる作者の持ち味を存分に生かしたストーリーアレンジで読者からの評価は高い。ついでに頭身も思いのほか高ry
第34回講談社漫画賞、第57回小学館漫画賞受賞作品。W受賞作品はこれで4作目となる。

イナズマイレブンGO

月刊コロコロコミック掲載。既刊1巻。
3DSソフト「イナズマイレブンGO」のコミカライズであり、前作終了後間を置くことなく連載開始された。
前作にてマイペース進行を続けてきた煽りを受け、メディア間での足並みを揃えるために超速展開が繰り広げられている。

ポケットモンスターHORIZON

月刊コロコロコミック掲載。
3DSソフト「ポケットモンスター サン・ムーン」のコミカライズである。


関連タグ

漫画家 少年ジャンプ コロコロコミック ポケモン

pixivに投稿された作品 pixivで「やぶのてんや」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10574

コメント