ピクシブ百科事典

マジン・ザ・ハンド

まじんざはんど

『イナズマイレブン』の必殺技。
目次[非表示]

概要

「マジン・ザ・ハンド」とはイナズマイレブンの主人公、円堂守の必殺技である。

アニメ

アニメ第26話で初登場。世宇子中のキャプテン、アフロディゴッドノウズを止めた。
それまでは養成マシーンなどを使うも円堂大介の特訓ノートに書かれている意味がわからずに苦戦していた。
しかし世宇子戦にて大介の形見のグローブを見て、大介は左手でマジン・ザ・ハンドを出していたことに気付いた。そして心臓に気を貯めてるため左手で出しているのであれば右手で出すにはと、右手を心臓に当てて気を貯め、発動することに成功した。

だがその日にエイリア学園ジェミニストームとの試合になり、発動することもできずに破られた。
そして奈良での試合ではレーゼアストロブレイクをマジン・ザ・ハンドで止めようとするも破られてしまう。ちなみにこのアストロブレイクはイナズマイレブンでは珍しいゴールネットを破った技である。
その後北海道でのジェミニストームとの戦いでは土壇場でレーゼとディアムの合体技、ユニバースブラストを止めることに成功した。
42話のイプシロン戦ではモーションが変更され、右手を上げ、体の回りを回る気が右手にいき、そのまま手を上げるというモーションに変更された。
46話では立向居もマジン・ザ・ハンドを習得した。立向居のマジン・ザ・ハンドはゴッドハンドの色と同じく青色である。(ゲーム版とは少々色が異なり、青い髪の毛をした青緑色のマジンが現れる。)

GOでは西園信助化身護星神タイタニアスの必殺技として新雲学園戦にて登場。太陽サンシャインフォースを止めた。

アレスの天秤では前日譚である「リローデッド」にて登場。
モーションが全く違うだけでなく、マジンのビジュアルも完全に別物になっている。
しかしバルセロナ・オーブクラリオのノーマルシュートによって破れてしまう。

ゲーム

アニメでは世宇子戦にて習得するマジン・ザ・ハンドだが、ゲームでは全国大会一回戦、戦国伊賀島中との試合前、雷門OBと練習で発動。雷門OBの炎の風見鶏を見事に止めた。
ゲーム版ではこの後の木戸川清修中との試合でマジン・ザ・ハンドよりも強いトリプルディフェンスを覚える。
立向居がマジン・ザ・ハンドを覚えるのは脅威の侵略者編のラスボス、ザ・ジェネシス戦。グラン流星ブレードを止めた。
GOでも同じく西園信助が習得。

ちなみにアニメとゲームではマジンを出すモーションが違うため、化身を除いても全部で4つほどモーションがあることになる。

発動者


関連タグ

イナズマイレブン イナズマイレブンGO イナズマイレブンアレスの天秤
ゴッドハンド 正義の鉄拳
イナズマイレブンシリーズの必殺技一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「マジン・ザ・ハンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 322

コメント